CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« イベント | Main | ニュース»
加害者の人権と加害者家族 [2019年12月15日(Sun)]
20191214_235257-9ab15.jpg 当法人のミッションは、加害者「家族」支援であり、加害者被害者双方の支援から完全に抜け落ちている支援です。
 私は刑事施設で収容者を対象としたグループワークを実施することもあるし、家族からの要請で被疑者被告人と面会し事件を調査することもあります。
 先日のアベマプライムでは、「加害者の人権」を中心に議論し、視聴者の方から今後も加害者本人または家庭環境を含めた事件の背景について発言・執筆してほしいというご意見を多数頂きました。
 頑張りますので引き続き宜しくお願い致します。

20191214_235553-2ea0d.jpg
20191214_235532-2e6bf.jpg
12月12日のアベマプライムに出演しました。 [2019年12月13日(Fri)]
 夕方から宮城刑務所の職員研修を終えテレビ朝日に直行!アベマプライムに生出演しました。加害者の人権と加害者側の支援の必要性について、お話しました。批判があるのは当然のこと。しかし、犯罪が起きている現場を見る限り、被害者も加害者も特別な人々に降りかかるわけではなく誰しもそうなりうるリスクげあります。タブー視せずに、もっと盛んに議論されるべき問題だと思います。
 
20191212_213727.jpg
『Wの悲喜劇』に出演しました! [2019年11月15日(Fri)]
 「ある日、犯罪加害者家族になりました」

 親が犯罪を犯した子、夫が犯罪を犯した妻、子どもが犯罪を犯した親、とそれぞれ異なる続柄の加害者家族3人による体験談。

 まさか、こんな番組が実現するなんて!!

 SHELLYさんのブログです。

 お見逃しなく!

 https://ameblo.jp/wnohikigeki/day-20191114.html
12月22日熊本大学でのシンポジウム [2018年12月25日(Tue)]
 ちょうど一月前のイベント告知の記者会見を見た一般市民の方々が数多く参加してい下さいましたハートたち(複数ハート)

 数多くのメディアにも取り上げて頂いたこと感謝致しますTV

 ダウンロード.jpg

 6.jpg
九州での活動 [2018年12月13日(Thu)]
度々メディアに取り上げられています。
image-f8d67.jpegimage-07f1a.jpeg
image-a65fc.jpgimage-14b00.jpgimage-46860.jpgimage-684f7.jpgimage-093cc.jpgimage-bb3dd.jpg
文化放送 斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI [2018年10月04日(Thu)]
 9月27日 文化放送斉藤一美ニュースワイドSAKIDORIに電話出演し、加害者家族の現状についてお話させて頂きました。

 「世間学」の佐藤直樹教授のコメントもありました。

 http://www.joqr.co.jp/sakidori/
 
日経新聞「発信」に阿部恭子登場 [2018年10月04日(Thu)]
 2018年8月18日日経新聞朝刊「発信」にロングインタビューが掲載されました。

 写真は、宮城刑務所前です。

 96958A9F889DE1E6E1E0E6E7EAE2E3EBE2EAE0E2E3EA9188EAE2E2E2-DSXMZO3432459019082018CZ8001-PB1-7.jpg
本日の朝日新聞に掲載「東北少年院での活動」 [2018年10月04日(Thu)]
 東北少年院の保護者会での講話が本日の朝日新聞に掲載されました。
 
 現在、NPO法人WorldOpenHeartと大阪を拠点に活動するNPO法人スキマサポートセンターは、ファイザー製薬の助成を受け、「中堅世代の加害者家族」の支援に力を入れています。

 まさに少年の保護者の年代はまさに中堅世代です。

 事件による失職や転職によって収入が減るなかでの損害賠償の負担、少年を自立させることへのプレッシャーなど、経済的・精神的負担に苦しめられている状況があります。

 NPO法人スキマサポートセンターは、加害者家族支援団体ですが、加害者本人への就労支と更生に向けた心理的支援に力を入れており、実績のある団体です。

 加害者本人の自立への支援は、保護者の負担を減らすことにもつながります。

 若年犯罪者の場合、事件の背景に家族病理が潜んでいる可能性も高いことから、「加害者支援」ではなく家族と通したアプローチは双方にとって有効だと思います。

 safe_image.jpg
九州地方での活動 [2018年08月11日(Sat)]
8月7日RKK熊本放送ニュース「九州初『加害者家族』相談会」――9日まで3日間、熊本と福岡で「加害者家族のための相談会」が開催されました。
8日は熊本地裁、熊本市役所を訪問しました。相談会では、7日のRKKによる告知放送を見た加害者家族が相談に訪れました。
夜は、熊本大学法学部岡田行雄教授の計らいで、弁護士やソーシャルワーカーなど加害者家族支援の実践と関わる可能性のある専門家を前に、加害者家族の現状と支援についての意見交換会を行うことができました。
九州地方で最も相談が多い熊本に、支援の受け皿を作るための大きな一歩となりました。


image.jpegimage-23912.jpegimage-3f657.jpegimage-f55a3.jpegimage-dfbfa.jpegimage-e2e58.jpegimage-4bc76.jpegimage-ce1e9.jpeg
7月26日河北新報夕刊一面で紹介されました [2018年07月26日(Thu)]
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201807/20180725_13056.html

images (1).jpg