CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/wnc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/wnc/index2_0.xml
第11回大阪帝塚山ロータリークラブ社会奉仕基金
【対象団体】
 社会奉仕活動をしている団体。ただし、申込者または団体は、大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山、滋賀県内に限ります。あわせて電子メールの利用が必須となります。
 2016年6月以降にこの助成金を受けた団体は申込みできません。

【助成対象事業】
 上記団体が企画し遂行する社会奉仕事業を助成の対象とします。ただし、 団体の設立・運営に伴う費用、土地や建物等の取得、個人が単独で行う研究調査、奨学金等の特定の個人への金銭授与を目的とした事業などは対象外です。

【助成団体数と助成額】
 3団体に、1団体あたり30万円を上限に助成します。

【事業期間】
 助成金支払い後、1年以内

【締切】4月30日

【主催】大阪帝塚山ロータリークラブ
 詳細は以下のブログ記事をご覧ください。
 http://osaka-tezukayama-rc.cocolog-nifty.com/blog/2021/01/post-1e3dd5.html
Posted by 志場 久起 at 2021年01月20日(Wed)17:08 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
農業農村活性化支援モデル事業
あなたのアイデアを農業・農村づくりに活かしてみませんか。

【募集内容】
 お住まいの地域で取り組んでみたい「地域保全活動」で、地域に活気を呼び起こす企画
  ※ 地域保全活動とは、農村の地域資源を保存する活動を指します

(事業例)中山間地域における都市住民の援農支援、農地復元のための用水路、ため池の保全、
農業用施設を活用した学習会の実施。古くからのむら行事を復活させるための農地を利用した取り組み、遊休農地を活用した特産加工品の原料づくりや景観作物の植栽 など

【応募資格】
 次の要件を満たす活動団体であることが必要です。
 1)和歌山県内に所在する生産組織や小中学校等、または、県内に事務所のあるNPO法人あるいは非営利の社会貢献活動を行う活動団体であること
 2)宗教活動や政治活動を主たる目的とした団体でないこと。
 3)暴力団でないこと、また、団体の役員等または経営・運営に暴力団が関与していないこと。暴力団若しくは暴力団員等の統制の下にある団体でないこと。

【委託期間・金額】
 最長3年とします。
 委託限度額は1団体につき、事業期間3年の場合は総額100万円、事業期間2年の場合は総額80万円、事業期間1年の場合は50万円。
 事業期間の単年度の上限額は50万円または事業計画額の残額のいずれか小さい額(消費税及び地方消費税を含む)

【締切】3月12日(金)
【主催】和歌山県農林水産総務課 里地・里山振興室

詳しくはウェブページをご覧ください。詳しい募集要項、申請用紙のダウンロードもできます。
 https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/070110/d00156975.html
Posted by 志場 久起 at 2021年01月20日(Wed)16:57 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
第16回 地域商社協議会 オンラインセミナー
 地域特性をふまえ、限られた経営リソースを活用しながら、住民や企業などの地域を巻き込みながら事業を成長させている地域商社をはじめ、地域外の企業や個人を巻き込んだ活動により、課題解決に取り組む域外企業などに講演いただきます。

【日 時】2月1日(月)13:30〜16:50(17:30までフリーディスカッションあり)
【場 所】Zoomをつかったオンライン開催
【内 容】
 ・地域商社の“地域を巻き込む力”(事業者によるプレゼンテーション)
 ・パネルディスカッション
 ・地域商社事業に関する支援制度及び活動の紹介
【参加費】無料(事前申し込み必要、1月30日20時締切)

 参加申込みフォーム、プログラム詳細は、以下のウェブサイトからアクセスできます。
 https://www.murc.jp/seminar/w_210201/

 案内チラシダウンロード(PDF・1.42MB)
 
シンポジウム「コロナ禍の社会における市民活動を考える」(オンライン)
 近畿ろうきんと近畿2府4県のNPO支援センターは「近畿ろうきんNPOパートナーシップ制度」を通して、「新型コロナウイルス感染拡大に対するNPOへの支援活動」、およびコロナ禍での「居場所づくりへの支援活動」や「防災・減災の取組み」を進めました。
 コロナ禍による社会環境の大きな変化により、「市民活動に新たに課せられた役割」や「市民活動を支援する重要性」はどう変わったのか。今年度の取組みを踏まえながら考えます。

【日  時】 2月21日(日)14:00〜16:00(Zoom配信)
【参加費】 無料
【内  容】
(1)基調講演
 「コロナ禍の社会における市民活動を考える-『新しい生活様式』への対応を踏まえて」
   西川 一弘さん(和歌山大学 学長補佐/紀伊半島価値共創基幹准教授)
(2)パネルディスカッション
 《活動報告》
 ア.コロナ禍での災害支援ネットワークの取組み(しがNPOセンター・事務局長 西川実佐子さん)
 イ.コロナ禍での特別定額給付金を活用した寄付の呼びかけ(きょうとNPOセンター・常務理事 平尾 剛之さん)
 ウ.コロナ禍での居場所づくりへの支援活動(コミュニティ・サポートセンター神戸・スタッフ 山村 弘美さん)

【参加申込み】(事前申し込み必要、2月17日17時締切)
  https://forms.gle/VYngxT8uBQjcPyGp7

【主  催】 近畿労働金庫
【共  催】 しがNPOセンター、奈良ストップ温暖化の会、きょうとNPOセンター、大阪ボランティア協会、わかやまNPOセンター、シンフォニー、コミュニティ・サポートセンター神戸
【企画・運営事務局】 わかやまNPOセンター

詳細は近畿ろうきんHPのイベント案内をご覧ください↓
 https://www.rokin.or.jp/release/news/2021/011413003/

案内チラシダウンロード(PDF・1.05MB)>
 
Posted by 志場 久起 at 2021年01月19日(Tue)10:59 | イベント情報【その他】 | この記事のURL
映画上映と講演「戦争と空襲、そして戦後混乱期のこと」
【日 時】2月6日(土)14:00〜16:30
【場 所】和歌山県立図書館 講義・研修室
【講 師】木川 剛志 さん(和歌山大学観光学部教授)
【内 容】
 ・和歌山の映画「七曲ブルース」上映
 ・「和歌山大空襲」上映
 ・「Yokosuka 1953 - Journey to her mother in memory(54分バージョン)」上映
 ・製作中の映画、これからのこと
【定 員】50名(事前申し込み必要)
【入場料】無料
【申込先】わかやま楽落会(090-2100-8263、FAX 073-472-3460 メール nope930@gmail.com)
Posted by 志場 久起 at 2021年01月19日(Tue)09:53 | イベント情報【その他】 | この記事のURL
未来を彩る花の郷づくり事業補助金 事前相談について
【未来を彩る花の郷づくり事業について】
 地域の住民が、自分たちのまちに愛着を持ち、地域活性化を図ることを目的として、未来の観光資源となる花の名所を創るために樹木の植栽に取り組む活動等に対し補助します。

【対象となる事業】
 1)植樹事業:人々が観賞に訪れるような眺望を創り、景観資産となる樹木(花の咲く木や紅葉する木などで、原則、和歌山県郷土樹種使用指針に定められた郷土樹種)の植栽に対する補助。
 対象経費の例・・・苗木や支柱、肥料、防護ネット等の購入費、植栽用地の整備に係る費用など
 2)環境整備事業:樹木の観賞に訪れる人の増加を目的とした環境整備に対する補助。
 対象経費の例・・・案内掲示板の設置費用、簡易な駐車場や歩道の整備に係る費用など
 3)交流推進事業:植樹事業において樹木を植栽するに当たって、人々がその樹木に愛着を持ち、継続的に育成管理に関与することを目的としたイベントの開催に対する補助。
 対象経費の例・・・イベント開催時に使用する備品のレンタル料など

【補助率及び補助上限額】
 補助率は補助対象経費の10/10以内(ただし限度額は200万円、また交流推進事業については、植樹事業に係る補助金の交付額の1/2の額を補助限度)

 上記の事業は今年4月から募集開始予定ですが、事前相談を受け付けます。
 期間:1月18日(月)から3月12日(金)

くわしくは、和歌山県地域政策課のウェブサイトをご覧ください。
 https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/020200/hananosato/jizen.html

補助事業の詳細も地域政策課のウェブサイトをご覧ください。
 https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/020200/hananosato.html
Posted by 志場 久起 at 2021年01月15日(Fri)09:14 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
令和2年度まちづくり市民カレッジ+(プラス)
【日 時】2月14日(日)13:30〜16:30
【場 所】和歌山県立情報交流センター Big-u 多目的ホール
【内 容】
 第1部 研究発表「地域カルテ作成の取り組みから見えてきたもの」
 ・新庄地域 ・上芳養地域 ・本宮・四村川地域
   講評 川北 秀人 氏 (人と組織と地球のための国際研究所代表)
 第2部 パネルディスカッション「これからの地域(経営)に求められる考え方、進め方」
  パネリスト 各地域代表者、真砂充敏田辺市長
  コーディネーター 西川 一弘 氏(田辺市社会教育委員、和歌山大学准教授)
【参加費】無料
【定 員】100名(事前申し込み必要)
【主 催】田辺市社会教育委員会議
 詳しくはこちらのチラシ(PDF)をご覧ください。
 http://www.aikis.or.jp/~cacenter/pdf/2021.2.14%20%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B8%EF%BC%8B%E7%AC%AC3%E5%9B%9E%E8%AC%9B%E5%BA%A7.pdf
 
だいじょうぶだよ!基金 ひとり親支援事業
ひとり親世帯を支援する団体に対する助成を行い、全国で支援が受けられる体制づくりをめざします。

【助成金額】1団体50万円から100万円、20団体を想定(総額2,000万円)
【対象となる団体】
 活動実績が1年以上のひとり親支援事業を行っている団体(任意団体を含む。法人格をもたない団体の場合、直接に支援を受ける人が50人以上で、会則、定款またはこれに相当する規約などがあること)
【助成対象事業】
 ・ひとり親世帯対象の食料支援事業
 ・ひとり親世帯の子ども対象の学習支援事業
 ・ひとり親世帯対象の相談事業
 ・ひとり親世帯対象の親への就労支援事業
 ・ひとり親世帯の親対象のセミナー事業
 ・そのほかの目的に合致する支援事業

【応募期間】1月12日(火)〜2月2日(火)
【事業実施期間】2021年3月1日(月)〜2021年8月31日(火)
【主催】認定特定非営利活動法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ
 https://www.single-mama.com/topics/dkikin-josei2/
Posted by 志場 久起 at 2021年01月14日(Thu)17:24 | 助成金・公募情報など | この記事のURL
新型コロナウイルス感染症に関する県民のみなさまへのお願い(2021年1月13日)
 「緊急事態宣言」の対象区域が1月14日から追加されます。先に緊急事態宣言が出されている、埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県に加え、栃木県・岐阜県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・福岡県が対象となります。期間は2月7日(日)までの間です。
 このことを踏まえ、「県民の皆様へのお願い」を改めました。
 本県においても、感染者が増加傾向にあり、県外からのウイルスの持ち込みや若年層を中心に複数人での飲食後、家族や友人に感染が広がるなどといった事例が見受けられます。
 県民のみなさまにおかれましては、下記に留意のうえ、行動いただきますようにお願いします。

・ 緊急事態宣言対象区域への不要不急の往来は控える
※ 栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・岐阜県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・福岡県
・ 特に感染が拡大している地域に出かけての会食や接待を伴った飲食をしない
・ 遅くまで集団で会食・宿泊をしない
・ 在宅勤務(テレワーク)や時差出勤等の取組をすすめる


以下の項目についても、引き続き、御留意願います。

・高齢者は、カラオケ、ダンスなどの大規模な催しへの参加を控える
・医療、福祉施設の職員は家族以外との会食を控える
・症状が出れば通勤通学を控えて直ちにクリニックを受診
・事業所では発熱チェック
・病院、福祉施設サービスは特に注意
・各事業所で感染拡大予防ガイドラインを遵守
・濃厚接触者は陰性でもさらに注意
・医療機関は、まずコロナを疑う


・人権への配慮について
 新型コロナウイルス感染症に対して不安を抱く中、人権侵害に当たる悪質な行為が見受けられます。新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染する可能性があることを理解し、人権に配慮した冷静な判断を心がけていただきますよう、お願いします。いかなる場合でも、不当な差別、いじめ等は決して許されません。
 コロナ差別相談ダイヤル:073−441−2563 FAX:073−433−4540

・感染拡大予防ポスターを県のウェブサイトに掲載していますので、ダウンロードして御活用ください。
 https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/011900/d00204243.html

・感染拡大防止のため、厚生労働省の新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」をインストールしましょう。

 県庁からのお知らせがダウンロードできます。事務所等でご活用ください(PDF・774KB)。
Posted by 志場 久起 at 2021年01月14日(Thu)15:26 | お知らせ | この記事のURL
■冒険あそび倉庫 3月イベント■
かわいいプチUVレジンクラフト
かわいいストラップをつくろう!
小学生から大人まで楽しめる簡単なUVレジン工作。
メタルパーツやドライフラワー、ラメなどを紫外線で固まるUVレジンに封じ込めて、可愛いストラップにする。
【日 時】2020年3月7日(土) 10時45分〜12時
【場 所】河南コミュニティセンター(和歌山市布施屋)
【対 象】小学生〜大人 小学3年生以下は作業補助者が必要
【定 員】10人
【参加費】材料費800円 1〜2個の作品が作成可能
【申 込】必要(詳細下記)
【締 切】実施日の2日前
【主 催】冒険あそび倉庫

2018_08_04_033rp.jpg


かわいいガラス細工 バーナーワーク
バーナーワークに挑戦しよう!
色ガラス棒をガスバーナーで溶かして簡単なガラス細工を体験する。
ガラスの箸置きやトンボ玉などのガラス細工の基礎作品をつくる。
くったトンボ玉の一つをストラップに加工する。
作品づくりは他の参加者と交代しながら午後4時まで。
作品の冷却と仕上げのため順番に午後5時頃まで待つ必要あり。
【日 時】2020年3月7日(土) 13時45分〜17時
【場 所】河南コミュニティセンター(和歌山市布施屋)
【対 象】小学生〜大人 小学3年生以下は作業補助者が必要
【定 員】10人
【参加費】材料費1,000円(2〜3個の作品が作成可能)
【申 込】必要(詳細下記)
【締 切】実施日の2日前
【主 催】冒険あそび倉庫


るんるん虹色に輝く液晶ストラップづくり
虹色に見える綺麗なストラップをつくろう!
子ども(幼児)から大人まで楽しめる科学工作。
安全な食品添加物(ヒドロキシプロピルセルロース)、水、アクリルパーツなどを使って、虹色に見える液晶ストラップをつくる。
工作を通して液晶の性質や働きについて学ぶ。
【日 時】2020年3月15日(日) 12時45分〜16時
【場 所】河北コミュニティセンター(和歌山市市小路)
【対 象】5歳〜大人 小学3年生以下は引率者が必要
【定 員】20人
【参加費】材料費500円
【申 込】必要(詳細下記)
【締 切】実施日の2日前
【主 催】冒険あそび倉庫


るんるん親子の居場所「フリークッキング」河北コミ
子供(5歳から)と保護者を対象にした「調理室解放と居場所提供」プログラム。
指導者から学ぶ「料理教室」ではなく、子供と保護者が自由に調理を行って楽しむ。
希望者には「米と在庫の食材」は提供されるが、不足する食材は参加者とスタッフが持ち寄って調理を行う。
調理や食事以外の時間は室内遊びや工作を自由に行う。
調理や工作に参加せずに室内遊びや自習のみを行うことも可能。
簡易な工作は材料費無料。
【日 時】2020年3月20日(祝・金) 11〜17時(調理室等解放時間) 参加時間自由
【場 所】河北コミュニティセンター(和歌山市市小路)
【対 象】5歳〜大人 小学3年生以下は保護者と参加
【定 員】20人
【参加費】材料費300円(米・在庫食材・工作) 
     不足する食材は各自で用意
     調理と工作を行わない場合は無料 
     スタッフが調理する料理は無料
【申 込】必要(詳細下記)
【締 切】実施日の2日前
【主 催】冒険こども食堂


ひらめき親子の居場所「フリークッキング」河北コミ
子供(5歳から)と保護者を対象にした「調理室解放と居場所提供」プログラム。
指導者から学ぶ「料理教室」ではなく、子供と保護者が自由に調理を行って楽しむ。
希望者には「米と在庫の食材」は提供されるが、不足する食材は参加者とスタッフが持ち寄って調理を行う。
調理や食事以外の時間は室内遊びや工作を自由に行う。
調理や工作に参加せずに室内遊びや自習のみを行うことも可能。
簡易な工作は材料費無料。
【日 時】2020年3月22日(日) 11〜17時(調理室等解放時間) 参加時間自由
【場 所】北コミュニティセンター(和歌山市直川)
【対 象】5歳〜大人 小学3年生以下は保護者と参加
【定 員】20人
【参加費】材料費300円(米・在庫食材・工作) 
     不足する食材は各自で用意
     調理と工作を行わない場合は無料 
     スタッフが調理する料理は無料
【申 込】必要(詳細下記)
【締 切】実施日の2日前
【主 催】冒険こども食堂


ひらめき「木のおもちゃづくり」
材料キットで木のおもちゃをつくろう!
幼児(5歳)から大人まで楽しめる楽しい工作遊び。
材料キットを使って、動物や乗り物などの可愛い木のおもちゃをつくる。
木、接着剤、ペイントマーカーなどを使って工作をする。
【日 時】2020年3月29日(日) 14時〜17時
【場 所】北コミュニティセンター(和歌山市直川)
【対 象】5歳〜大人 小学3年生以下は作業補助者が必要
【定 員】20人
【参加費】材料費100〜500円(キットの内容で異なる)
【申 込】必要(詳細下記)
【締 切】実施日の2日前
【主 催】冒険あそび倉庫

2015_05_03_009rp.jpg


子供(小学5年生)から大人まで楽しめる鉄道模型(Nゲージ)走行会。
機関車から新幹線までリアルで色々な模型を思いっきり走行できる。
模型車両の持ち込み走行もOK。
走行は大型のジオラマレイアウトも自作するベテラン講師が指導。
【日 時】2020年3月29日(日) 14〜17時(参加時間自由)
【場 所】北コミュニティセンター(和歌山市直川)
【対 象】小学5年生〜大人
     模型車両(Nゲージに限る)を持ち込む場合は小学3年生から参加可能
【定 員】10人
【参加費】資料代500円
【申 込】必要(詳細下記)
【締 切】実施日の2日前
【主 催】冒険あそび倉庫

2018_06_24_n01p.jpg

------------------------------------------------

【申 込】団体ウェブサイト 参加申込フォーム http://www.bouken-asobi.com/join
【事務局】冒険あそび倉庫
      所在地:和歌山市大谷109−18
      電話:050−5243−2608(24時間音声案内)
Posted by たにぐち at 2021年01月14日(Thu)14:58 | イベント情報【子ども・子育て】 | この記事のURL
| 次へ