CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 「軍師官兵衛」と「花子とアン」 | Main | 避妊の方法 »
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
日本初ユネスコ世界記憶遺産山本作兵衛コレクション[2014年09月08日(Mon)]
夏休みに旧伊藤伝右衛門邸を見学した際に

田川市石炭・歴史博物館も寄ってみた

10年以上前にも、ここを訪問したが今は当時より有名になった

それは日本初のユネスコ世界記憶遺産となった

山本作兵衛のコレクションが多く展示されているためだ

自分の体験をもとに、炭鉱で働く人たちの姿を正確に描き

生き生きとした当時の生活がよくわかる

多くの人たちが炭鉱では女性は働いていないと思っているだろうが

明治時代に生まれて、大正時代に炭鉱で働いていた女性の話では

夫婦で働き、男が石炭を掘り、女はそれを運び、

男女ともに裸で働いていたという

乳飲み子も連れて行き、そこで乳を与えていたとも聞いた

山本作兵衛のコレクションには

採掘の後は男女は混浴で風呂を浴びている絵があった

そこには決して女性の裸が性的対象物にはなっていない

当時の生きている人間の姿が存在していた

博物館には時代ごとの採炭現場や炭鉱住宅のジオラマもあり

結構、子どもたちも勉強になると思った

山本作兵衛のコレクションは

日本の歴史の一端、採炭現場の労働の様子、

そして炭鉱で生きる女性や子どもたちの姿を

垣間見ることができる素晴らしい作品だと感じた
Posted by NPО法人FОSC at 11:13 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/archive/291
コメントする
コメント
プロフィール

FOSCさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index2_0.xml