CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年06月 | Main
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/wnc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/wnc/index2_0.xml
新型コロナに負けるな!わかやまNPO活動応援基金 助成先募集 [2020年07月31日(Fri)]
 このたびの新型コロナウイルス感染症(Covid-19)に罹患されたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。
 さて、今年2月以降のCovid-19感染拡大により、和歌山県内のNPO・ボランティア団体でも通常の活動が大きく制限されるなどの影響がでています。そこで、県民のみなさまからのご寄附を原資に、活動の大幅な縮小を余儀なくされた団体に対する助成金事業を実施します。

対象団体
・ 和歌山県内に拠点を置きCovid-19の関係で、@ 事業継続が難しい状況に陥った、A 縮小を余儀なくされた、B 逆に対応に追われた、のいずれかで運営が厳しくなっているNPO法人・ボランティア団体(法人格の有無は問いません)。
・ 応募の時点で活動開始から概ね2年以上経過していて、一定の活動実績を有している団体
・ 以下のAからGのいずれかに該当する団体
 A. 子ども支援に関する活動・・・子ども食堂、子育て支援など
 B. 公的福祉サービスのはざまにいる障がい者の支援・・・介護保険外の支援事業など
 C. 公的福祉サービスのはざまにいる高齢者の支援・・・高齢者の居場所づくりなど
 D. 健康増進活動をおこなっている団体の支援・・・介護予防、地域のスポーツ推進など
 E. 新型コロナウイルス感染症収束後のまちづくり支援・・・まちおこしイベント、観光振興など
 F. 文化の振興に関する活動をおこなっている団体の支援・・・芸術活動など
 G. その他緊急性を要する社会的弱者に対する支援・・・病気の患者会や家族会など

助成金額・団体
 1団体あたり基本として5万円を助成します。助成団体数は、現在募集中の「新型コロナに負けるな!わかやまNPO 応援基金」へのご寄附金額に応じて分野ごとに団体数を設定します。他の助成金等との重複も構いません(もう一方が認めている場合に限ります)。内容によっては面談をさせていただくことがあります。

助成金の使途
 本助成金はCovid-19 感染収束後に、感染拡大前と同等かそれ以上の事業の実施を目指す体制づくりの一助になることを第一義としています。組織・活動の維持に必要な経費であれば使途は特に問いません。一般の助成金事業では対象になりにくい固定費(家賃・水道光熱費等)に充当いただいてもかまいません。
 なお、2021 年3 月末までに行われる活動を対象とします。

助成申請に必要なもの
 @申請用紙(別紙様式)、ANPO 法人の場合:直近事業年度の事業報告書・活動計算書(定款と2 事業年度前の報告書・計算書は「内閣府NPO ポータルサイト」掲載情報を参照します)、任意団体の場合:会則もしくは規約と直近2 カ年分の事業報告書・決算書、一般社団法人の場合:定款と直近2 カ年分の事業報告書・決算書。

申請方法
 わかやまNPOセンターまでFAXもしくは電子メールのいずれかでお送りください(郵送は受け付けません)。
 電子メールでのご応募の場合は、受領確認メールをお送りします。7月31日17時を過ぎても受領確認メールがない場合は、迷惑メール等に誤判定されている可能性がありますので、電話でお問い合わせ(073-424-2223)ください

申請しめきり 2020年7月31日15時(必着)

結果の通知
 わかやまNPOセンター内部に設置する審査委員会で審査し、8月中旬を目処に助成先を決定し、助成金を団体の指定口座に振り込みます。

審査のポイント
 今般のCovid-19 で団体の運営にどれだけの影響が及んだのか、それに対してこの助成金を得ることでどのような成果が期待できるのかを主な審査ポイントとします。審査の結果、緊急性が高いと判断された団体から助成を実施します。応募数が多い場合はご期待に添えないことがあります。なお、審査結果についてのお問い合わせにはお応えできませんのでご了承下さい。

事業報告について
 助成が採択された団体には、2020年12月までに写真等を交えた事業報告・決算報告をご提出いただきます。事業報告は寄附をいただいたみなさまにお知らせするほか、ウェブサイト等で公開します。
 ※ 活動の性質上、写真の掲載が困難な場合は相談に応じます。
 ※ 2020 年12 月時点で事業が完了していない場合は、その時点での事業・決算報告を提出いただき、事業が終了した後に最終の事業・決算報告をお願いします。
 ※ 決算報告の際に領収書のコピーの提出をお願いすることがありますので、領収書などの証憑書類はきちんと整理のうえ保管しておいてください。

実施主体
認定NPO法人わかやまNPOセンター(和歌山県NPOサポートセンター指定管理者)
 〒640-8331 和歌山市美園町5-6-12
 TEL 073-424-2223(火曜〜金曜 不在の場合は和歌山県NPOサポートセンターに転送されます)
 FAX 073-423-8355 E-mail info@wnc.jp

応募用紙ダウンロード(docx形式・24.2KB)

【7/31まで延長】新型コロナに負けるな!わかやまNPO活動応援基金 緊急寄附募集! [2020年07月31日(Fri)]
 このたびの新型コロナウイルス感染症に罹患されたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。今回の新型コロナウイルス感染症の拡大によって、和歌山県内のNPOのなかには活動停止や大幅な縮小に追い込まれている団体も少なくありません。
 いま苦しい状況にあるNPOは、これまで子どもや高齢者、障がいのある方の生活を支えたり、市民の健康増進のための取り組みを進めたり、地道にまちづくりに取り組んだり・・・様々な形でまちに欠かせない活動を展開している団体ばかり。わかやまNPO センターは「誰ひとり取り残さない」国連SDGs(持続可能な開発のための目標)達成に向けて、地域で暮らす方を支えるNPO活動を応援する基金を立ち上げています。

 以下の2つの方法で寄附を受け付けます。

1.寄附先を分野から選択したい場合【分野別寄附】 寄附金税制の対象となります

 次のAからHの8つの分野でご寄附を募っております。複数の分野にまたがってもOK。金額は問いません。
 A:子ども支援…子ども食堂、子どもの虐待防止、民間学童保育など子どもの豊かな育ちを応援する事業
 B:障害者支援…公的な障害福祉サービスの枠組みから外れる障害者支援を応援する事業
 C:高齢者支援…公的な介護サービス等の枠組みから外れる高齢者支援を応援する事業
 D:健康増進…住民の健康増進につながる地域のスポーツや介護予防等を応援する事業
 E:まちづくり…新型コロナが落ち着いたあとのまちづくり活動全般を応援する事業
 F:文化の振興…この間活動がストップしている様々な文化振興を応援する事業
 G:弱者支援…難病や病気の患者会や家族会などをはじめ、様々なハンディを負っている方を応援する事業
 H:わかやまNPOセンター…新型コロナウイルス感染症で影響を受けた団体支援と、情報収集・発信をおこなっています

2. 寄附先がすでに明確な場合【指定団体寄附】 寄附金税制の対象となりません

 寄附したい団体名が明らかな場合は、わかやまNPO センターを経由して、団体に寄附します。
 ※ 振込手数料は差し引かせていただきますのでご了承ください。
 ※ このコースで寄附される場合、寄附金税制の対象にはなりません
 ※ 先方が寄附の受入をおこなっていない場合、公序良俗に反する行為をおこなっていると認められる場合、団体名誤りなど振込先口座がみつからない場合などの理由で寄附ができないことがあります。この場合は、寄附額を「1. 分野別寄附」に掲げられている類似分野への寄附金に振替させていただきます。

寄附の方法
 ※ 寄附申込書に、寄附したい分野と金額を記載のうえ、申込書に記載している、わかやまNPO センターの口座にお振込みください。複数分野の選択も可能です。
 ※ 分野別寄附先団体はわかやまNPO センターで募集・審査のうえ、対象となった団体に均等にお振込いたします。
 ※ 募集状況についてはわかやまNPO センターブログ(https://blog.canpan.info/wnc/)で随時お知らせします。
 ※ 寄附の受付締め切りを7月31日まで延長いたします。8月に助成後、2021年1月を目処に寄附金受領証明書(確定申告にご利用いただけます)と、ご寄附いただいた資金をもとにおこなった事業報告をお届けする予定です。

 寄附申込書はこちらからダウンロードできます(Word形式・25KB)。

 チラシはこちらからダウンロードできます(PDF形式・408KB)。