CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« STD(性感染症) | Main | 相談員研修講師 »
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
セックス依存者[2014年03月17日(Mon)]
「デカくなりたい」「カタくなりたい」「フトくなりたい」

「出会いを提供します」

「すぐにヤレる」

上記のような件名のメールが毎日100通近く届く

大手新聞社の人権派新聞記者から、毎日Hメールが届くでしよ

と以前言われたことがあるが、当時はそのようなことはなかった

「彼から頼まれて送った裸の写真がネットにアップされた」

「盗撮されたらしい下着姿の写真がサイトにアップされた」

「ポルノに出演した時の映像がネットに流された」

そんな相談を受けて、刑事事件にすべくサイトを確認するようになり

上記のような件名のメールが増え、気分が悪くなり、削除に忙しい

書いている人は、どんな顔をして書いているのだろうか

恥ずかしくないだろうかと羞恥心のなさに驚いてしまう

「薬とセックスがワンセットになっているから、

すごく満足で満たされる感覚があった

だから薬が辞められない、しらふでセックスができないと聞いた」

「人を好きになったら、三角関係にならないと満足しない

だからあえて、パートナーがいる人を選ぶようにしている」

「夫が日本女性との浮気は認めないけれど、

海外の女性を買うことはいい」なんて声も聞くが

セックス依存によって犯罪を犯し刑務所にいる人も存在する

「1984年における日本の性産業売上げは、

220億ドルに達している」といわれ

(1996 シャ−マン・L.バビオ−著

大島静子 キャロリン・フランシス他訳

『女性への暴力−アメリカの文化人類学者がみた日本の家庭内暴力と

人身売買』 東京:明石書店)

2014年の今は、どれくらいの売り上げだろうか

セックス依存者が集まるミーティンクも国内にはある

行った方がいいと思う人は男女ともに多いようだ
Posted by NPО法人FОSC at 11:17 | ねじれた依存 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/archive/253
コメントする
コメント
プロフィール

FOSCさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index2_0.xml