CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 当事者グループサポーターとして | Main | カジノ法案は認められない »
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
読売新聞連載記事「独りじゃない」[2016年12月05日(Mon)]
読売新聞福岡版の社会面に12月1日から3日間

「独りじゃない」(上・中・下)というタイトルで

虐待に関する特集記事が掲載された

性被害体験を持つ人を紹介して欲しい

との連絡を記者から受けたのは10月だっただろうか

性被害体験を持つ人は多く知っているが

記者が求める内容に合致して、記者の前でも話ができる人

そういう人の人選は難しい

かつて本人が大丈夫と話し、こちらも大丈夫と判断をして

テレビ記者に紹介をし、カメラの前で話していたが

途中混乱をして、テープがお蔵入りとなったケースもある

またオンエアされてから、知人から特定されたという方もいた

新聞ならば大丈夫ではないかと思うが

活字はいつまでも残るという不安がある

社会への啓発のためにマスコミには協力するが

取材を受けた後の本人のフォーローはこちらの仕事になる

記事は虐待と非行の重なりを書いたもので

安心して子ども時代を過ごすことができなかった子どもたち

彼らが抱える問題をクローがアップしてくれた

11月は児童虐待防止推進月間だった

全ての子どもが幸せになってほしいと願っている
Posted by NPО法人FОSC at 11:07 | 性被害 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/archive/391
コメントする
コメント
プロフィール

FOSCさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index2_0.xml