CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年06月23日

【開催報告】6/20(土)北海道北見市 第1回サロン☆

みなさん、こんにちは!
北海道チームサポートメンバーの川尻沙織です。

6/20(土)北海道チームの初回サロンを開催しました☆

参加者3名とサポートメンバー3名に進行役を加えて7名+赤ちゃん2名での、とっても有意義な2時間となりました。
シェアリングで出たと〜っても熱いお話をレポートさせていただきます^^

10351969_426940434144387_9172401175815016074_n.jpg

◆ ペアで話した「共感」から始まった
G&Nでウォーミングアップをし、3分間の2人組ワークを終えて、
お互いにメッセージを書く頃には、初対面のドキドキはどこへやら、
ニコニコともっと話してみたい!とすっかりサロンの輪は温まりました。

その中で、最初に出たのは2人組ワークでの、
「家族を大事に・笑顔ではたらきたい」という思いに共感した
というお話でした。

◆ 一人目産後の「産後クライシス」を乗り越えて
ひとくちに「母となってはたらく」といっても、そこには色々な、各個人が出した答えがあります。
バリバリはたらく人、仕事はセーブして子どもとの時間を大切にする、夫のサポートに回る・・・
その中で、「家族を大事に・笑顔ではたらきたい」という想いに至った経緯について、
現在3人目のお子さんの育児休職中の方がお話をしてくれました。

「1人目産後、夜勤もある仕事にフルで復帰した。母親の立場としてよりは、周りの評価を気にして仕事上の立場や求められているものに応えたいという気持ちが強すぎた。子どもはグズグズで大変だし、家事をする暇もなく、夫との関係も悪くなり一時は離婚も考えた。2人目の産後に『何を優先して自分の人生を歩んでいきたい?』ともう一度考えたときに、仕事での周りの評価は違う、とおもった」

「1人目産後で苦しんだけれど、今は自分の軸が固まって家族と共有もできている。
3人目の育休中の今が一番幸せ!」
と涙ながらにお話される姿は、本当に美しくて、あきらめずに自分の人生を手にした輝きに満ちていました。。

1535377_426941007477663_4008653085326960952_n-1.jpg

◆ 男性の子育て「ワーキングファザーサロンが必要?!」
妊娠中の切迫流産による安静により、夫がワーキングマザーならぬワーキングファザーとなり、子育てに理解のない職場で苦しむ夫の様子から、
「男性もワークライフバランスで悩むんだ、男性が職場の人とコミュニケーションを取りながら仕事を進めなければならない難しさを改めて実感した」
というお話も。
また、男性は仕事以外に自分の話しや感情を口にすることに不慣れで、よりコミュニケーションが難しい状態にあるのでは?ワーキングファザーサロンが必要?!という話題にもなりました。

さらにここから、「無意識のうちにワークライフバランスは女性の問題だと思っているかも。復職や子育てなど、すべてお母さんが背負って、我慢してしまっていないか?
という話しに。

◆ いつの間にか「女性の課題」に・・・
仕事が大好きだけど、今はパートで週3勤務中という方から、
「夫は家事育児を積極的にやるタイプではない。全部自分が引き受けている気持ちになっていたなと、今話しをして気がついた。自分の仕事や家事で調整をしようとしていたけれど、もっと夫にもはたらきかけて、家族でやろうとしていいのかな、自分だけでやろうとしなくていいのかな、と気付いた。」

また、はたらくことがまっさらな状態だけど、はたらいている方のお話を聞きたくて、と参加くださった方からは、
「話しを聞いていて、今は夫のキャリアが一番大事、そこを優先するために専業主婦でいるけれど、これから自分のやりたいことが見つかったときに、どうやって気持ちを切り替えて折り合いをつけられるんだろうか。夫の職場環境は理解があるとは言えない。夫婦間のコミュニケーションでどこまで解決できるだろう?
というお話がありました。

67364_426941457477618_7319637499797391769_n-1.jpg

◆ コミュニケーションをあきらめない!
夫婦間のコミュニケーション。
とくに寝不足に授乳に…と疲れている産後は、話すこともおっくうになったり、話していてもイライラするばかりで上手く行かないことも。

「一人目の職場復帰のとき、箇条書きで夫にやってほしいことを伝えた。でも心の通じ合いがなく、不満ばかり。これじゃいけないと思って、夫の機嫌もよくて自分も心にゆとりがある時に「こうでね」と伝えた。何度もあきらめたかったけど、あきらめられなかった。何度もトライしてすごく時間をかけた。

「コミュニケーションって大事。 あきらめるのは簡単で、自分が頑張ればいいと思いがちだけど、(子どもがいると)一人のときとは違って遅かれ早かれ難しいときが来るのでは。ただ、コミュニケーションをあきらめないのには体力が必要」

「何度でも繰り返して、すぐに何かがガラッと変わらなくても、少しずつ変えていけるのでは」
と、しごと・人生・パートナーシップすべてにつながるコミュニケーションの大切さについて気づきや経験、決意を共有することができました。

10441236_426940174144413_2861746774197133389_n 2.jpg

最後に進行役かおりんから、
「このサロンでモヤモヤが全部すっきり解決するなんて、ないですよね。そんなに私の人生かんたんじゃない!って話ですよね。」

「モヤモヤは、多分ずっと続く。でも、そのモヤモヤへの向き合い方や捉え方に、サロンでやってみたことが後押しや勇気づけになったら、うれしい」
というコメントがあり、
2時間の涙あり・笑いあり・たくさんの気づきあり!の熱いサロンは終了となりました。

11429716_426941490810948_3966018773444606235_n-1-1.jpg

サロン終了後には、取材にいらしていた北見・網走に住むほとんどの人が毎日読んでいるであろう!!「経済の伝書鳩」さんからの質問に、
「短い時間にも、共感からか、参加者の皆さんととても一体感がでて、すっかり打ち解けちゃうから不思議です^^」
などホクホクの笑顔で答える参加者の皆さん。
連絡先の交換もして、サロンでご一緒できた巡り合わせに感謝・感激でした!

またぜひお会いして、サロンからのその後をお話したい!^^

「母となってはたらく」選択肢は色々あるけれど、皆さんの思いや経験を共有していくうちに、自分はどうだろう?どうしていきたいんだろう?とすーっと自然に自分に問いかけることができるNECワーキングマザーサロン。

ぜひ今後もたくさんの方に参加いただきたいです!!

♪たくさんのご参加を心よりお待ちしております♪

** 北海道チーム 今後の開催予定です **
7月18日(土) 10:00-12:00 @北見女性センター <詳細・お申し込みはこちら>
8月29日(土) 10:00-12:00 北見 <以下詳細は決まり次第掲載します>
9月12日(土) 10:00-12:00 網走
10月17日(土) 10:00-12:00 北見
11月14日(土) 10:00-12:00 北見

2015年06月17日

【北海道】7/18(土)第2回サロンのご案内

みなさま、こんにちは!

NECワーキングマザーサロン北海道チーム
プロジェクトメンバーの川尻沙織(さおりん)です。
6161148841246853250.JPG
現在、2歳男児の育児休職中です。

北海道での初回サロンを6/20(土)に控え、ドキドキしながら
PJメンバーと参加者募集やポスター掲示などなど楽しく準備を進めています。


6/6に開催したキックオフでは、一緒にPJを運営してくれる大好きな仲間とじっくり話しをすることができて、大興奮!!
気持ちの良い疲労感の中、アタマが興奮で冴え渡り、夜中の2時を過ぎても眠れませんでした(^^;

後日皆でさらに感想を共有する中で、メンバーから
「久しぶりに子どもと離れてじっくり話せた1日だった!」
「すっかり産後のぼんやりした頭から目が覚めて、出産前の自分を取り戻した!」
というコメントがあったのが個人的にとっても嬉しかったです。

なぜなら、私も同じように、1年前に参加したサロンで、産後いつの間にか見失っていた自分を取り戻せたことに、とーっても感動したから!^^

慣れない赤ちゃんの世話や「しごと」から離れた生活で、いつの間にか本来の自分の目標や希望を見失ってしまい、隣の芝生ばかり青く見えて苦しんでいる人、1年前の私のような人に、このNECワーキングマザーサロンに出会って、スッキリ一歩を踏み出して欲しい!

そんな期待を抱きながら,北海道の皆さんと「母となってはたらく」ことについて
色々なお話をすることができるのを楽しみにしています♪


さて、今回は7月に開催される、第2回サロンのお知らせです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●NECワーキングマザーサロン@北海道 第2回北見サロン●


●日時:7月18日(土)10:00〜12:00

●会場:北見市女性センター(美芳町2丁目2番13号)

●対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性ならどなたでもご参加ください!

 育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
 結婚・妊娠・出産の経験の有無に関わらず、どなたでも大歓迎です!



●定員:10組程度

  ※お子さまの同伴は生後210日までとしています。

2014年12月20日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
2014年12月19日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けいただき、単身にてご参加ください。

※託児先のご案内もしています。下記お問い合わせ先よりお気軽におたずねください。


●参加費:500円
 (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)


●お申し込み:

こちらのフォームからお申込みください★


●お問合せ:WMS北海道(wms7hokkaido@gmail.com )
まで、メールにてお問合せ下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たくさんのご参加をお待ちしています!

6161148852044247362.jpg

(文責・WMS北海道 PJメンバー 川尻沙織)

2015年06月10日

【6/20参加者募集中!】北海道チームキックオフサロン開催しました!

こんにちは!
WMS北海道チーム進行役・永野間(ながのま)かおりですわーい(嬉しい顔)

土曜日、NECワーキングマザーサロン北海道チームのキックオフサロンを開催しました。

o0661049613332196005.jpg

みんな産後クラス@北見@網走の卒業生。今年度はこの5人で北海道サロンを運営します^^


キックオフサロンでは、
「NECワーキングマザーサロンに参画すること」をテーマに
サロンと同じようにシェアリングをしました。


知り合ってから1年、半年と経っていても、こうしてテーマをもって話すことで
初めて知る仲間の経験、おもいがたくさんありました。
聴けば聴くほど、相手をもっと知りたくなるんです。

o0640048013332196006.jpg

そして、話せば話すほど、自分のおもいにもっと正直に向き合って、
いま感じていることを、どうにかピッタリのことばにしたいと思えてくる。


メンバーのみんなもね、帰宅後、犬の散歩したり、子どもの世話しながら
シェアリングのことを振り返って、
「あんなことも話したかった」「こんなことも・・・」って思ってたそう。

「体は疲れてるのに、シェアリングで話したことを考えてたら、興奮して寝られなかった!」

そんなメンバーもいました^^

o0640048013332196004.jpg


私も、今まで誰にも話したことがないことも、ポロッと話したりしました。

「これを言っても、きっとこの人たちは引いたりしない。
 非難も否定もせず、そういうこともあるよねと、きっと受けとめてくれる」


そんな風に、自然におもえたからだとおもう。



子育ての悩みは、いろんなところで話すことができる。

でも、子育てする「私」の話、とりわけ「母となってはたらく」ことを
「どう思われるかな?」「こんなこと言って、引かれない?」
なんておもわずに、安心して話せる場は、なかなかないんじゃないかな?


NECワーキングマザーサロンは、地域で「母になってはたらく」をテーマに
話したい方たち同士が、安心して話したり聴いたりできる場づくりをしていきます。

6月20日(土)北見サロンはただいま参加者募集中!

o0691049613332196007.jpg

●NECワーキングマザーサロン@北海道 第1回北見サロン●


●日時:6月20日(土)10:00〜12:00

●会場:北見市女性センター(美芳町2丁目2番13号)

●対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、語りたい女性ならどなたでもご参加ください!

  育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
  結婚・妊娠・出産の経験の有無に関わらず、どなたでも大歓迎です!


●定員:10組程度

  ※お子さまの同伴は生後210日までとしています。

2014年11月22日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
2014年11月21日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けいただき、単身にてご参加ください。

※託児先のご案内もしています。下記お問い合わせ先よりお気軽におたずねください。


●参加費:500円

  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)


●お申し込み:

★こちらのフォームからお申込みください★


●お問合せ:WMS北海道(wms7hokkaido@gmail.com )まで、メールにてお問合せ下さい。

(文責・WMS北海道 進行役 永野間かおり)

2015年05月28日

6/20(土)北海道北見サロン開催します

こんにちは!
北海道チーム進行役の永野間(ながのま)かおりです。

15年プロフィール写真.jpg

NPO法人マドレボニータの産後セルフケアインストラクターとしてはたらいています。
北海道オホーツクで産後クラス4回コースを、道内各地で出張講座を開催中!


今年度も北海道サロン継続開催となりました!

進行役が産後クラスのインストラクターの私ということで、
産後クラスOGたちからは、「か、かおりんかいっ!」とつっこまれていますが(笑)、
サロンに参加くださる産後クラスOGのみなさんとの再会も、
マドレボニータもサロンも初めて!という方々との出逢いも、
今からとても楽しみにしています!



NECワーキングマザーサロンは、「母になってはたらく」ことを
話したい、聞きたい方が、立場や環境に関わらず誰でも参加できるサロンです。

11222908_986967751354041_4699246406778887759_n (640x425).jpg
5/15・16、全国の進行役仲間が集まった合宿


進行役の私も、子育てしながらはたらく母親の一人。

夫婦で試行錯誤しながら子育てと仕事に取り組んでいるものの、何かあると必ずといっていいほど

「お母さん!」

と子ども以外の人から掛けられる声を、プレッシャーに感じることもあります。



はたらく前は、7年間専業主婦をしながら、

「このまま家事育児をしながら年を重ねていっていいのかな?」

「私も◯◯ちゃんママではなく、
自分の名前で社会と・人とつながっていきたい!」

「でも、私は何がしたい?何ができる?」


と、一人でモヤモヤ悩む数年を過ごしました。



そんな風に、専業主婦でもはたらく母でも、どんな立場でも、
大人の女性の私たちにとって、「はたらく」は一生通じて考えるテーマですよね。


そんな「母になってはたらく」を、「私はどうしたい?どう思ってる?」
自分を主語に話したり聴いたりできるNECワーキングマザーサロン。

今年度の北海道サロンは6月20日(土)北見サロンからスタートします!

11150986_824633860951044_50244613757162271_n.jpg
(昨年の札幌出張サロン)




●NECワーキングマザーサロン北海道:第1回北見サロン●

●日時:2015年6月20日(土)10:00〜12:00

●会場:北見市女性センター(美芳町2丁目2番13号)


●対象:「母となってはたらく」ことについて、考え、
  語りたい女性ならどなたでもご参加ください!

  育児休業中の方、専業主婦の方、ワーキングマザー、学生さん、
  結婚・妊娠・出産の経験の有無に関わらず、どなたでも大歓迎です!

●定員:10組程度
  お子さまの同伴は生後210日までとしています。
  2014年11月22日以降にお生まれのお子さまは一緒にご参加いただけます。
  2014年11月21日までにお生まれのお子さまは、信頼できる方にお預けいただき、
  単身にてご参加ください。
※託児先のご案内もしています。下記お問い合わせ先よりお気軽におたずねください。

●参加費:500円
  (資料として『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

●お申し込み:
★こちらのサロン専用フォームからお申込みください★
※6月1日より申込受付開始いたします。

●お問合せ:WMS北海道( wms7hokkaido@gmail.com )

まで、メールにてお問合せ下さい。

(文責 WMS北海道 進行役 永野間かおり)


2015年05月23日

北海道チーム紹介

第7期(2015年度)の【北海道チーム】のメンバーをご紹介します☆
北海道北見市、網走市にてサロンを開催していきます。

飯坂 由弥子
昨年、産後クラスに参加して、いろいろな方と出会い、話ができることのおもしろさを知りました。今回はサロンのチームメンバーの誘いを受けて、たくさんの人に出会い、話を聴いてみたい、という思いで応募しました。このような活動に参加するのは初めてですが、自分でできることを見つけて頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

川尻 沙織
福岡県出身です。神戸、東京を経て昨年より北海道北見市に住んでいます。昨年のサロンに参加して、話しをしているうちに、むくむくと本来の自分が起きだしてきて、一気に目が覚め、活力が湧いてきました。話す力って不思議です!少しでも多くの方にそんな体験をしていただければ!と思っています。

齊藤 裕子
産後4か月で産後クラス、産後5か月の時にサロンに参加し、そのおかげで産後9か月で復職。まだ復職まもないですが、これから母となって働く人、またすべての働く女性のお役に立てるサロンづくりをお手伝いし、たくさんの方と知り合って、お話して、自分にも価値のある場としたいです。

永野間 かおり(進行役)
北海道北見市・網走市を中心にサロンを開催します。10歳・7歳・2歳の息子を育てながら、マドレボニータの産後セルフケアインストラクターをしています。専業主婦の7年と、子育てしながらはたらき始めて5年。両方の立場を経験して思うのは、誰でも母になってはたらくことを悩み、自分のよりよい生き方や夫婦・家族・人間関係を求めて模索しているということ。「母となってはたらく」を「どうしたらいいか?」ではなく、「私はどうしたいか?」を安心して語り合えるサロンでの地域の魅力ある女性たちとの出会いを楽しみにしています!

松本 彩夏
1児の母として職場復帰をした直後に参加させていただいた、昨年の網走サロンで私自身、たくさんの「気付き」を得ることができました。今年はプロジェクトメンバーの一員としてたくさんの方々に出会いたい!と思っています。よろしくお願いいたします!


(文責:NECワーキングマザーサロン・プロジェクト本部)