CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年07月15日

WMSのみ・りょ・くB(再掲載)

皆さんこんにちは!
NECワーキングマザーサロンさいたま市・川口市・赤羽ファシリテーターの
鈴木です。


一部好評だった(しつこいか!笑顔汗)連載
「NECワーキングマザーサロンのみ・りょ・く★」 、三回目、再掲載です!

  第三回 環境を、選び取る、ということ。

--------------------------------------------------------------------


皆さん、突然ですけど、今の自分の環境、気に入っていますか?

ここ最近で、何か変化した事はありますか?
その変化は、自分が望んだものでしたか?

私個人の話をすると、変化がありました。
職場の親しい人が、立て続けに2人辞めて行きました。
それぞれ、自分の目標に向かうためだったり、
旦那さんの転勤に伴うためだったり、
明るく見送る辞め方だったのでめでたい事なのですが、寂しかったのも事実です。

私は、今の会社に勤めて10年になるので、いろいろな変化を見届け、
自分自身も変化してきたのですが、
親しい人が辞める時はいつも、はっと気付かされます。

『この会社にいる誰もが、それぞれの理由でこの会社を選択し、

居続ける事も辞める事も自由なのだ。

そして残っている人は誰もが、居続ける、という選択をしているのだ。』と。



そう考えると、愚痴を言うのが馬鹿らしくなってきます。
居続ける、という選択をしているのは自分なのだから、と。
そして、まだまだ居続けるつもりなのだから、少しでも良くしていこう、と。
この環境は、与えられたものではなく、
自分で選び取ったものなのだという事を、思い出すのです。


こういう気付きって、何か変化がある時じゃないと、なかなか出てこないんですよね。
日々の生活に追われて、考える暇もなく
(実は、時間に終われて考えない、という選択をしているのだけれど、
それすら気付く余裕もなく)。


ワーキングマザーサロンでは、タイマーが鳴るその瞬間まで、
頭をフル回転にして“考える”事ができます。
そして、それをシェアリングする事によって、
刺激を受けたり、自分の意見を発信する事に喜びを感じたり。
その刺激が、後々まで自分の中に残っていたり。

“母となってはたらく、を、語ろう”というテーマに魅力を感じて集まる人達と話すという事。

これも、『環境を選ぶ』事の一つ。


それが、このNECワーキングマザーサロンのみ・りょ・く★なのです。

百聞は一見にしかず。
ぜひ、お近くのワーキングマザーサロンに足を運んでみてくださいね。

ファシリテーター、サポーター一同、お会いできるのを楽しみにしています!!

次回のさいたまのサロンは7月19日、8月6日、9日に予定されています。
ぜひご参加をお待ちしています!!
⇒全ての会場、お申込はコチラから!


(文責:さいたま市、川口市、赤羽ファシリテーター・鈴木 美穂)