CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年05月 | Main | 2022年07月»
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/wnc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/wnc/index2_0.xml
NPO・市民活動向け8月のオンラインセミナー
■1.基礎知識と効率化のノウハウを学び、改善につながる「NPO会計業務入門」
開催日時 : 8月23日(火)、9月6日(火)の全2回
https://npo-sc.org/training/good-business-studio/curriculum/22010/

■2.課題の見える化とNPO活動を伝えるリサーチ力「アンケート / ヒアリング設計」実践プログラム
開催日時 : 7月7日(木)、7月21日(木)、8月18日(木)の全3回
https://npo-sc.org/training/good-business-studio/curriculum/22008/

■3.組織のミッション達成につなげる「メールマーケティング・メルマガ戦略ゼミ」
開催日時 : 7月14日(木)、7月28日(木)、8月25日(木)の全3回
https://npo-sc.org/training/good-business-studio/curriculum/22009/

■4.NPO支援サービスを提供する企業、NPOの運営と戦略づくり
「10代と20代のためのNPOキャンパス」第11回授業
開催日時 : 7月9日(土)
https://ncam111.peatix.com/


<主催>
NPO法人 NPOサポートセンター
詳しくはこちらをご覧ください。
http://npo-sc.org/training/good-business-studio/
Posted by 阪口 at 2022年06月28日(Tue)19:24 | イベント情報【その他】 | この記事のURL
和歌山県若年者就職支援センター「ジョブカフェわかやま」
若年者の安定就労やUIターン就職をサポートします。
仕事に関することなら、どんなことでもお気軽にご相談ください

<支援内容>
□キャリアカウンセリング
 就職相談(適性診断、面接トレーニング、自己理解の支援、応募書類作成支援、転職相談など)
□PCコーナー(応募書類作成)
□就職対策セミナー
□ウェブによるオンライン相談
□U・Iターン支援(県外大学生のUIターン就職支援・和歌山で就職してほしい保護者からのご相談)
□定着支援(働いている方の仕事に関する相談、事業主や人事担当者向けの雇用・採用相談)

【対象】学生と35歳未満の求職者、35歳〜40代前半で不安定な就業状態にある方。
    高校生、既卒未就職の方もOKです。

【利用料】無料(相談は原則事前予約制です。)

【備考】和歌山県内各地で出張相談も実施しています。

<問い合わせ先>
和歌山県若年者就職支援センター ジョブカフェわかやま
〒640-8033 和歌山市本町1丁目22番地 Wajima本町ビル1階
TEL: 073-402-5757 / FAX: 073-424-5670

詳細は以下のウェブサイトをご確認ください。
https://www.jobcafe-w.com/jobcafe_top/
Posted by 阪口 at 2022年06月22日(Wed)17:12 | イベント情報【経済・雇用】 | この記事のURL
夏休み!親子陶芸教室&第2回貴水郷マルシェ
夏の楽しい思い出を作りませんか?
親子で楽しめる陶芸教室を開催します。
指導:きみの幸工房陶芸クラブ

【日 時】2022年 8月20日(土) 13:00〜15:00
【場 所】かつらぎ町志賀1721 田舎の家・ふらり研修所
【参加費】800円(材料費・最終焼成まで)
【締 切】8月15日(月)


<問い合わせ・申し込み先>
健康生きがいづくり一座
TEL: 090-6904-4039(市野 弘)

同日、地域振興イベント「第2回貴水郷マルシェ」も開催。
飲食、物販・産品販売やライブイベント、ワークショップ開催予定。

詳細は以下のPDFをご確認ください。
(8月20日)親子陶芸教室 第2回貴水郷マルシェ.pdf
Posted by 阪口 at 2022年06月19日(Sun)15:44 | イベント情報【まちづくり・観光】 | この記事のURL
和歌山YMCA国際福祉専門学校公開講座 〜みつけよう日本語・日本文化〜
外国につながる方々のニーズに合わせた日本語支援、日本で定着して地域の一員として
参加するために役立つ文化、それらをどのように伝えていけばいいか全10回の講座を
無料で開催いたします。
この講座は、和歌山県国際交流事業補助事業となっております。

詳細は以下のウェブサイトをご確認ください。
https://wakayamaymca.ac.jp/japanese/kokaikoza/

<問い合わせ・申し込み>
和歌山YMCA国際福祉専門学校日本語科
〒640-8323 和歌山市太田1-12-13
TEL: 073-473-3338
E-mail: japanese@wakayamaymca.org
Posted by 阪口 at 2022年06月19日(Sun)14:51 | イベント情報【国際】 | この記事のURL
令和4年度「男女でつくる元気な和歌山」ポスターコンクール
男女共同参画推進に関する啓発ポスターの作成を通して、性別にかかわらず誰もがその能力を
十分に発揮し、いきいきと暮らせる社会への理解を深めます。

【募集期間】令和4年 7月1日(金)〜令和4年 9月15日(木)

<応募資格>
和歌山県内に在住、又は通学する小学生、中学生及び高校生(特別支援学校含む)、
高等専門学校生(1〜3年生)

<問い合わせ・応募先>
男女共同参画センター“りぃぶる”
〒640-8319 和歌山県和歌山市手平2-1-2 県民交流プラザ和歌山ビッグ愛9階
TEL: 073-435-5245 / FAX:073-435-5247

その他、詳細は以下のウェブサイトまたはPDFをご確認ください。
https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/031501/kouzaevent/d00210423.html

(9月15日締切)令和4年度「男女でつくる元気な和歌山」ポスターコンクール.pdf
Posted by 阪口 at 2022年06月19日(Sun)14:38 | イベント情報【男女共同参画】 | この記事のURL
あなたの声をお聞かせください!サポセンご利用者アンケート
和歌山県NPOサポートセンターでは、不定期にアンケートを実施しております。
みなさんのご意見をお寄せください。特に下半期の事業の参考にさせていただきます。ご協力をお願いいたします。

回答はこちらから。約2分で回答いただけます。
https://forms.gle/SdgabJfQXpgikBwe9
Posted by 志場 久起 at 2022年06月18日(Sat)18:28 | お知らせ | この記事のURL
和歌山県男女共同参画センター“りぃぶる”LGBTQ相談窓口
和歌山県男女共同参画センター“りぃぶる”では、レズビアン(L)・ゲイ(G)・
バイセクシャル(B)・トランスジェンダー(T)など、様々な性的指向や性自認の方の
ための、電話または面接による専門相談窓口を開設します。(事前予約制)
本人からの相談だけでなく、ご家族や友人、職場の関係者など周りの方からの
相談もお受けします。
秘密厳守、匿名での相談も可能ですので、安心してご相談ください。

専用ダイヤル(事前予約はこちら)
073-435-5246

【相談日時】
毎月第1又は第2土曜日 14:00〜18:00
相談時間は一回につき一人40分まで


<主催・問い合わせ先>
男女共同参画センター“りぃぶる”
〒640-8319 和歌山県和歌山市手平2-1-2 県民交流プラザ和歌山ビッグ愛9階
TEL: 073-435-5245 / FAX:073-435-5247
E-mail: libre@sirius.ocn.ne.jp

詳細は以下のPDFをご確認ください。
(令和4年度最終日3月4日予定)和歌山県男女共同参画センター“りぃぶる”LGBTQ相談窓口.pdf
Posted by 阪口 at 2022年06月18日(Sat)15:29 | イベント情報【男女共同参画】 | この記事のURL
「唱歌の学校」のご案内
唱歌を楽しむ市民が集い、多田佳世子先生の指導のもと、歌詞の意味や背景を
踏まえた歌い方などを学びながら、明治・大正・昭和の時代から学校教育で
歌い継がれてきた曲の数々に親しんでいます。

2022年6月現在、毎月2回(第2・第4水曜日 午後1時30分より)和歌山市中央
コミュニティセンターに集まって、約20人の会員が参加しています。
見学大歓迎です。
ご一緒に大きな声でこの日本の財産「唱歌」を歌いませんか。
みなさまのご参加をお待ちしております。

【日 時】7月13日(水) / 27日(水)・8月10日(水)・9月14日(水) / 28日(水)
【場 所】和歌山市中央コミュニティセンター(和歌山市三沢町)
【入会費】2,000円
【授業料】2,000円/月

<問い合わせ先>
TEL: 090-3970-8236(高嶋)

詳細は以下の画像をご確認ください。
唱歌の学校.jpg
Posted by 阪口 at 2022年06月18日(Sat)14:08 | イベント情報【文化・芸術・スポーツ】 | この記事のURL
公益財団法人洲崎福祉財団「一般助成 障害児・者(含む難病)に対する自立支援活動への助成」募集について
公益財団法人洲崎福祉財団は障害者を支援している団体への助成事業を行っており、
「令和4年度上期 一般助成 障害児・者(含む難病)に対する自立支援活動への助成」
として7月1日より受付を開始します。


<応募要領>
■対象エリア 
 ・申請事業の拠点住所(実施場所)が、西日本エリア(三重県・滋賀県・京都府以西)に所在
  および首都圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)に所在

■対象事業
 ・障害児・者の自立と福祉向上を目的とした各種活動
 ・障害児・者に対する自助・自立の支援事業
 ・採択後、令和4年12月1日から申請事業を開始し、令和5年5月31日までに終了する事業

■対象団体
 ・営利を目的としない次の法人格を取得している団体
  (公益財団法人、公益社団法人、一般財団法人、一般社団法人、社会福祉法人、
   特定非営利活動法人、認定特定非営利活動法人)

 ・法人格のない任意団体は、当財団の理念に沿う公益活動において3年以上の継続的な実績と、
  これを証明する資料があり、且つ今後2年以内に法人化する予定がある営利を目的としない
  団体であれば対象

 ・難病患者会については、法人格の有無や活動年数などは不問

■助成金額
 今期予算5,000万円予定  1件あたりの上限額200万円(下限額は10万円)
 但し、福祉車両の購入のみ上限300万円

■受付期間 令和4年7月1日から令和4年8月13日(消印)
 
詳細は以下のウェブサイトをご確認ください。
https://swf.or.jp/support1/


<主催・問い合わせ・申し込み>
公益財団法人 洲崎福祉財団 事務局(http://www.swf.or.jp
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3丁目2番1号 日本橋室町三井タワー15階
TEL: 03-6870-2019 / FAX: 03-6870-2119
※平日9:30〜16:00(土・日・祝日休み)
E-mail: info@swf.or.jp

助成等に関わるお問合せはこちらまで。
https://swf.or.jp/contact/
Posted by 阪口 at 2022年06月18日(Sat)13:09 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
2022年度夏季 和歌山県NPOサポートセンターご利用者アンケート
和歌山県NPOサポートセンターをご利用のみなさまを対象としたアンケート調査を実施致しております。「いま」の「みなさま」の声をお聞かせください。

※ このアンケートは不定期に実施します。時期によってはアンケート調査ページを閉鎖していることもありますので、ご了承ください。

【アンケートはこちらからご回答いただけます】
https://forms.gle/asYeDfrd2cBPoN7h9
Posted by 志場 久起 at 2022年06月18日(Sat)12:00 | お知らせ | この記事のURL
サポセン、こんな使い方もできます!(2022年改正版)
みなさん、和歌山県NPOサポートセンターの機能を使いこなされていますか。
こういう使い方もできますよ、ってポイントをセンター長がご紹介いたします!

●まず、前提条件はこちら
 和歌山県NPOサポートセンターは県民のみなさまの公益的な活動を応援する施設です。営利目的のご利用はできません。各種機器をご利用になる際には事前の団体登録(無料)をお願いいたします(団体登録用紙はこちらのリンクからダウンロードできます。Word形式25.0KB)。
 サークル活動室はみなさんの共用スペースです。譲り合ってのご利用をお願いします。
 各種機器の操作はご自身の責任でお願いします。センターのご利用によりお手持ちの機器等に何らかの不具合が発生しても責任を負うことはできません。

●サポセンでは無線LANが使える!
 和歌山県NPOサポートセンターでは無線LANをご利用いただけます。無線LAN対応のパソコンやスマートフォンを接続するとパケット通信量を気にせずインターネットが使えます。サークル活動室のほぼ全域、9階会議室Cの後方でも受信可能。2022年4月に回線を増強し、より安定してご利用いただけるようになりました。サークル活動室でビデオ会議への参加もできますよ(^^)

 サポセンにある来館者用PCは概ね1人1時間までのご利用とさせていただいております。モノクロプリントは10枚までは無料で可能です。10枚を超える分についてはコピー機ご利用の方との公平性を担保するために1枚につき10円を申し受けますのでご了承ください。
 ご自身のパソコンをお持ちの場合は、サークル活動室で閉館(火曜〜土曜20:50、日曜17:30)までご利用いただけます。電源・延長コードもあります。

●助成金・補助金の相談ができる!
 和歌山県NPOサポートセンターのスタッフには、助成金や補助金の審査を担当した経験がある者がいます。助成金・補助金の申請書の書き方についてのご相談をお受けすることができます(もちろん、相談いただいたからといって必ず採択されるわけではありませんのでご了承を…)。
 ご希望の方は事前にご予約ください。

●NPOに関する書籍が読める!
 和歌山県NPOサポートセンターは、和歌山県男女共同参画センター”りぃぶる”に委託する形でNPO関連書籍の蔵書を約400冊保有しています。和歌山県内在住・在勤の方はりぃぶるに利用者登録をいただくことで借りることもできます。NPO法人会計基準や、NPO法人にまつわる各種手続きの解説書などもありますよ。

●新聞が読める!
 センターでは、朝日・産経・日経・毎日・読売新聞の朝刊・夕刊と、わかやま新報、紀伊民報、日高新報を購読しています。その週の新聞は次の日曜日閉館時まで保管しています。その週のバックナンバーをお読みになりたい際はスタッフにお知らせください。

●実は飲食可能です!
 サークル活動室は飲食が可能。休憩にもご活用いただけます。外で買ってきて持ち込んでいただいてもOKですし、自動販売機は和歌山ビッグ愛の1階・6階に、パンやお菓子・おにぎり・カップ麺などの軽食は1階の売店「りとる・あい」にもございます。
 電子レンジがあり、スタッフにお知らせいただければ自由にご利用いただけます(活動室の電気容量が少ないため、ご利用の際はスタッフにお知らせください。また、ゴミは各自お持ち帰りください。

●きれいな風景が眺められる!
 センターがある和歌山ビッグ愛から南・東側は高い建物がほとんどないため、サークル活動室は特に眺望が開けています。天気が良ければ和歌浦湾から長峰山系の山々を高野山方面に向かって望むこともできます。日中にサークル活動室をご利用いただくみなさまからも好評です。
 JRきのくに線がすぐ横を通っていますので鉄道ファンのみなさまにも好評ですが(笑)、鉄道写真の撮影のためのご利用はおやめください…。

●時短につながる機器!
 サポセンには紙折り機、ソーターがあります。紙折り機は二つ折り、三つ折り、観音折りなどが高速に行えます。
 ソーターは例えば100枚×5組といった束を素早くソートすることができる機械。最近ご機嫌斜めなことも多いのですが、机に並べられた紙を人力で取って冊子を作ることを思えばだいぶん時短ができます。
 印刷機で複数ページの原稿をソートをかけて出力することも、ステープル綴じすることもできます。
 サポセンの機器を活用してみなさんの作業の時短・省力化を進めてくださいね。

●もちろんバリアフリー!
 和歌山ビッグ愛は全面バリアフリー。駐車場からほぼ段差なしでセンターまでご来館いただけます。和歌山ビッグ愛でも車いすの貸出を行なっておりますし、各階に車いすでもご利用いただけるお手洗いもございます。
 また重い荷物がある場合は、和歌山ビッグ愛1階の警備員室横に貸出用の台車があります。警備員にお申し出いただくと、簡単な手続きで利用できます。
Posted by 志場 久起 at 2022年06月14日(Tue)19:31 | お知らせ | この記事のURL
公益社団法人程ヶ谷基金「2022年度男女共同参画・少子化関連顕彰事業」のお知らせ
この顕彰は、男女共同参画社会の推進及び少子化対策がわが国の健全なる発展において極めて重要な礎になるとの
認識に鑑み、若手研究者等の研究・活動の一層の推進を目指すことを旨とします。

<顕彰対象者>
この顕彰の対象者は、原則、満45歳未満の研究者、学生、又は満45歳未満の方を中心としたグループ、団体
(代表者が45歳以上の場合も中心メンバーが満45歳未満であれば可)であり、ジェンダー研究、子育て支援活動など、
男女共同参画社会の推進又は少子化対策について、以下の部門ごとに定められた要件を満たした個人又は団体となります。
ただし、既に他に同種の顕彰を受賞した個人又は団体は除きます。

論文部門と活動部門の2部門があります。

<顕彰金の額、並びに顕彰件数>
原則、1件につき上限50万円、10名(又は団体)程度を目途とします。

<申込方法>
この顕彰に応募される方は、上記2.(1)又は(2)の部門に応じた応募書類に、論文部門は1名以上、
活動部門は2名以上の推薦状を付して、当基金事務局へご郵送下さい。
なお、提出される論文言語が日本語以外の場合は、翻訳(抄訳も可)を付けてください。
また、応募用紙の記入は日本語に限ります。

<申込期限>
2022年 9月30日(金)(必着)

<選考基準>
選考基準は、以下の通りとし、選考委員会の選考を経て受賞者を決定します。
(1) 当該研究・活動が過去から継続的に行われており、特筆すべき業績のあること
(2) 当該研究・活動の将来性が見込まれ、かつ、描く理想と現実との調和が図られていること
(3) 顕彰が他の同様の研究・活動を行う者の励みとなるなど、受賞の効果が見込まれること

<選考手続>

選考手続は、以下の要領で行います。
(1) 応募論文については、書類審査を行います。また、活動状況の審査に当たっては、同様に書類審査のうえ活動内容が
  実際に行われているかどうかを専門委員等が検証します。
(2) 選考委員会は、上記(1)の結果を受け、応募論文又は活動内容の質、社会的貢献度等に照らして最終判断を行います。
(3) 理事会は、上記(2)の結果を受け、受賞者を決定します。

<選考結果の通知>
受賞者には事前通知のうえ、2022年12月9日(金)午後6時から表彰式を行います。

<顕彰金交付時期>
顕彰金は、原則、表彰式後1週間以内に交付します。

<その他の留意事項>
(1) 顕彰の内容は、12月9日にプレスリリースを行うほか、当基金ホームページで公表します。
(2) 提出された応募書類は返却いたしません。
(3) 応募された方の個人情報は、本目的以外に使用せず、適切に管理します。


<応募書類送付先・問合せ先>
公益社団法人程ヶ谷基金事務局
〒241-0802 横浜市旭区上川井町1324
TEL: 045-921-0050

詳細は以下のウェブサイト・PDFをご確認ください。
https://hodogaya-foundation.or.jp/equality/req/

(9月30日まで)公益社団法人程ヶ谷基金「2022年度男女共同参画・少子化関連顕彰事業」.pdf
Posted by 阪口 at 2022年06月09日(Thu)19:36 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
「ほっとする笑顔つながるこころの絵」作品募集のお知らせ
普段の生活のなかで、見る人の心をあたため、心の健康を見つめなおすきっかけとなるような絵を募集します。


◆規格
⑴見る人の心のをあたためる絵であれば内容は自由です。
⑵応募は自作で未発表の作品に限ります。お一人一点までです。
⑶応募作品サイズ(最小)はがき大〜(最大)画用紙四つ切り大。

【募集期間】2022年 8月1日(月)〜9月9日(金)まで

【対 象】和歌山県内に在住、または通勤・通学している方。

【 賞 】最優秀賞1名、優秀賞2名、入選若干名を予定しています。
     入賞された方には、10月下旬頃に文書にて連絡します。

【表 彰】2022年 11月19日(土)に和歌山ビッグホエールで開催する「こころのフェスタ2022」において
     表彰式及び入賞作品の展示をします。

<応募方法>
郵送、持参で作品裏面に住所、氏名(ふりがな)、電話番号、年齢(学年)、学校名(勤務先)を
記入した用紙を貼付し、「ほっとする笑顔つながるこころの絵」募集係宛にご応募ください。


<問い合わせ・申し込み>
〒640−8319 和歌山市手平2-1-2
和歌山ビッグ愛2階(和歌山県精神保健福祉センター内)
和歌山県精神保健福祉協会「ほっとする笑顔つながるこころの絵」募集係
TEL: 073-435-5194
Posted by 阪口 at 2022年06月08日(Wed)17:00 | イベント情報【保健・福祉・医療】 | この記事のURL
そらべあスマイルプロジェクト「幼稚園・保育園・こども園等へ太陽光発電設備を寄贈」のお知らせ
NPO法人そらべあ基金は、地球温暖化の抑制を目的に、再生可能エネルギーの普及啓発と、
未来を担う子どもたちへの環境教育活動を行う団体です。

このたび、全国の幼稚園や保育園・こども園等へ太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈する
第83基、第84基、第85基目の「そらべあスマイルプロジェクト」の公募を開始いたしました。

応募対象は、公立・私立問わず全国の幼稚園・保育園・こども園等で、3〜5歳児が在籍する
未就学児童向けの教育・保育施設となります。

そらべあスマイルプロジェクト
https://www.solarbear.jp/smileproject/

【第83基、第84基、第85基目 そらべあスマイルプロジェクト公募概要】
https://www.solarbear.jp/applications/2575/

【募集期間】2022年6月1日(水)から 8月31日(水)

■応募資格
・小学校就学以前の児童向け教育・保育施設、公立・私立などは不問
・3歳から5歳児が在籍する未就学児童向けの教育・保育施設
※太陽光発電設備の設置場所を独自に確保できない集合住宅内施設などには対応できないことがあります。  
※その他、ホームページの「応募条件確認表」を事前に確認ください。

■ 寄贈品
・太陽光発電設備
 最大出力 5kW相当の設備、工事費用一式 無償寄贈 
※取り付けに必要な工事費等は、特別な場合(設置場所の補強等)を除き無償です。設備・設置に関わる応募園様の費用のご負担はございません。

・環境教育プログラム「そらべあちゃんの日」
・そらべあ紙芝居(園向け 1冊)
・そらべあ絵本(園児向け 在園児分)

■協賛企業
ソニー損害保険株式会社

■寄贈数
・3基(1園につき1基)全国 3か所

■応募方法
下記リンクから応募書類をダウンロードし必要事項を記入の上、メールまたは郵送でご応募ください。
<応募要項>
https://www.solarbear.jp/applications/2575/

【締 切】2022年8月31日(水)応募書類必着

皆様からのご応募をお待ちしております。


<問い合わせ先>
特定非営利活動法人そらべあ基金  担当:田畠(たばた)
TEL: 03-3504-8166(平日(月から金)10時から18時)
E-mail: info@solarbear.jp
東京都港区新橋2-5-6大村ビル8階

詳細は以下のPDFをご確認ください。
(8月31日締切)そらべあスマイルプロジェクト公募のご案内.pdf
Posted by 阪口 at 2022年06月08日(Wed)12:44 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
「都道府県・政令指定都市におけるNGO相談員制度の活用について」
NGO相談員制度は、NGOや一般市民からのNGOや国際協力に関する照会や相談などに対応する制度です。

また、国際協力への理解の促進のため、地方自治体や教育機関などと協力し、国際協力関係のイベント等において相談業務や講演を行う「出張サービス」も実施します。

詳細は以下のウェブサイトをご確認ください。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/about/shimin/page22_001461.html
Posted by 阪口 at 2022年06月07日(Tue)19:37 | その他 | この記事のURL
海南市花のあるまちづくり推進事業
【対  象】海南市内に所在する団体
【対象事業】花壇やプランターに花苗などを植栽し、その育成と管理を行う事業
【助成限度額】1団体あたり上限2万円
【締め切り】6月30日(木)
【主  催】海南市環境課 073-483-8457
Posted by 志場 久起 at 2022年06月05日(Sun)15:00 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
「令和4年度 田辺市ふるさと文化振興補助金」のお知らせ
市民文化の普及及び推進を図るため、伝統文化の継承又は
文化の創造に寄与する事業に対し、補助金を交付します。

団体や事業内容について聴取を行いますので、
必ず事前に田辺市教育委員会文化振興課までお問合せください。


【補助金額】上限10万円、募集件数2件
      ◎補助対象事業費の2分の1以内の金額

【募集期間】令和4年 7月29日(金)まで

<お問い合わせ先>
田辺市教育委員会文化振興課
TEL: 0739-26-9943


詳細は下記ウェブサイト掲載の資料をご覧ください。
https://www.city.tanabe.lg.jp/bunshin/bunka_hojyo.html
Posted by 阪口 at 2022年06月03日(Fri)09:17 | 助成金・公募情報など | この記事のURL