CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 貧困と糖尿病の因果関係 | Main | 「ある意味詐欺」とメールされた、法人運営メール相談 »
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
妊娠をするかもしれない行為が好きな女子に[2015年11月09日(Mon)]
保健室の先生と話していて

最近はダイエットをする女子が多く

やせ願望から摂食障害(過食や拒食の食物依存病気)になり

生理不順な女子が多くなったと聞いた

「10代〜20代のための女性の心と体を守る情報なび」のサイト

を運営をしていてわかったことは、

生理日がわからなかったり生理不順な子がいる、ということだ

そうなると若い世代は妊娠をするかもしれない行為は好きなので

避妊をしないまま妊娠をすることがある

でも生理不順だから妊娠をしていてもわからない

妊娠に気づいた時は22週の中絶時期を過ぎていて

産むしかなくなる

育てられない場合は特別養子縁組をするしかないが

時には親族が育てる場合もある

本人が育てる場合には、知識がなく虐待が起こる場合もある

できちゃった婚をしても、DVで離婚する場合ももある

避妊法を伝えたくとも、生理不順の問題を抱える今どき女子

性交渉日を一日でも遅く

そういったことが使命の保健室の先生もいる

恋人もネットで知り合った人で、出会った当日に性交渉を

と話す女子が中学生の場合だってある

ネット社会の今、性について関心を持っていない子はいない

でもね、彼女たちは自分を大切にする方法は知らないよ

妊娠をするかもしれない行為が好きな女子に

どうしたら安全の知識と身の守り方を伝えられるかな

助産学科で教える私は保健室の先生と一緒に悩んでいる
Posted by NPО法人FОSC at 11:29 | からだ | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/archive/349
コメントする
コメント
プロフィール

FOSCさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index2_0.xml