CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 日本初ユネスコ世界記憶遺産山本作兵衛コレクション | Main | ケースカンファレンス »
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
避妊の方法[2014年09月11日(Thu)]
「10代〜20代のための 女性の心と体を守る情報なび」

のサイトでメール相談を受けていると

時々コンドームが破れたので、どうしょうかという相談がある

以前から言っているように、

コンドームは破損や着脱の問題があり

避妊には不向きだと、サイトでも書いている

経口避妊薬は飲める人、飲めない人がいる

まだ生理が安定していない若い世代は荻野式なんて無理

それを考えると、私は中学校や高校へ講師で行く時

家族を本当に待ってもよい時までHはするなと伝える

正確な避妊ができない状態では、妊娠することだってある

妊娠してどうしていいかわからずに迷っている間に

胎児はどんどん成長する

そういった相談を受けるたびに、

もっと早い時期に決断していれば・・・と思ってしまう

仮に早い時期の中絶であっても、体への負担は大きい

ならば産むのか・・・・となるが

これもまた子どもが子どもを産む状態で育てられない

せめてやることをやるのならば避妊は確実にと思う

でもそれが無理ならば、

そういった行為をしないつきあい方を、思春期の間はして欲しい

あなたの身体のために
Posted by NPО法人FОSC at 13:27 | からだ | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/archive/292
コメントする
コメント
プロフィール

FOSCさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index2_0.xml