CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年08月04日

【WMS板橋・荒川】7/12成増サロン開催報告

こんにちは。
板橋・荒川チームサポーターの水口陽子です。

2012-02-01
7月後半から小学生の息子が夏休みに入りました。
学童保育のなくなった4年生、どうなることやらと心配でしたが、
思っていた以上にしっかりしていて、働く母としては
ありがたい限りです。(宿題の進度がビミョウですが^^;)


さて本日は、チームで3回目となる荒川区町屋サロンが開催されます。
ですがその前に、すこし遡っての更新になりますが、
先月行なわれた成増サロンのご紹介をさせていただきます。


1342055254251.jpg
会場は6月と同じく成増アクトホールで開催されました。

当日は雨と強風でダイヤも乱れがちでしたが、
全員時間内に会場へお越しくださり感激!

前回のサロンの振り返りを活かして、ファシリテーターも
最初の自己紹介の時に自分の母となって働くについての軌跡・
思いをじっくり語りました。

目の前にいる人が進行役というだけでなく、
母となって働くを同じように模索しているひとりの女性なのだと
親しみがグッと増す時間でした。


1342057511798-1.jpg
ひとりひとりの自己紹介が終わったら、ペアになって
ウォーミングアップ。みなさん話したい内容を温めて
いらしたことが、話している様子から伝わってきます!


1342059584496.jpg
ウォーミングアップでほぐれたところで、全体でシェア。

「子どもがいない時と同じ働き方はできないから、
いまどのくらいエンジンをかけて良いのか、
ありたい自分と今の自分がどうつなげていくのか考え中」

「子どもを預けることに対して、子どもには母親がいいのではという
罪悪感を感じていたが、実は自分がこの子の成長をつぶさに見たい
という、子ばなれできていない思いがあるのに気付いた」

「現場を離れみて、この仕事がどのくらい好きなのかがわかった」

「自分がどうしたいか決めて、探って動いて、ダメだと思ってから
妥協してもよいのでは」


などの印象的な言葉がたくさん出てきました。


DSC_1529.JPG
「どんな『母となって働く』がしたいか」
ここで答えがすぐ出てこなくても、一度言葉として出して、
他の人の話を聞いたことで、様々な発見があるのがサロンの魅力☆
私も働く母歴8年ですが、まだまだ気付きの連続です。

そんな発見や再確認ができるサロン、リピート参加もおすすめですので、
ぜひ予定の合う会場へ足を運んでみてくださいね。



*9月は「板橋」「荒川」どちらの地区でもサロンを開催します。
*荒川サロンは8月に続き「土曜日開催」ですexclamation×2

=================================
◆◆NECワーキングマザーサロン@板橋◆◆

●日時:9月3日(月) 10:00-12:00
●場所:常盤台地域センター(板橋区常盤台4-14-1)
 →アクセス:東部東上線上板橋駅徒歩4分(板橋教育科学館裏)
【地図】soon こちらでご確認ください


◆◆NECワーキングマザーサロン@荒川◆◆

●日時:9月8日(土) 10:00-12:00
●場所:荒川区立子ども家庭支援センター 5階地域交流室(荒川区荒川5-12-10)
 →アクセス:東京メトロ千代田線・京成線・都電荒川線 町屋駅徒歩5分
      荒川区コミュニティバスさくら「子ども家庭支援センター」下車すぐ
【地図】soon こちらでご確認ください


●参加費:500円(テキスト『マドレ式・ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

●定員:10名
 *板橋:2012年2月6日以降生まれの赤ちゃんはご同伴頂けます。
  荒川:2012年2月11日以降生まれの赤ちゃんはご同伴頂けます。

それ以外の日に生まれた赤ちゃんは、信頼できる方に預けて単身でお越しください。



【お申込み】soon こちらの専用フォームからお申込みください

【お問合せ】<板橋・荒川サロン>に関するお問い合わせは↓こちらまで
WMS板橋 wms.wakuwakupro@gmail.com


==============================



また、今後の開催スケジュールはこちら
合わせてご確認ください。!!


お問い合わせ、お申込み、お待ちしています晴れ

(文責:板橋・荒川 サポーター 水口陽子)
この記事へのコメント
コメントを書く