CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 「はだしのゲン」閲覧禁止是か非かは無意味 | Main | 法定相続分について最高裁が「違憲」 »
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
カテゴリアーカイブ
最新記事
戦争と平和[2013年09月02日(Mon)]
今年上半期に「アルゴ「ゼロ・ダーク・サーティ」という

中東を舞台にした洋画を立て続けに見た

これで良かったのだろうかと思ったのが

「ゼロ・ダーク・サーティ」だった

当時9・11の犠牲者の中に、私共の会員の知人がいた

映画を見ながら、あの時のことをふと思い出した

アフガニスタン紛争に反対の署名活動をしていた私共の会員

9・11を考えるとアメリカの動きは当然とする私共の会員

真っ向から対立する二人の意見とは裏腹に

私は常に日本への安定的石油供給さえあればと考えていた

イスラム圏とキリスト圏の争いは資源の争奪戦だ

そして戦争は外交交渉の一つの方法のために、

戦争は国際法上、禁止はされていない

また私たちが学ぶ日本史や世界史は

多くの人を殺し、戦いに勝ったヒーローの名を覚えることで点を取る

チャップリンの「殺人狂時代」の映画では

「一人の殺害は犯罪者を生み、百万の殺害は英雄を生む」

というセリフがあった

人は平和を求めながら、戦争で人を殺すことも学んでいる

戦争と平和を考える時、私は戦争と平和は紙一重の二律背反と感じる

だからこそ私は映画「独裁者」でチャップリンが語った

最後の長いセリフを思い出しながら、私にできることを考える
Posted by NPО法人FОSC at 13:52 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/archive/218
コメントする
コメント
プロフィール

FOSCさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index2_0.xml