CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« イベント情報【保健・福祉・医療】 | Main | イベント情報【人権】»
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/wnc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/wnc/index2_0.xml
和歌山県NPOサポートセンター主催「NPO法人オンライン集中相談Day開催」のお知らせ
NPO法人の事業報告書や活動計算書の作成、役員変更、定款変更等に関するご相談をオンラインで受け付ける「集中相談Day」を開催します。画面を共有しながらわかりやすく説明ができます。ぜひ、ご活用ください。

【実施日時】5月19日(木)・5月27日(金)・5月28日(土)の13時〜17時
      毎時00分から、1団体につき1時間以内とさせていただきます。
【費  用】無料(通信にかかる費用はご負担ください)
【利用環境】パソコンにマイクとカメラが接続され、ZOOMが使えることを確認ください。
      お手持ちのパソコンでZOOMが使えない場合、Google Chromeブラウザが
      ご利用いただければ代替サービスのご利用も可能ですので事前にご相談ください。
【申し込み】メール(info@wakayama-npo.jp)で、ご希望の日時(複数候補がありがたい
      です)、団体名、相談内容を送信してください。先着順で受け付けます。
      後日、アクセスに関する情報をお送りします。
【備  考】上記以外の日時でもZOOMオンラインによる相談を随時受け付けています。
      複数の日程案と相談内容をメールでお知らせください。受付可能な日時と
      アクセス情報をお送りします。タイミングによっては当日対応可能なこともあります。


詳細は以下の画像をご確認ください。
ZOOM相談.jpg
Posted by 阪口 at 2022年05月01日(Sun)09:24 | お知らせ | この記事のURL
NPOサポートセンター内のWi-Fiを更新しました(4月28日)
いつも和歌山県NPOサポートセンターをご利用いただき、ありがとうございます。
さて、NPOサポートセンター内では無線LANによるWi-Fi接続がご利用いただけるのですが、4月28日に設備を更新しました。今回の更新で回線を増強したほかセキュリティレベルの向上をおこない、より安心してご利用いただけるようになりました。

これにともない、Wi-FiのSSID・ネットワークキーが変更になっておりますので、恐れ入りますがご来館時に再設定をいただきますようお願いいたします

※「ベストエフォート型」サービスのため、他の通信状況によっては十分な通信速度が得られないことがあります
※ Wi-Fiをご利用いただくことでなんらかの障害やデータ損失が発生した際の責は追いかねますので、ご留意ください。
Posted by 志場 久起 at 2022年04月28日(Thu)19:00 | お知らせ | この記事のURL
新型コロナウイルス感染症予防に関する県民の皆様へのお願い(2022年4月26日更新)
 和歌山県からのお知らせです。

 ゴールデンウィークは帰省や旅行に伴う移動が増加し、人と人との接触機会が増えることから、引き続き感染予防対策が重要です。感染の再拡大を防ぐため、県民の皆様へは積極的なワクチン接種とマスク着用などの基本的な感染予防対策の徹底をお願いします。

 また県では、4月30日まで県内在住の無症状の方に対して、特措法第24条第9項に基づき、「感染に不安を感じる場合はPCR検査等を受ける」よう要請しているところですが、未だ県内の感染者数が高い水準で推移していることや、ゴールデンウィークを迎えて人の往来が増加すること等から、その期間を5月31日まで延長します。

 引き続き、以下にご協力ください。

●安全な生活・安全な外出を心がける
・「3つの密(密集・密接・密閉)」の回避、マスクの着用、手洗い・手指消毒など、基本的な感染予防対策の徹底を
・混雑した場所など感染リスクの高い場所を避けて、安全な場所への外出を

●県外へ外出する場合は、行き先の自治体の要請に沿って行動するとともに、基本的な感染予防対策を徹底した上で、感染リスクの高い行動は控える

●無症状で、感染に不安を感じる方は、PCR検査等を受検(無料)
 ※5月31日まで
 少しでも症状があれば、無料検査ではなく、直ちにクリニックを受診

●大人数・集団での会食は控える
●飲食・カラオケは気をつけて、換気にも注意
●多くの人が集まるイベントは特に注意

●症状が出れば、通勤通学を控えて直ちにクリニックを受診
●家族に発熱等の症状があれば、出勤・登校を控える
●イベントや催物を行う場合は気をつけて
●在宅勤務(テレワーク)の積極的な活用を
●各事業所で感染拡大予防ガイドラインを遵守
 ※出勤時の発熱チェックや勤務中のマスク着用等は特に徹底

●病院・福祉施設サービスは、特に注意
●医療機関は、まずコロナを疑う
※クリニックは、保健所の判断を待たずに、陽性者の同居家族等の検査を
●ワクチン未接種者は積極的な接種検討を
●ワクチン接種後も気を緩めず、引き続きマスク着用等を徹底
●学校・教育現場での感染予防対策の徹底
・練習試合や合同練習等は慎重に行うこと
 県内外を問わず、感染のリスクが高い区域の学校とは、特に注意すること
・各競技団体等のガイドラインが示す感染予防対策を徹底した上で活動
・屋内での活動は、マスク着用や換気などの感染予防対策を徹底すること
・移動、更衣、飲食等、部活動に付随する場面にも注意
・本人及び家族に発熱等の症状があれば、厳に登校しないこと

電子データはこちらからダウンロードできます。事業所などの掲示にご活用ください。
http://wave.pref.wakayama.lg.jp/news/file/35507_1.pdf
Posted by 志場 久起 at 2022年04月26日(Tue)17:25 | お知らせ | この記事のURL
2022年3月利用者アンケートをとりまとめました
和歌山県NPOサポートセンターでは利用者のみなさまに毎年3月、同じ内容でアンケートをお願いしております。
その結果をとりまとめましたのでお知らせします。
今回は46件のご回答をいただきました。ありがとうございます。

アンケート結果はこちらから(PDF・607KB)

コロナ禍ではありましたが、サポセンをご利用いただいているみなさまに関しては、団体運営に関しては大きな変化があったという団体は少なそうです。
また、昨今の情勢を踏まえてか、ICT関係の講座のニーズが多そうです。
講座の開催希望については平日の午後が多かったですね。

いただいたご意見を参考に、新年度の事業内容を検討してまいります。
Posted by 志場 久起 at 2022年04月01日(Fri)20:22 | お知らせ | この記事のURL
コロナ禍のNPO法人の総会開催、事業報告等について(2022年版)
新型コロナウイルス感染症の拡大から丸2年が経過し、和歌山県内でも感染が一時急激に増加するなど予断を許さない状況が続いています。NPO法人の総会をしたいけれどもなかなか…というご相談も寄せられています。総会の開催について考えてみましょう。

まず前提条件として、NPO法人は毎事業年度1回は総会を開催することが義務付けられています。もちろん今年度も開催が必要となります。
あるところに集まっての総会の開催が困難な場合は以下のような開催方法が考えられます。

ケース1 「みなし総会」を活用するケース

 「正会員全員」が「すべての議案に賛成」したことが確認されれば、総会をおこなったとみなすことができる「みなし総会」が可能となっています。ここ数年の間に新規設立された法人の場合、定款に「みなし総会」ができることが明記されていれば比較的簡単にこの方法が使えます。

 なお定款で「みなし総会」の規定がない場合も、NPO法にこの規定がありますので「みなし総会」は有効になるのではないかという指摘があります。議事録に「特定非営利活動促進法第14条第9項の規定により正会員全員の同意を得る方法で総会をおこなった」などの旨を記載しておくと根拠が明確になるかと思われます。
 いずれにせよ「正会員全員」から「すべての議案に同意」を得ることが求められますので、正会員総数が多い団体にはハードルは高めといえるかと思います。


ケース2 オンライン総会を活用するケース

 内閣府NPO法人ホームページでも記載があるのが、ビデオ会議システムなどを使ったオンライン総会です(https://www.npo-homepage.go.jp/news/coronavirus/coronavirus-qa)。
 この場合、映像や音声がスムーズにやり取りできるかどうか、画面の向こうから質疑などが受け付けられる状態になっているかどうかが重要になります。議長も議事録署名人も含めてすべてオンラインで総会を開催することも多くの所轄庁で認められているようです。
 オンライン会議ツールは最近かなり普及していますので、開催のハードルは年々下がっているのではないでしょうか。
 なお、議事録にはビデオ会議での参加者が何人かを記載しておく必要があります。


★事業報告書等の提出期限の延長はありません
 2020年は新型コロナの影響で事業報告書の提出が遅れる場合は一定の猶予がありましたが、2021年以降は事業報告書の提出期限の延長の取り扱いは正式には発表されていません。事業年度末から3ヶ月以内の事業報告書等の提出をお忘れないようにお願いします

★登記期限の延長はありません
 法務局に登記している役員の変更や再任時の登記の期限については延長の取り扱いはなされていません。また和歌山地方法務局での登記相談については事前予約が必要となっています。
 また登記は郵送でも受け付けているほか、オンライン登記も利用できますのでこちらのご活用も検討ください。
 和歌山地方法務局 http://houmukyoku.moj.go.jp/wakayama/
 オンライン登記 http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00051.html


★法人税等の納税について
 2021年はじめまでは法人税等の納税を猶予する制度が設けられていましたが、現在はその制度はありません。
Posted by 志場 久起 at 2022年03月27日(Sun)15:40 | お知らせ | この記事のURL
SDGsパートナーシップ基金 採択団体について
わかやまNPOセンターが2月1日から3月1日までのあいだ募集しておりました、「SDGsパートナーシップ基金」の助成募集には10団体の枠に42件のご応募をいただき、ありがとうございます。
わかやまNPOセンター内外の審査委員による審査の結果、下記10団体が採択となりましたのでお知らせいたします。

子どもの生活支援ネットワーク こ・はうす
みんなの保健室
わかやま子育てサークル本部サンマザー
子育てサポート山の子
LGBTと愉快な仲間たち
出張!ふれあいルーム
スペシャルオリンピックス日本・和歌山
南紀こどもステーション
和歌山いのちの電話協会
和歌山子どもの虐待防止協会

惜しくも採択ならなかった団体のみなさま、申し訳ありませんでした。多くの団体が僅差となりました。
次年度以降もSDGsパートナーシップ基金からの助成を継続してまいる予定です。次回もぜひ、ご参加ください。
また、SDGs達成につながる活動を進める県内NPO・ボランティア団体を応援するこの基金へのご寄附も引き続き受け付けております。
http://www.wnc.jp/sdgs/
Posted by 志場 久起 at 2022年03月22日(Tue)09:24 | お知らせ | この記事のURL
ボランティア活動保険・行事用保険
2022年4月から2023年3月までの期間、補償が受けられるボランティア活動保険・行事用保険の受付が開始されています。

【保険料】
○ボランティア活動保険
 基本プラン350円
 天災・地震補償プラン500円
 特定感染症重点プラン550円

○ボランティア行事用保険
 Aプラン(日帰り)28円(最低保険料560円)
 Bプラン(宿泊)1泊2日 241円、2泊3日 295円、3泊4日 300円など
 Cプラン(日帰りで参加者が事前に特定できない行事)28円(最低保険料560円)

詳しくは、以下をご覧ください。
 https://www.fukushihoken.co.jp/fukushi/front/top.php

保険の受付は、和歌山県社会福祉協議会、県内の市町村社会福祉協議会へどうぞ。
Posted by 志場 久起 at 2022年03月05日(Sat)09:35 | お知らせ | この記事のURL
NPO基礎講座 in YouTube
 まもなく事業年度末を迎えるNPO法人も多いのではないでしょうか。和歌山県NPOサポートセンターでは、NPO法人の事業報告等にかかる実務、そして活動計算書のポイントをまとめた講座をYouTubeで配信。ぜひご覧ください。

★NPO法人の事業年度末実務
 事業年度終了後の手続きについて解説。


★活動計算書のポイント
 NPO法人会計基準に基づく活動計算書の記載方法等について解説。

 
Posted by 志場 久起 at 2022年03月01日(Tue)14:51 | お知らせ | この記事のURL
わかやまNPOセンターでは機器のレンタルを行っております
 わかやまNPOセンターではJR和歌山駅西口から徒歩3分の立地を活かして、事務所2階をミーティングスペースとして有償でお使いいただけます。加えて、機器のレンタルもおこなっていますので、是非ご利用下さい。

こんな機器をご利用いただけます。価格はご利用1日あたり、税込みです。
◆ ウェブ会議用のウェブカメラ・集音マイク 各500円
◆ プロジェクター(EPSON EH-TW410)
 NPOセンター会員(個人3500円、団体3000円)、その他5000円
◆ 自立型スクリーン(1500mm×1200mm)
 NPOセンター会員(個人1500円、団体1000円)、その他2000円
◆ポータブルアンプ
 NPOセンター会員(個人3500円、団体3000円)、その他5000円

※ 機器の貸し出し・返却については、和歌山ビッグ愛9階の和歌山県NPOサポートセンターで承ることが可能です(和歌山ビッグ愛の駐車場は30分以内は無料となっております)。ご相談ください。

◆ ウェブカメラ・集音マイク
 DSC_0873.jpg
 USB接続ですぐに使えます。リモコンを使ってカメラの首振りやズームも可能です。
 DSC_0872.jpg
 こちらもUSB接続ですぐに使えます。概ね半径2〜3m以内の範囲の音が拾えます。

◆ プロジェクター(EPSON EH-TW410)
 DSC_0874.jpg
 HDMI接続が可能です。プロジェクタにもスピーカーがあり、30人程度の会場であれば十分ご利用いただけます。

◆ 自立型スクリーン
 DSC_1390.jpg DSC_1393.jpg
 格納状態で長さが約1800mmありますのでご注意ください。

◆ポータブルアンプ
 DSC_1400.jpg
 すべて格納したらこんな感じです。20kgほどあり、やや重たいです。

 DSC_1403.jpg
 下側の操作卓の両側にはマイクとスピーカ−ケーブル、奥側には支柱が。

 DSC_1406.jpg
 スピーカー部分を上から差し込むとスピーカーの完成。

 DSC_1408.jpg
 その上に操作卓を載せます。

 ご希望の場合はわかやまNPOセンターまで事前にお問い合わせのうえ、ご予約下さい(073-424-2223、メール info@wnc.jp)。なお、業務等のため事務所を不在にすることがありますので、できるだけ早めにお知らせ下さい。またメールで3業務日以内にお返事のない場合はお問い合わせ下さい。
Posted by 志場 久起 at 2022年02月15日(Tue)15:44 | お知らせ | この記事のURL
近畿労働金庫「笑顔プラス」寄附金事業を実施しました
わかやまNPOセンターは、近畿労働金庫社会貢献預金「笑顔プラス」の寄附先団体として、和歌山県内の地域づくり・防災に関する取り組みを進めています。

ろうきん笑顔プラスについてはこちらをご覧ください。
https://www.rokin.or.jp/save/term/contribution_plus/

今年度は、有田地区を対象とさせていただき、有田市社会福祉協議会さまに、災害用備蓄水「なんたん水」(串本町水道局)を20ケース、乾パンを30ケース贈呈させていただきました。

2月5日土曜日に贈呈式・学習会を有田市民会館とZOOMオンラインのハイブリッドの形式で実施しました。

当日の講座の模様をYoutubeで公開しました。



DSC_0069.jpg
近畿労働金庫和歌山地区本部の小林本部長(左)から、有田市社会福祉協議会久保田事務局長(右)に寄贈品の目録を贈呈しました。

DSC_0091.jpg

その後、1953年(昭和28年)に和歌山県北部を襲った集中豪雨で、ご自身も家ごと流される被害に遭われた、有田市宮原町在住の宮本 康さんに、当時の様子を克明に振り返りながらお話しいただきました。
宮本さんは、現在のJR紀伊宮原駅付近で増水した川に家ごと流され、数キロ下流の有田市中部の山地地区まで家族とともに流され、おじいさんや近所の友だちなどを亡くされました。災害に備えた堤防等のインフラ整備も大事としつつ、想定外の災害が常に起こりうることを前提とした備えをしておくことの重要性が大事であることなどを指摘されました。

このお話の模様は準備ができましたらYoutubeで公開する予定です。
ご参加くださったみなさま、「笑顔プラス」に預金を寄せてくださったみなさま、本当にありがとうございました。

※参考資料
 NHKアーカイブ
 https://www2.nhk.or.jp/archives/311shogen/disaster_records/detail.cgi?das_id=D0010060200_00000
 当日の気象状況と被害状況(気象庁)
 https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/bosai/report/1953/19530716/19530716.html
DSC_0084.jpg
Posted by 志場 久起 at 2022年02月06日(Sun)09:06 | お知らせ | この記事のURL
随時相談受付中「外国人介護職員の検討から導入まで」
介護等の現場で人手不足に悩んでいる団体のみなさまに、外国人の介護職員のご紹介、それに関するご相談を受け付けます。

【こんな方におすすめ】
 ・外国人雇用ってどうしたらいいの
 ・実際、外国人を雇用する制度って何が違うの
 ・外国人人材ってどこの国の方がいいの
 ・今は日本人で充足してるが、将来の人手不足が不安
 ・・・など、外国人雇用について少しでも興味を持っている方からのご相談を受け付けています。フィリピンに日本語学校4校を運営し、3000名以上の紹介実績を有する実績をもとにお話します。

【主催】株式会社キャリーアップ(06-6261-0120 または 080-9599-8212、メールはi.okumoto@carry-up.com ・担当奥本さん)

【備考】
・介護施設・障がい者施設・病院等にて働く人材のご紹介が可能です。
・完全成功報酬型ですので、入社に至るまでは紹介料は一切かかりません。
・派遣ではなく法人様の直接雇用になります。

チラシはこちらからダウンロードできます(PDF・341KB)
 
Posted by 志場 久起 at 2021年10月26日(Tue)09:40 | お知らせ | この記事のURL
和歌山県NPOサポートセンターでの情報公開について
和歌山県NPOサポートセンターでは、和歌山県の条例に基づき、以下の情報公開をおこなっております。

★和歌山県が認証したNPO法人に関する以下の書類の閲覧
・定款と定款の認証に関する書類の写し
・過去5年間に提出を受けた、事業報告書・活動計算書と計算書類の注記・貸借対照表・財産目録・年間役員名簿・社員のうち10名以上の名簿
・県庁に提出のあった最新の役員名簿・登記事項証明書

★和歌山県に申請のあったNPO法人に関する認証書類の縦覧
・法人の新規設立認証に関する書類
・定款変更認証に関する書類

★ご覧いただくには
・サポートセンターにお越しいただき、閲覧請求書もしくは縦覧請求書にご記入いただけましたら、どなたでも無料でご覧いただけます(事前予約も不要です)。
・県庁県民生活課(県庁本館2階)でも同じ情報公開をおこなっています。

・NPO法人の基本情報や定款、事業報告書等は、内閣府NPOホームページ内「NPO法人ポータルサイト」でどなたでも閲覧ができます。団体名や分野からの団体検索も可能ですので、こちらもご活用ください。
 https://www.npo-homepage.go.jp/
Posted by 志場 久起 at 2021年10月09日(Sat)17:45 | お知らせ | この記事のURL
「わかやま駅前ビジョン」にイベント情報を掲載しませんか
JR和歌山駅前交差点に大型ビジョンがあるのをご存知でしょうか。
ビジョンを運営されている株式会社ロット様より、和歌山県内のNPO・ボランティア団体のみなさんに無料でイベント情報等の告知のお手伝いをします、というお申し出をいただきました。

・放送回数の指定等はできません
・放映する内容、素材等は各自ご準備ください

詳しくはこちらまで。
株式会社ロット(担当:岩倉さま)
和歌山市黒田97-6 TEL 073-476-5600 FAX 073-476-5655
https://lot.co.jp/sp01/

20210917152552_00001.jpg
Posted by 志場 久起 at 2021年09月17日(Fri)15:48 | お知らせ | この記事のURL
NPOサポートセンターでの感染症対策について
 いつも、和歌山県NPOサポートセンターをご利用いただき、ありがとうございます。
 昨年の新型コロナウイルス感染症の拡大以降、NPOサポートセンターをご利用いただく方が減少しています。手元の集計によりますと、作業スペースのご利用が感染拡大前と比較して1割〜2割程度、会議スペースのご利用は3割〜4割程度の減少となっており、トータルでも3割程度の減少が続いています。

 現在は不要不急の外出自粛のお願いも発表されている状況ですので、NPOサポートセンターにぜひお越しくださいと申し上げることもできないなかではありますが、NPOサポートセンターでおこなっている感染予防対策についてご紹介いたします。

●毎朝の清掃・消毒
 開館日は毎朝清掃をおこなっていますが、その際にセンター内の机などをアルコールスプレーを使って消毒しています。

●センターご利用時の名簿記載・清掃へのご協力
 和歌山ビッグ愛9階をご利用になられた方のなかで万一、新型コロナウイルスに感染されていた方がいらっしゃった際、濃厚接触者に該当する方を速やかに調査するために、ご利用のみなさまの住所・連絡先・体温の記載をお願いしております。保健所等からの照会があった際にはこの名簿を活用することがあります。なお、記載いただいた名簿は一定期間が経過しましたら裁断の上、処分しております。
 また、サークル活動室のテーブルで作業をされた団体のみなさまには、利用後に備え付けの住居用洗剤を使ってテーブルを拭いていただいています。ご協力ありがとうございます。

●備品等の消毒
 ご利用になられた共用のボールペンや老眼鏡などはご使用後に除菌スプレーで滅菌をしております。

●室内の換気
 和歌山ビッグ愛は全館空調が設置されており、外気が定期的に室内に取り込まれる構造になっておりますが、そのうえで、NPOサポートセンター事務室内は換気窓を開けて(雨天・強風時と夜間を除く)、サーキュレーターを活用して空気の流れをつくっています。
 サークル活動室は窓を開けることができないため、お客様の在室時にサーキュレーターで空気の流れをつくり、廊下等の空気を取り込んでいます。
 各会議室は窓を開けることができるため、会議室のドアを開け、窓とエアコンを活用して空気の流れを作っているほか、お客様にふきんをご持参いただき、終了後の机の清掃などをお願いしています。
 
●アクリルパネルの設置
 事務室、相談スペース、サークル活動室の机にはにアクリルパネルを設置しており、飛沫等の拡散を抑制しています。

●定員の抑制
 サークル活動室内の定員は事務スタッフを含めて15名以内とさせていただいています。会議室も通常定員の半分にさせていただいています。


 NPOサポートセンターでは様々な対策をおこなっていますが、ご利用のみなさまにおかれましても、検温(和歌山ビッグ愛入り口にサーモグラフィがあります)、マスクの着用、適宜の手指消毒など、感染症防止へのご協力をいただきますようお願いいたします。
Posted by 志場 久起 at 2021年09月09日(Thu)15:14 | お知らせ | この記事のURL
わかやまSDGsパートナーシップ 基金へのご寄附のお願い
 国連で採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」の達成には、世界のあらゆる国、あらゆる主体が参画することが求められています。ここ和歌山の地で、SDGs 達成に向けた取り組みを進める産・官・学・民の連携を進めるための基金「わかやまSDGs パートナーシップ基金」を発足します。
 今年度は、今なお影響が色濃く残る「新型コロナ」に負けず活動を続けるNPO の支援に取り組みます

【ここがポイント!】
◆ 地域の諸課題は時とともに移り変わっていきます。SDGsの17の目標をベースに年度ごとにテーマを設定し、該当する活動を支援します。
◆ 本基金による支援先となるNPO等に限らず、本基金に携わるみなさまによるSDGs達成に向けた活動を、わかやまNPOセンターが作成しているNPO 紙面「わかつく」(わかやま新報隔週金曜連載)やYouTubeなどの媒体で発信します。
基金へのご寄附は寄附金税制の対象となります。個人のご寄附の場合は確定申告で所得税等の還付対象に、法人のご寄附の場合は寄附金等の損金算入限度額の拡大対象となります。

【支援の方法】
◆ NPO・ボランティア団体から支援のご要望を募り、わかやまNPOセンターが設置する審査委員会を経て、優先度合いが高いと判断された団体に対し、基金から支援を実施します
◆ 支援は、個人・事業所等からのご寄附を原資にして、資金支援(助成等)、非資金支援(講師や専門家の派遣、助言、情報発信等)の2通りを実施します

【ご寄附の方法】
◆ 1口3,000円から受け付けます。現金によるお支払いのほか、銀行振込(振込手数料はご負担ください)、クレジット決済(振込手数料はかかりません)がご利用いただけます。
 申込書(Word形式・17.4KB)に必要事項を記入して、わかやまNPOセンターまでメール(info@wnc.jp)でお知らせの上、入金ください(銀行口座・クレジットカード決済方法は申込書に記載しております)
◆ 次年度以降も継続してご支援いただける場合は銀行口座からの自動引落、クレジットカードからの継続決済のご利用が可能です。詳しくはわかやまNPOセンターまでお問い合わせください(info@wnc.jp)。

【ご寄附申込み・お問い合わせ先】
認定特定非営利活動法人 わかやまNPO センター
〒640-8331 和歌山市美園町5-6-12 TEL 073-424-2223(火曜〜金曜の10時〜17時) FAX 073-423-8355 E-mail info@wnc.jp
※ 事務所不在時のお電話は和歌山県NPOサポートセンターに転送されます。

20210904SDGs.jpg
 
Posted by 志場 久起 at 2021年09月02日(Thu)18:34 | お知らせ | この記事のURL
ベーシックガバナンスチェックのご案内 ガバナンスの『健康診断』を受けてみませんか?
 ベーシックガバナンスチェックとは、非営利組織の組織運営について、法令・定款に基づいた基本的なガバナンスが適切に行われているかどうかを評価するものです。結果はベーシックガバナンスチェックリスト(https://jcne.or.jp/org/)で公開され、継続的に第三者評価を受け、情報開示に積極的な透明性の高い団体であることを社会へアピールできます。
 このガバナンスチェックを受けていることを加点評価、もしくは提出書類の一部省略などが適用される助成金事業も増えています。和歌山県内でチェックを受けてみたい団体のみなさん、和歌山県NPOサポートセンター(担当:志場)もしくは、非営利組織評価センターにお問い合わせください。

【対象法人】特定非営利活動法人(認定を含む)
      一般社団・財団法人法人(非営利型・理事会設置型)
      公益社団・財団法人、社会福祉法人
【費 用】 普及期間のため無料で提供
【評価有効期間】3年間(更新制)
お申込みページ https://jcne.or.jp/catalog/

ご案内PDFはこちら(1.2MB)>

【主 催】一般財団法人非営利組織評価センター
Posted by 志場 久起 at 2021年09月01日(Wed)16:56 | お知らせ | この記事のURL
【和歌山県NPOサポートセンターご利用者アンケート】
和歌山県NPOサポートセンターをご利用のみなさまを対象としたアンケート調査を実施致しております。「いま」の「みなさま」の声をお聞かせください。

※ このアンケートは不定期に実施します。時期によってはアンケート調査ページを閉鎖していることもありますので、ご了承ください。

【アンケートはこちらからご回答いただけます】
https://docs.google.com/forms/d/1YOngbLl5cs44WP66V4BGv_xmRcM1uZwJG4x9yQCCBME/edit
Posted by 志場 久起 at 2021年07月16日(Fri)20:18 | お知らせ | この記事のURL
第3回新型コロナウイルス感染症に関するアンケート結果(追加調査)について
 わかやまNPOセンターではこの春に実施した「第3回新型コロナウイルス感染症に関するアンケート」(結果概要 https://blog.canpan.info/wnc/archive/5459)にご回答をいただいた和歌山県内のNPO・ボランティア団体を対象に追加調査を実施し、33団体から回答をいただきました。

【主な概要】
 ・感染予防にまつわる資材のニーズが引き続き高いことがうかがえます
 ・オンラインによる様々な取り組みへの興味が高まっていることがうかがえます
 ・オンライン会議は時間・費用の削減、参加しやすさなどのメリットの反面、実際に顔を突き合わせないことによる空気感の欠如や操作に不慣れな方がいると余計に時間がかかることなどのデメリットを感じているようです
 ・行政・企業・NPO支援組織それぞれに、感染対策資材、オンライン会議開催支援などの一定のニーズがあることがわかりました

アンケート概要はこちらからダウンロードできます(PDF形式・795KB)
 
Posted by 志場 久起 at 2021年07月02日(Fri)17:49 | お知らせ | この記事のURL
NPOサポートセンターの印刷機をご利用のみなさまへのお願い
いつも、和歌山県NPOサポートセンターをご利用いただき、ありがとうございます。
さて、新型コロナウイルス感染症の拡大が収まり始め、サポートセンターの印刷機のご利用が増加する傾向にあります。
みなさまにご利用いただくために、以下の点にご留意いただきますようお願いいたします。

DSC_0745.jpg

●以下の場合は5業務日前までにお知らせください
 ・合計1,000枚以上の印刷をされる場合
 ・A4サイズ以外の色上質紙、A4・A3サイズの高白色紙、封筒を印刷される場合

 事前のお知らせがありませんと、在庫切れを発生させ、みなさまにご迷惑をおかけすることがあります。なにとぞご協力をお願いいたします。

●以下の点にもご留意ください
 ・印刷機のご利用予約はできません
 ・大量の印刷をされる場合は適宜、後ろの順番の方にもお譲りください
 ・ハガキ以外の用紙はサポートセンターでご用意します。
 ・ハガキは通常はがきのみ利用できます(インクジェット用紙・写真用紙等は利用できません)
Posted by 志場 久起 at 2021年06月27日(Sun)14:53 | お知らせ | この記事のURL
和歌山県データ利活用推進センター について
南海和歌山市駅ビル5階に総務省統計局・統計データ利活用センターなどと共同で設置されている、「和歌山県データ利活用推進センター」では、各種統計データの活用支援をおこなっています。

NPO等のみなさんも地域課題の可視化等にお役立ていただけるかもしれません。興味のある方はぜひお問い合わせください。

和歌山県データ利活用推進センター
 和歌山市東蔵前丁3番17 南海和歌山市駅ビル5階
 TEL:073-488-2430
 FAX:073-488-2432
 E-mail:e0201001@pref.wakayama.lg.jp
https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/020100/data/index.html
Posted by 志場 久起 at 2021年06月25日(Fri)10:17 | お知らせ | この記事のURL
| 次へ