CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | イベント情報【保健・福祉・医療】»
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/wnc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/wnc/index2_0.xml
「未来を彩る花の郷づくり事業補助金」のお知らせ

県内外から多くの人々が訪れる花の名所づくりに取り組み、地域活性化を図ることを目的として、
未来の観光資源となる花の名所を創るために樹木の植栽に取り組む活動等に対し補助します。

【募集期間】2022年 5月23日(月) 〜 6月30日(木)まで


<対象となる事業>
1. 植樹事業
 多くの人々が訪れるような眺望を創り、景観資産となる樹木(花の咲く木や紅葉する木などで、
 原則、和歌山県郷土樹種使用指針に定められた郷土樹種)の植栽に対する補助。

 【対象経費の例】
 苗木や支柱、肥料、防護ネット等の購入費、植栽用地の整備に係る費用など

2.環境整備事業
 来訪者の増加を目的とした環境整備に対する補助。
 (ただし、本補助金の植樹事業に併せて実施するものに限ります。)   

 【対象経費の例】
 案内掲示板の設置費用、簡易な駐車場や歩道の整備に係る費用など

3.交流推進事業
 樹木に愛着を持ち、継続的に育成管理に関与することを目的としたイベントの開催に対する補助。
 (ただし、本補助金の植樹事業に併せて実施するものに限ります。)

 【対象経費の例】
 イベント開催時に使用する備品のレンタル料など


<補助率及び補助上限額>
補助率:補助対象経費の10/10以内

補助限度額:予算の範囲内で知事が決定します。(うち、交流推進事業については、
      植樹事業に係る補助金の交付額の1/2の額を補助限度額とします)

<対象者>
市町村及び県内に事業所を有する法人その他の団体(自治会等も可)で、
補助事業完了後も責任を持って継続的に樹木の育成管理を行える団体。

<応募方法>
所定の応募用紙に必要書類を添えて、事業実施場所を所管する振興局地域課へ2部提出願います。
参照: https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/020200/hananosato.html

<問い合わせ先>
和歌山県 企画部 地域振興局 地域政策課 (担当:菊地悠太)
〒640-8585 和歌山市小松原通1丁目1番地
TEL: 073-441-2371 / FAX: 073-441-2377
E-mail: kikuchi_y0001@pref.wakayama.lg.jp
Posted by 阪口 at 2022年05月24日(Tue)15:31 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
『「みんなに男女共同参画」提案事業 企画提案の募集』のお知らせ
女性にとっても男性にとっても生きやすい「元気な和歌山」を実現するため、県内のNPOなどの地域活動団体が男女共同参画に向けた取組を推進する事業の企画提案を募集します。優秀な提案については、当該提案を行った団体に事業委託を行います。

1 募集する企画提案のテーマ
(1) 政策・方針決定過程での女性の参画の拡大
(2) 働く場と家庭における男女共同参画の推進
(3) さまざまな分野における男女共同参画の推進
(4) 男女間のあらゆる暴力の根絶
(5) 男女が互いの性を尊重する意識づくり
(6) 困難な状況に置かれている人への支援

2 対 象  
 県内のNPOなど地域で活動している団体・グループ等

3 採択数
 5企画(予定)

4 委託費
 企画ごとに5万円を上限

5 募集期間
 2022年 6月1日(水) から 7月20日(水) (必着)

6 申込み方法
 郵送または来所により企画提案書を提出
 (7月20日まで)「みんなに男女共同参画」提案事業企画提案の募集.pdf

7 採否の決定
 8月上旬に採否の結果を団体に通知する予定

8 要項等の配布及び申込み・問合せ先
 和歌山県男女共同参画センター “りぃぶる”
 〒640-8319 和歌山市手平2-1-2 和歌山ビッグ愛9階
 TEL:073-435-5245/FAX:073-435-5247
 E-mail:e0315011@pref.wakayama.lg.jp
 月曜・祝日を除く9時〜17時30分
 ホームページ(http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/031501/)からも
 要項及び企画提案書の様式等がダウンロードできます。
Posted by 阪口 at 2022年05月24日(Tue)14:54 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」のお知らせ
本活動は待機児童問題の解消に向け、保育所または放課後児童クラブの受け皿拡大・質の向上、
および利用者の多様なニーズに対応した事業を推進するうえで、必要な環境整備に対し助成するものです。

【募集期間】2022年 5月17日(火)〜6月30日(木)

≪助成対象(1)≫(1施設当たり上限額35万円)
休日・夜間保育事業、病児・病後児保育事業、延長保育事業、一時預かり事業等に必要な施設の整備、備品の購入等に係る費用またはコロナ対策費

応募資格:以下の@〜Bのすべての条件を満たす事業者
@社会福祉法人・株式会社・特定非営利活動法人等の法人格を有していること
A以下のいずれかの施設を運営していること
 a. 認可保育所
 b. 地域型保育給付の対象となっている小規模保育施設
 c. 地域型保育給付の対象となっている事業所内保育施設
 d. 地域型保育給付の対象となっている家庭的保育施設
 e. 「認可外保育施設指導監督基準」に基づく保育施設

 ※認可外保育施設は行政より発行される「認可外保育施設指導監督基準」を満たす旨の証明書を提出できない場合は応募の対象外
 ※認定こども園は応募の対象外
B休日・夜間保育事業、病児・病後児保育事業、延長保育事業、一時預かり事業等を実施していること
 ※通常の保育事業に加え、上記Bいずれかの事業実施で応募可
 ※新たにBのいずれかの事業を実施する場合2023年4月末までに実施すること
 ※新型コロナウイルス感染症の影響で上記事業を取り止めている場合も応募可


≪助成対象(2)≫(1施設当たり上限額20万円)
放課後児童クラブの受け皿拡大や質の向上に必要な設備の整備、備品の購入等に係る費用またはコロナ対策費

応募資格:「放課後児童健全育成事業実施要綱」に基づき、市町村からの委託事業・補助事業・代行事業(指定管理者制度)等の
事業形態をとっており、行政からの補助を得て、放課後児童クラブの運営を行っていること


【助成金額】助成対象(1)助成対象(2)合わせて総額2,500万円

<応募方法>
https://www.seiho.or.jp/activity/social/support/guideline/ に従ってWEB上よりお申し込みください。


<問い合わせ先>
生命保険協会 広報部内「子育てと仕事の両立支援」事務局
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目4番1号 新国際ビル3階
TEL: 03-3286-2643
HP: https://www.seiho.or.jp/activity/social/support/guideline/
※お問い合わせの際は、HP掲載の「よくあるご質問」を確認してください。

PDFもご参照ください。
6月30日まで「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」募集要項.pdf
Posted by 阪口 at 2022年05月20日(Fri)15:17 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
JCNE助成金活用セミナー「募集要項の読み方」のお知らせ
非営利組織評価センターの組織評価・認証制度について、助成プログラムでの活用が少しずつ拡がっています。助成金申請書で組織評価の実績を記載したり、助成決定した団体にベーシックガバナンスチェックを受けてもらうなど、助成財団と連携しています。
そこで、組織評価をすでに活用して、あるいはこれから活用して組織基盤強化を図りたいと考えている団体を対象に、組織基盤強化の観点から助成金の活用をお伝えするセミナーを企画しました。オンラインで1時間、助成金について手軽に学べる講座となります。

【日 時】2022年 6月16日(木)10:00〜11:00(開場9:50)
【場 所】Zoom(オンライン)
【参加費】無料(要事前申し込み)
【対 象】以下の3つの条件、すべてに当てはまる団体関係者
 @法人格のあるNPO(NPO法人、一般法人、公益法人、社会福祉法人)
 A団体や事業の成長のために助成金を活用したい団体
 BJCNEの組織評価を活用して組織基盤強化を図りたい団体
 ※条件を満たしていない場合は参加をお断りすることがあります。
  あらかじめご承知おきください。
 ※その他、参加特別枠をご用意しています。
【定 員】50名
【締 切】2022年 6月15日(水)10時


<主催>
(一財)非営利組織評価センター / 助成:(公財)日本財団

<申し込み>
https://jcne20220616.peatix.com/
Peatixのサイトに移動します。右のチケット購入からお申込みください。
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
Posted by 阪口 at 2022年05月18日(Wed)13:22 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
(5月30日締切)幼稚園・保育園等に太陽光発電設備を寄贈 「そらべあスマイルプロジェクト」のお知らせ
NPO法人そらべあ基金は、地球温暖化の抑制を目的に、再生可能エネルギーの普及啓発と未来を担う子どもたちへの環境教育活動を行うため「そらべあスマイル プロジェクト」を実施しております。

このたび、第80基目、第81基目、第82基目となるそらべあ発電所(太陽光発 電設備)の寄贈を行う公募を実施しており、今月5月30日(月)が締め切りとなっております。

【募集期間】2022年 5月30日(月)まで応募書類必着

〇応募資格
小学校就学以前の児童向け教育・保育施設、公立・私立などは問いません。
※太陽光発電設備の設置場所を独自に確保できない集合住宅内施設などには対応 できないことがあります。  

〇寄贈設備
太陽光発電設備の無償寄贈 (最大出力5kW相当の設備一式)
※取り付けに必要な工事費等は、特別な場合(設置場所の補強等)を除き無償で す。設備・設置に関わる応募園様の費用のご負担はございません。

〇協賛企業 ソニー生命保険株式会社

〇寄贈数 3基(1園につき1基の「そらべあ発電所」を無償設置します)


<応募方法>
下記リンクから応募書類をダウンロードし必要事項を記入の上、メールまたは郵 送でご応募ください。
https://www.solarbear.jp/applications/2416/

<問い合わせ先>
NPO法人そらべあ基金
東京都港区新橋2-5-6大村ビル8階
TEL: 03-3504-8166
FAX: 03-5157-3178
担当: 下川(しもかわ)
Posted by 阪口 at 2022年05月13日(Fri)15:18 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
「Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs 【海外助成】2022年募集」のお知らせ
公募概要は以下のとおりとなっております。
詳細は応募要項・手引をご確認ください。

【助成対象団体】
 新興国・途上国で貧困の解消に取り組むNGO ※その他団体要件あり

【助成対象事業】
 第三者の多様で客観的な視点を取り入れた組織診断または組織基盤強化

【助成金額】
 組織診断からはじめるコース  :1団体への上限100万円
 組織基盤強化からはじめるコース:1団体への上限200万円

【助成総額】
 新規助成・継続助成を合わせて1,500万円 

【助成事業期間】
 組織診断からはじめるコース  :2023年1月1日〜8月31日(8ヶ月)
 組織基盤強化からはじめるコース:2023年1月1日〜12月31日(1年)
 ※継続助成の仕組みがあります。

【応募受付期間】
 2022年7月15日(金)〜7月31日(日)必着

【応募方法】
 応募要項、応募用紙、手引は、以下よりダウンロードください。
 https://holdings.panasonic/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_summary/2022_recruit.html


【公募説明会・組織基盤強化セミナー】
 公募説明会を兼ねた「組織基盤強化セミナー・ワークショップ」を開催をします。
 詳細は以下をご覧いただき、お申込みください。
 https://holdings.panasonic/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_koubo_2022.html



<問い合わせ先・応募先>
特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター(JANIC)
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 アバコビル5階
担当:塚原・伊藤・山田
TEL: 03-5292-2911 / FAX: 03-5292-2912
E-mail: pnsf-sdgs@janic.org

総合事務局:パナソニック株式会社
協働事務局:特定非営利活動法人国際協力NGOセンター
Posted by 阪口 at 2022年05月10日(Tue)18:08 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
「Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs 【国内助成】2022年募集」のお知らせ
公募概要は以下のとおりとなっております。
詳細は応募要項・手引をご確認ください。

【助成対象団体】
 日本国内の貧困の解消に取り組むNPO ※その他団体要件あり。

【助成対象事業】
 第三者の多様で客観的な視点を取り入れた組織診断または組織基盤強化

【助成金額】
 組織診断からはじめるコース  :1団体への上限100万円
 組織基盤強化からはじめるコース:1団体への上限200万円

【助成総額】
 新規助成・継続助成を合わせて1,500万円 

【助成事業期間】
 組織診断からはじめるコース  :2023年1月1日〜8月31日(8ヶ月)
 組織基盤強化からはじめるコース:2023年1月1日〜12月31日(1年)
 ※継続助成の仕組みがあります。

【応募受付期間】
 2022年7月15日(金)〜7月31日(日)必着

【応募方法】
 応募要項、応募用紙、手引は、以下よりダウンロードください。
 https://holdings.panasonic/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_summary/2022_recruit.html


【公募説明会・組織基盤強化セミナー】
 公募説明会を兼ねた「組織基盤強化セミナー・ワークショップ」を開催をします。
 詳細は以下をご覧いただき、お申込みください。
 https://holdings.panasonic/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_koubo_2022.html


<問い合わせ先・応募先>
特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-4-3日本橋MIビル1階
担当:霜田・坂本
TEL: 03-5623-5055 / FAX: 03-5623-5057
E-mail: support-f@civilfund.org

総合事務局:パナソニック株式会社
協働事務局:特定非営利活動法人市民社会創造ファンド
Posted by 阪口 at 2022年05月10日(Tue)18:01 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
「あしたのまち・くらしづくり活動賞」のお知らせ
このたび(公財)あしたの日本を創る協会では、本年度も全国各地で地域づくりに
取り組む優れた地域活動団体を顕彰する「あしたのまち・くらしづくり活動賞」を
実施します。

【募集概要】
「あしたのまち・くらしづくり活動賞」
〜地域づくりに取り組む活動レポートを募集します〜
http://www.ashita.or.jp/prize/index.htm

◇概要
地域が直面するさまざまな課題を自らの手で解決して、住み良い地域社会の創造を
めざし、独自の発想により全国各地で活動に取り組んでいる地域活動団体等の活動
の経験や知恵などのストーリーをレポートとしてぜひお寄せください。

◇募集の対象
地域住民が自主的に結成し運営している地域活動団体、または、地域活動団体と積
極的に連携して地域づくりに取り組む企業、商店街、学校等。活動に2年以上取り
組み、大きな成果をあげて活動している団体。活動範囲については、市区町村地域
程度まで。(※コロナ禍以前の活動でも応募可能です)

◇表彰(予定)
内閣総理大臣賞 1件(賞状・副賞20万円)
内閣官房長官賞 1件(賞状・副賞20万円)
総務大臣賞   1件(賞状・副賞20万円)
主催者賞    5件(賞状・副賞5万円)
振興奨励賞  20件(賞状)

◇応募締切
令和4年7月4日(月)

◇応募の方法
次の書類をEメール(prize@ashita.or.jp)でご提出ください(郵送、宅配便も可)。
@応募用紙(HPからダウンロードできます)
A応募レポート(2,000字程度)
B写真(5、6枚程度)

◇募集要項URL
http://www.ashita.or.jp/prize/index.htm

<問い合わせ・応募先>
公益財団法人あしたの日本を創る協会
〒113-0033 東京都文京区本郷2−4−7 大成堂ビル4階
TEL: 03-6240-0778 / FAX 03-6240-0779
E-mail: prize@ashita.or.jp
Posted by 阪口 at 2022年05月10日(Tue)17:50 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
「パブリックリソース財団 感動体験支援基金」のお知らせ
子どもたちに”感動体験”を提供するNPOへの資金支援を実施いたします。

本基金は、経済的に困難な状況下にいる子どもたちに対して“感動体験”を提供することによって、
子どもたちが多様な生き方・働き方を知り、自らの人生を自分自身で切り拓く力を得て、
将来的な貧困状態の解消と世代間連鎖を断ち切ることを支援するものです。

・支援金額:上限150万円/件(単年度助成)
・支援団体数:2団体程度
・助成対象期間:2022年8月〜2023年7月末
・支援対象:NPO法人、一般社団法人、社会福祉法人、公益法人などの非営利組織(法人格の有無は問いません、任意団体も可)
・公募期間:5月10日(火)〜6月14日(火)17:00まで

基金の詳細、ご応募についてはこちらからご確認ください。
https://www.public.or.jp/project/f0166

※本基金は、協働団体:一般社団法人プロジェクト希望、基金運営:公益財団法人パブリックリソース財団、で運営しております。


<問い合わせ先>
公益財団法人 パブリックリソース財団
感動体験支援基金 事務局(担当:渡辺・鴫原)
〒104-0043 東京都中央区湊2-16-25-202
TEL: 03-5540-6256 / FAX: 03-5540-1030
HP: http://www.public.or.jp
Posted by 阪口 at 2022年05月10日(Tue)17:45 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
「SOMPO福祉財団 自動車購入費助成」のお知らせ
SOMPO福祉財団では、西日本に所在し主として障害者の
福祉活動を行う団体を対象に「自動車購入費助成」を募集します。

1. 助成金額
 総額1,500万円(1件150万円まで)

2.募集要領
(1)助成対象者
 以下の条件をすべて満たす団体が対象です。
 @西日本地区に所在する団体
  滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡 山県・
  広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・
  熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
 A主として障害者の福祉活動を行う特定非営利活動法人。
  ※加齢に伴う障害者(高齢者)の福祉活動を行う団体は除きます。

(2)申込方法
 インターネットで申請をしてください。
 財団HPの申込フォームに必要事項をご入力のうえお申し込みください。
 SOMPO福祉財団HP https://www.sompo-wf.org/ 

(3)募集期間
 2022年6月1日(水)〜7月8日(金)17時まで

(4)選考方法と結果の通知
 2022年9月に開催予定の選考委員会で選考し、その選考結果をお申し込みいただいた団体にご連絡します。                 

<問い合わせ先>
(公財)SOMPO福祉財団
TEL: 03-3349-9570
E-mail: office@sompo-wf.org
Posted by 阪口 at 2022年05月10日(Tue)17:39 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
『さなぶり・休眠預金事業「女性のエンパワメントで高める地域の防災力リーダー育成事業」助成 公募開始』のお知らせ
地域創造基金さなぶりでは、「女性の活躍が災害の困難を軽減する地域創り」を提案し、「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律」(平成 28 年法律第 101 号)(以下、「同法」という。) における資金分配団体(以下、「資金分配団体」という) として採択され、指定活用団体である一般財団法人日本民間公益活動連携機構(以下、「JANPIA」という) からの助成を受けて本助成事業を実施することになりました。

以下の通り、選定された事業内容に基づく事業を実施するための実行団体の公募・選定・助成を行います。

◆公募事業の概略
申請団体が主体となって行う、以下の事柄を含む事業を助成対象とします。

1) 地域の女性たちのエンパワメント(リーダーシップの醸成(※))を通じ、防災・減災にかかる人材育成プログラムであること。

2)  人材育成プログラムが、座学形式だけではなくOJT等の実践形式を含む構成となっており、事業期間中に当該育成プログラムが2サイクル行われること。

3)  1サイクルの研修中、1回以上は過去の大規模自然災害の被災地(阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震、西日本豪雨)への宿泊研修を含むこと(旅費等は全額助成金経費として計上可)。

4) 上記1)〜3)を中核とし、事業地域において女性と災害弱者に配慮をした活動をしていく際に必要となる、地域内関係者(男女を問わず)の理解醸成を目的とした取組み。

5)  本育成プログラム修了者による地域での防災・減災活動の実施をサポートすること。

◆助成額等
・実行団体への助成総額: 総額2.1億円・7件程度を目途
・1実行団体あたりの助成額: 3年・3,000万円 
・助成比率:事業費総額の8割/自己負担:2割(評価関連経費を別途加算)
・助成期間(実行団体の事業実施期間)2022年8月〜2025年2月28日まで
・対象となる活動地域: 国内いずれの地域

【申請締切】2022年 6月20日(月) 17:00まで 

・オンライン説明会+個別相談のご利用を強くお勧めします。

◆オンライン説明会:定員50名
 日程@:5月9日(月)14:00〜15:00
 日程A:5月10日(火)19:00〜20:00
 日程B:5月16日(月)14:00〜15:00
 日程C:5月16日(月)19:00〜20:00

◆個別相談会:各2枠、オンライン(Zoom)にて(※)
 @:5月9日(月)15:00〜16:00
 A:5月9日(月)16:00〜17:00
 B:5月9日(月)20:00〜21:00
 C:5月10日(火)20:00〜21:00
 D:5月16日(月)15:00〜16:00
 E:5月16日(月)16:00〜17:00
 F:5月16日(月)20:00〜21:00

 ※個別相談は電話での対応も可能です。ご相談は1回に限定してはおりません。

◆申込/個別相談予約:
以下リンクよりご希望の会をお申込みください。
http://ptix.at/Vq73MP

◆提出書類等
申請に必要な様式などについては、公募要項をご確認ください。
公募要項などは以下サイトよりダウンロードください。
https://sanaburifund.org/shiensupport/2022/05/17695/

<問い合わせ>
公益財団法人 地域創造基金さなぶり
〒980-0804 仙台市青葉区大町1-2-23桜大町ビル602
TEL: 022-748-7283 FAX: 022-748-7284 (受付時間 9 時-17 時)
Mail:DA2021@sanaburifund.org
担当 三浦・神谷(かべや)

※現下の社会情勢を考慮し、事務所勤務を減らしています。担当者が事務所に不在にしていることが多いため、電子メールでのご相談を推奨しています。
Posted by 阪口 at 2022年05月07日(Sat)15:24 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
「新宮市まちづくり市民活動補助金活用事業」のお知らせ
NPO等のみなさんが行う公益的な事業に対し、事業費の1/2以内かつ上限30万円を補助します。

【対象事業】
・熊野デザイン事業
 熊野新宮らしいまちづくりに寄与する事業
・協働推進事業
 地域課題の解決のために取り組む事業

【申請期間】
 通年(予算額に達し次第終了)

<問い合わせ先>
新宮市商工観光課
TEL: 0735-23-3333 (内線3005)
https://www.city.shingu.lg.jp/info/427
Posted by 阪口 at 2022年05月01日(Sun)12:22 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
『海南市「まちづくりイベント事業」募集 』のお知らせ
海南市民自らが企画・実施し、市民の誰もが参加でき、本市の特性を活かし、 地域の活性化、イメージアップにつながるイベントに対し事業費の一部を支援し ます。

【実施期間】令和4年 7月1日(金) 〜 令和5 年2月28日(火)
【申込期間】令和4年 5月6日(金) 〜 5月27日(金)
【審査方法】選定委員会での書類審査と応募団体が行うプレゼンテーション審査(発表)を 6月下旬に実施予定
【助成限度額】交付対象経費の90%(上限25万円)

<その他>
・応募団体や応募事業の内容、審査結果などにより、交付金の対象外となる場合もあります。
・新型コロナウイルス感染症の今後の状況によっては、事業を中止していただく場合もあります。

<問い合わせ先>
海南市企画財政課
TEL: 073-483-8405

<参考>
過去開催イベントは下のウェブサイトよりご確認いただけます。
https://www.city.kainan.lg.jp/kakubusho/soumubu/kikakuzaiseika/kikakuzaiseikatorikumi/machidukuri_event/1372827319331.html
Posted by 阪口 at 2022年05月01日(Sun)12:13 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
『「第6回 日本女性学習財団 未来大賞」レポート募集 』のお知らせ
テーマは「出発・再出発」。男女共同参画社会、多様な人々が生きやすい社会の実現に向けて、次への一歩を踏みだしたい人/踏みだした人(踏みだす人を支援する人・グループも可)の想いやその過程などをまとめたレポートを募集します。
入学・再入学、就職・再就職、地域デビュー、起業、NPO設立、災害からの復興など…幅広い領域を対象とします。
たくさんのご応募をお待ちしています。


【 賞 】 大賞 1 篇(奨励金 10万円)

【応募資格】趣旨に関心をお持ちの個人およびグループ。性別・国籍を問いません。

【締 切】 2022年 8月31日(水) (当日消印有効)

詳細は以下のウェブサイトをご確認ください。募集要項、応募用紙等、ダウンロードできます。
https://www.jawe2011.jp/nii_awards/index2022.html
Posted by 阪口 at 2022年04月28日(Thu)09:55 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
『ファイザープログラム「心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援」第22回新規助成 募集開始』のお知らせ
======================================================
 ファイザープログラム

「心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援」

 第22回新規助成 募集開始のお知らせ
======================================================

このプログラムは、ヘルスケアを重視した社会の実現に向けて、「心とからだのヘルスケア」の領域で活躍する市民団体や
患者団体・障がい者団体のみなさまによる、「健やかなコミュニティづくり」の試みを支援することを目的としています。

なお、新型コロナウイルス感染症によって⼤きく傷ついた「健やかなコミュニティ」が市⺠の⼒でいち早く回復することを願い、
そのような取り組みも応援します。

【助成対象プロジェクト(重点課題および市民研究)】
 (1) 当事者が主体となって、市⺠や専⾨家と協⼒して進める取り組み

 (2) 関係する団体等と連携し、ネットワークを強化し広げる取り組み

 (3) 現場の視点から新たな課題を発掘し、その解決を⽬指す取り組み 

 その他、新たな発想による独創的で試行性の強い取り組み

【助成金額・助成件数】
1件あたり50万円〜300万円。今年度の総額は1,500万円を予定。

【助成期間】
2023年1月1日から12月31日までの1年間
なお、助成を受けた団体は、次年度以降も応募が可能で、複数年の助成を受けられる場合があります。

【応募期間】
2022年6月13日(月)〜6月30日(木)【必着】
※応募要項・応募企画書(応募用紙)・応募企画書作成の手引きは、下記ウェブサイトから入手ください。
https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/philanthropy/pfizer_program/announce/index.html#oubo


<主 催>
ファイザー株式会社
http://www.pfizer.co.jp/

<問い合わせ>
特定非営利活動法人市民社会創造ファンド
ファイザープログラム事務局(担当: 山田・坂本)
TEL: 03-5623-5055 / FAX: 03-5623-5057 
E-mail: pfp@civilfund.org

<企画・運営協力>
特定非営利活動法人市民社会創造ファンド
http://www.civilfund.org/
Posted by 阪口 at 2022年04月26日(Tue)17:35 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
コロナに負けるな!浅井スクスク基金
 コロナ禍においてまだまだ厳しい状況にある子どもやその家庭に対し て、新たな取り組みを行おうとしている非営利団体に対して助成を行います。

【助成対象】
次のいずれにも該当する団体 になります(詳細は募集要項をご参照ください)
 ・法人設立から3年以上の非営利法人
 ・これまでにも子どもや家族を対象にした事業を行っている団体(学習支援、居場所、学童、子ども食堂、職業支援、文化芸術活動など)で、今年から新たに始めようとする事業がありその資金が足りない団体

【支援対象事業期間】
 原則として 2022年5月1日から 2022年12月31日までに行う事業
 ※すでに本年4月以降から始めている事業でも応募できます

【支援内容】1件あたり原則として20万円〜50 万円
【助成件数】20団体程度(全国)
【応募期間】4月25日(月)〜5月30日(月)当日消印有効

【主催】公益財団法人公益推進協会
 詳細はウェブサイトをご覧ください。
 https://kosuikyo.com/
 
Posted by 志場 久起 at 2022年04月20日(Wed)09:10 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
JPBVソーシャルビジネス支援プログラム「WILL」2022@オンライン
 日本における「価値を大切にする金融」の普及と実践を目的として2018年12月に設立された「JPBV」に賛同する金融機関の役職員が、仕事で培ったスキルや経験等を生かして、ソーシャルビジネスを半年間応援するプログラムです。

【対象団体】会費・寄付を「本気で」集めたい団体で、定例オンライン会議にすべて参加できること(ほかにも条件あり)
【締め切り】5月27日(金)23:59必着
【主催】合同会社めぐる
 詳細はウェブサイトをご覧ください。
 https://jpbv-social.theblog.me/posts/33789223
Posted by 志場 久起 at 2022年04月19日(Tue)19:50 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
「公園・夢プラン大賞2022」のお知らせ
この賞は、全国の公園緑地を舞台に、市民による自由な発想で実施されたイベントや活動、これからやってみたいアイデア・プランを募集し、審査表彰するもので、公園を楽しく使いこなす人々をさらに増やしていくことを目指しています。

<募集期間>
2022年4月22日(金)〜2022年9月30日(金)

<問い合わせ・申込先>
一般財団法人公園財団 「公園・夢プラン大賞」係
〒112-0014 東京都文京区関口1-47-12 江戸川橋ビル 2階
TEL: 03-6674-1188 (担当:川田・森崎)
FAX: 03-6674-1190
E-mail: yumeplan@prfj.or.jp

詳細は以下HPもしくはチラシをご確認ください。
http://yumeplan.prfj.or.jp/

「公園・夢プラン大賞2022」1.png
「公園・夢プラン大賞2022」2.png
Posted by 阪口 at 2022年04月19日(Tue)10:31 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
社会技術研究開発センター 社会技術研究開発事業
 SDGsを含む社会の具体的な問題の解決や、新たな科学技術の社会実装に関して生じる倫理的・法制度的・社会的課題への対応を通して、経済的価値のみならず、新しい社会的・公共的価値の創出を目指した研究開発を推進します。

【募集分野】
(1)科学技術イノベーション政策のための科学研究開発プログラム
(2)科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラム
(3)SDGsの達成に向けた共創的研究開発プログラム(SOLVE for SDGs)

【支援額】1年あたり400万〜1,900万円(分野により異なります)
【締め切り】
 分野(1)は5月9日(月)正午
 分野(2)・(3)は6月8日(水)正午

【対象】原則として研究者への助成となりますが、NPO法人を含む各種団体に所属する方も応募できます。

【主催】国立研究開発法人 科学技術振興機構
 詳細はウェブサイトをご覧ください。事前説明会もあります。
 https://www.jst.go.jp/ristex/proposal/proposal_2022.html
 
Posted by 志場 久起 at 2022年04月08日(Fri)15:45 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
地域の資金循環とそれを担う組織・若手支援者を生み出す人材育成事業
 全国の地方都市において、「地域の課題解決を支える地域の資金循環(ファンド)機能とそれを担う組織及び若手人材を生み出し、育む事業」に対するスタートアップ支援助成を行います。助成先が、資金仲介組織として資金調達や案件形成を助成期間(3年間)に取り組むことで自律的に経営できる状況まで成長することを目指します。

【助成額】1件あたり最大2,200万円、4団体程度
【対象期間】2022年7月1日〜2025年2月28日
【活動地域】全国の地方都市(重点地域の設定あり)
【対象団体】
 ・民間公益活動を行う団体(法人格の有無や法人格の種類は問わない)
 ・申請事業と関係のある活動実績を有している団体
 ※複数団体による共同事業体(コンソーシアム)での申請も可能です。
【対象事業】
 「地域の課題解決に取り組む社会事業」や「中小企業の社会事業進出」を持続的に支援するため、助成期間中に実施する以下の3点の実現を目指す事業を対象とします。事業趣旨を踏まえた上で、実行団体の知見を活かした独自提案も歓迎します。
(1)資金仲介
(2)伴走支援
(3)エコシステム形成
【締め切り】5月31日(日)正午
【主催】一般社団法人 全国コミュニティ財団協会
 詳細はこちらをご覧ください。事前説明会(オンライン)もあります。
 https://www.cf-japan.org/newspress/895/
 
Posted by 志場 久起 at 2022年04月08日(Fri)12:20 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
| 次へ