CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ニューズウィーク日本版で『息子が〜』紹介 | Main | 仙台での講演»
被害者の視点 [2018年03月29日(Thu)]
 3月24日、聖イグナチオ教会にて、加害者×加害者家族×被害者を代表する三者対談が行われました。

 講演の様子は、当日の夕方のNHKのニュースで放送されました。(関東だけです)

 加害者家族支援が発展していくうえで、重要なことは、被害者の視点を忘れないことです。

 被害者の立場に立てば、加害者側の支援活動自体に嫌悪感を持つ人もいるでしょうし、その感情は仕方がないことだと思います。だからといって、加害者家族支援を止めるわけにはいきません。

 ただ、加害行為を正当化したり、被害者への中傷を擁護するような、意図的に被害者を傷つける行為をしないことは加害者家族支援の大前提になります。

 加害者家族至上主義に陥らないために、この点を意識して、慎重に進めていきたいと思います。

 PIC_0335.JPG

 
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント