CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 8 8 8%の重み | Main | 怒りは小出しに »
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
カテゴリアーカイブ
最新記事
大切な家族を失う悲しみ[2014年04月21日(Mon)]
大切な家族を失う悲しみは例えようがない

いつになったら、この悲しみが言えるのか

ある人に聞いたら、3年かかったと言われた

悲しんでいたら仕事はできないし

生きるためには悲しみを忘れないといけなかった

ある人は、亡くなった人が見守ってくれるというが

それは違うと思う、と言われた

死んでからも、生きてる人を見守る仕事をさせるのではなく

あなたが生きられなかった分、私はしっかり生きるよ

だからゆっくり、休んでねと、私はそう言ったと話した

ある人は、おとなになったら

どんな悲しにも耐えられる強い人になれると思っていた

でも現実に、おとなになったら

息も絶え絶えで、弱くて、悲しみや苦しみの中で生きている

大切な人を失った悲しみは癒えることはない

むしろ、癒されない心を持ったまま

お聴きした人は、生と死を見つめながら

自分が生きることに、真摯に向き合っていた

人は癒されないといけないと言うが

大切な人を失ったのに

癒される必要はないと今は思える

心に空いた穴を私は持ちながら

前を向いて生きるために私は歩き続けるしかない

食べていくために・・・・
Posted by NPО法人FОSC at 11:07 | 家族 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/archive/262
コメントする
コメント
プロフィール

FOSCさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index2_0.xml