CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 読売新聞連載記事「独りじゃない」 | Main | 歩車分離式信号機の危険 »
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
カジノ法案は認められない [2016年12月12日(Mon)]
ギャンブル依存の夫を持つ妻たちによく会う

子どもの入院費用に置いていた金を持ち出した

幼児の子どもが貯金をしていた金を持ち出した

返してほしいと求めると

首を絞める

タオルを水に濡らしてムチとして叩く

ギャンブル依存症のグループに相談すると

あなたが我慢をして夫を立てると夫は変わると言われ

何年間もそのようにしたがダメだったと話す

ギャンブル依存症は生涯にわたる生き方の病気だ

だからその病気が一時的に良くなっても

また違った形で依存症の病気は再発をする

ギャンブル依存症本人のカウンセリングも1年間ほど行った

生き方を変えて今は落ち着いているが

何かのはずみで戻ることを本人も気づき

その時は、いつでも連絡を受けることにしている

ギャンブル依存症の支援体制が十分に整わない状態での

カジノ法案は認められない

競輪の発祥地で、競馬、ボートというギャンブルの街 北九州

市の財源はギャンブルで潤っている

それを名誉とする人もいる

その裏で暴力団が暗躍し

ギャンブル依存症という病気で苦しむ本人と家族

支援者の一人としては納得できないでいる
Posted by NPО法人FОSC at 12:19 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/archive/392
コメントする
コメント
プロフィール

FOSCさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index2_0.xml