CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年07月15日

WMSのみ・りょ・くA(再掲載)

皆さん、こんにちは!
NECワーキングマザーサロン チームさいたま代表、
鈴木 美穂です。(赤鼻・・ではなく赤花ゴムをしてます)ハイビスカス

一部で好評だった連載、再掲載します!
「NECワーキングマザーサロンのみ・りょ・く★」

 第二回 つながってこーぜ!広げよう、地域の輪!

皆さん、突然ですけど、地域との繋がり、ありますか?


世話好きのご近所さんが当たり前にいた
古き良き昭和は過ぎ、時は平成。

意外と、意識して繋がりを求めないと、
地域の輪は広がっていかないですよね。

私の個人的な産休・育休中の感想は、
「すごい自由だけど、簡単に孤独になれるなー。」
そして、やっぱり、1人(赤子と2人)でずーっと家にいるのは、寂しい。

慣れない事の連続で、
求められているのは母親としての自分ばかり。
当たり前だけど・・・・。
でも、たまには、素の自分で、
気の置けない友人と、楽しくお喋りしたい。


子育てについて、

自分自身について、

仕事について、

気兼ねなく話せる時間もほしい。

できれば、同じような立場(子連れ)で、
そういう話に興味がある仲間を作りたい。
しかも近所で。


ずっと、そう思っていました。

けれど、出掛ける先はベビーマッサージ教室とか、
産婦人科の産後のクラスとか、地域の保険センターとか。

さすがに、そういった場所で初対面なのに、
「自分、こういう者です!あなたの事も深く聞かせて下さい!」とか、
ぐいぐい切り込めないですよね。(図々しさにかけては定評あるんですが
できなかった!笑顔汗
せいぜい、「おっぱいをあげていると、お腹すきますよねー。」くらいで。

そんな私にとって転機になったのは、
この、NECワーキングマザーサロンに、産婦人科で知り合った
近所のプレワーキングマザー達を誘ってみたことです。


産婦人科の産後クラスで何回か会っていて、気が合いそうだなーと思っていたので、
仲良くなるきっかけになれば、と。

これが、効果絶大!

その後も、それぞれの家に行って、子どもの成長を見つつお喋りする会を、
それぞれが復帰した後も時々行っています。
お互いの仕事の事を話したり、ご近所情報を交換しあったり。
その中でたくさん発見があって、刺激もあります。

今年のサポーターメンバーズにも、そんなご近所友達が加わって
くれました!!笑顔星
同じプロジェクトに関わる事で、さらに関係が深まった気がします!

そんな風に、地域で仲間に出会える、

又は仲間を募って仲良くなるきっかけにもできる、本音で話すことができる。

それが、このNECワーキングマザーサロンのみ・りょ・く★なのです。

百聞は一見にしかず。

ぜひ、お近くのワーキングマザーサロンに足を運んでみてくださいね。
ファシリテーター、サポーター一同、
お会いできるのを楽しみにしています!!

次回のさいたまのサロンは7月19日、8月6日、9日に予定されています。
ぜひご参加をお待ちしています!!
⇒全ての会場、お申込はコチラから!

(文責:さいたま市、川口市、赤羽ファシリテーター・鈴木 美穂)