CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年08月25日

【開催報告】8/19(火)ワーキングマザーサロン@岐阜開催しました

こんにちは!NECワーキングマザーサロン東海チームのSaeこと森伸子です。
saeblog.jpg

8月19日(火)に東海チーム第3回サロンが岐阜市で開催されました。
岐阜県は産後ケア教室も開かれている地域とあって、
ワーキングマザーサロンもだんだんと皆さんにしっていただけるようになり
申込開始2日間で満席となりました。
キャンセルを待ってくださるほどの人気です。
ありがとうございます。

この日も東海チームの進行役はちまきちゃんこと佐橋真希さんが三重県から遠征してくれました。

まずはみんなで姿勢をよくし、話すためのウォーミングアップからスタートです。
P8194177.jpg

全体での自己紹介をした後、隣の席の方との自己紹介を
24時間以内にあったことを話すGOOD&NEWSとともに行いました。
P8194183.jpg

この雰囲気に慣れたところでいよいよ本題へ。
母となって働くことを考えます。キーとなる人生、仕事、パートナーシップ
について、最初はペアで言葉にします。
P8194192.jpg

話した後は全体でのシェアリング。
今回もさまざまな母が参加してくださいました。
時短を利用しながら勤務中の方、専業主婦の方、自由なスタイルで働く方、
育児休暇中の方など。

参加目的もさまざまです。
・母となって働くことに原点となったサロンに再参加。
・前向きに生き方を見つめたい。
・じっくり考える機会としたい。
・刺激がほしい。

今回は主にパートナーシップが大きなテーマとなりました。
やはり仕事を始めるとぶつかる壁の一つ。
パートナーをまきこんで家事育児をするのが
得意な方もいれば、自分で全てを抱え込んでしまう方も。

思い切って自分でできないって声をだしていくことに
どれだけ勇気がいることか。
その声をだしても、パートナーから論破されることをおそれ
負けを味わうくらいなら、話し合いから逃げることを選択するという話もでてきました。

穏やかに家庭の時間を過ごしたいと思いつつも
自分でもそのキーワードが出てくるってことは心の奥底に
パートナーとの話し合いを意識しているってことなんですね。

家庭でも職場でも産前と同じではいられない。
どれだけ人に任せることができるのか。
どれだけ手をぬいていくのか。
仕事に対して真摯に向きあうために母は色んなことに気くばりが必要なんだと私は感じました。

そして、その部分を少しでもパートナーが担ってくれたらどんなにありがたいか!!



最後は全員で記念の集合写真
P8194193.jpg

ランチ会も開催しました。
image-523bc.jpg

みなさん 貴重な時間を利用してワーキングマザーサロンに参加してくださりまして、
ありがとうございました。
みなさんの心が前向きに少しでもなっていただけてたら嬉しいです。

【文責:ワーキングマザーサロン東海チーム 森伸子】
この記事へのコメント
コメントを書く