CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年09月29日

9/23@練馬 ワーキングマザーサロン開催しました!

こんにちは!
練馬・杉並チームプロジェクトメンバーの堂道まこです。

爽やかな秋晴れの9/23(火)練馬区立男女共同参画センターえーるにてサロンを開催、
進行役の吉田聡美さんと、本部の八田吏さん・川口の進行役細川朋美さんが
スタッフとして迎える中、8名の女性が参加して下さいました。

「何でも自由に話せる場、自己解決に近づける場にしたい。」
そんな進行役の言葉から始まり、自己紹介からスタートし
2人1組で話しあった後は全体シェアリングへ。

「自分ができる準備はたかが知れてる。予測不能なことは不安がらない。」
「仕事は好きだけど自分のためだけじゃない。子どもにも働いている姿を見せたい。
夫婦が支え合っている姿を見せながら働きたい」

「いずれ手は離れる。今は仕事を抑える時と腹をくくる時」
「正解はない。自分の心地良いと思うことを、その時その時で選んでいく」
などなど、色んな言葉が溢れ出ていました。

10717461_684581511632932_1361580888_n.jpg

10714767_684581378299612_590626252_n.jpg

その中でも私は「周囲には、育児も仕事も立派にやってると思われたい」との言葉が
印象に残りました。
その発言がなされた時、皆さん「うんうん、わかるわかる」と頷いており、
私も(あ、私だけじゃないんだ・・)とホッとしたのです。

虚栄心。
答えの出ない問題。
時に果てしなく続くように感じる家事や育児の疲労も全部、
吐露してしまうという事の大切さに改めて気付きました。

言葉にすることで整理され、自分を受け入れたり見つめ直すことができる。
人に話すということはアナログだけど、
何かを解決する一番の近道なのかもしれない
と思いました。

「何を選んでも迷いは出る。今日ここで話せて初めて(しんどい部分あったんだな)とわかった」
そう最後に語った女性の穏やかな表情が心に残っています。

10708161_684581614966255_548403433_n.jpg

「●●ちゃんのママ」ではなく「私」を主語にして「母として働く」を語る。
育休中・就労中と様々な状況の中で各々が言葉を紡いだ、あたたかいサロンとなりました。
終わったあとの晴れやかな笑顔!
ご参加頂きありがとうございました!

まだ参加されたことのない方は、サロンの空気をぜひ肌で感じて下さい。
スタッフ一同お待ちしております!
(文責:WMS練馬杉並北チーム プロジェクトメンバー 堂道まこ)

*****

【NECワーキングマザーサロン練馬・杉並北のご案内】

次回のサロンは10/11(土)阿佐ヶ谷地域区民センターで開催します。
満席のため、キャンセル待ちを受付ております
詳細はコチラ☆お申し込みはコチラの専用フォームから☆
練馬・杉並北チームでの開催予定はあと2回
⇒11/1(土)@成増※10/6受付開始予定・11/22(土)@練馬※詳細準備中
お問い合わせ:WMS練馬杉並北までメールでお願いします。
この記事へのコメント
コメントを書く