CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 取り立て屋の気持ち | Main | ピアサポ祭り »
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
県内の非行情勢と指定薬物の禁止[2014年05月01日(Thu)]
インターネットエクスプローラーに

毎日どんなにお世話になっていたか

強く強く感じる今朝である

昨日は福岡市へ県青少年課主催の

「非行防止・ネット依存防止地域ミーティング」

平成26年度運営会議・第1回講師研修に参加した

NPO法人FOSCが講師団体になって3年目である

平成25年度中の福岡県内の非行情勢の説明や

薬事法により平成26年度4月1日より指定薬物の

輸入、製造、販売・授与、販売もしくは授与目的での貯蔵

または陳列の禁止に加え、所持、使用、購入、

譲り受けについても禁止されたことにより

県警の方からも県下の薬物乱用の実態の研修だった

県内の非行再犯率は下がったのに、非行者率はい状態だ

福岡県はどの地域よりも覚せい剤の値段が安いというが

その理由が県内に指定暴力団が5つあるせいだという

私達の地域に本部を置く指定暴力団は

「薬局」と言われているとのことで情けなくなった

覚せい剤、大麻、脱法ハーブ使用者と接触することもあり

彼女たちの後遺症の大きさを考えると辛くなる

出会い系サイトによる被害児童数は減ってはいても

出会い系サイト以外の被害児童数は増えている

彼らが抱える心の闇をどう捉えて、

肯定的な生きる力に変えるにはどうしたらいいか

研修先から戻りながら考えた
Posted by NPО法人FОSC at 11:16 | 支援 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/archive/265
コメントする
コメント
プロフィール

FOSCさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index2_0.xml