CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | イベント報告 »
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
11月6日シンポジウムのご案内[2021年11月01日(Mon)]
11月6日に以下のシンポジウムに登壇します。
練馬からはちょっと遠いですが、良ければぜひ。
---------
第一線の専門家が東京の住まいと居住支援を語る・・・
「住まい」こそ人権!「居住」こそ福祉!
「住まいは人権」、「居住福祉」を提唱した日本住宅会議の創始者で神戸大学名誉教授の早川和男先生は次のように述べています(「居住福祉」・岩波新書1997年初版)。「住居は人権である。人間に値する生き方をすることは、人間としての基本的権利である。人間に値する生き方は、人間にふさわしい住居がなければ不可能である。」
そして、「人間にふさわしい住居の実現が福祉の基礎であること、あるいは福祉そのものであること」を提起し、「わたしたちの住んでいる家や町や村や国土そのものが福祉となるような、いわば『居住福祉』の状態にしていく必要があると思う」。
こうした提唱の実現に向けて、今回「居住支援」の現状とこれからを考えていきます。
シンポジスト
☆中島 明子 氏
和洋女子大名誉教授、台東区居住支援協議会会長ほか
☆平松 謙一 氏
おあしす福祉会理事長、精神科医
☆露木 尚文 氏
豊島区居住支援協議会・事務局長、住宅・都市問題研究所代表
☆加藤木 桜子 氏
居住支援法人運営、社会福祉士、練馬区議会議員
☆〔主催者挨拶〕坂庭 国晴 氏
NPO住まいの改善センター理事長
☆コーディネーター
間庭 尚之
江東社会福祉士会 会長
https://withtimehouse.org/20211106.pdf

2021-11-01.png

2021-11-01 (1).png
8月15日は庭ワークショップです  [2021年08月11日(Wed)]
庭はコスモスが咲き、トマトが生っています。

4FF1B001-0FB9-424F-897E-C8DEA0DB25D8.jpeg

FA092648-A2A7-4499-BA40-6DA463A998B3.jpeg

D8E885C6-11D3-43E8-8B30-A983B2141C43.jpeg

8月15日(日)10時〜12時、庭のワークショップです。参加費500円。
今回は庭でとれるハーブティーを楽しみます。ぜひお越しください。
お申し込みはこちらから

https://forms.gle/5D4Dj2dpCuShxP1a7
お庭の雑草取り&次回のお庭ワークショップのご案内[2021年07月13日(Tue)]
お庭に雑草がたくさん生えるので、詳しい方にご協力いただいて、ウイズタイムの人もふだんから雑草を抜く作業ができるように、今日の午後は教えてもらいました。

217594243_964743494318872_3908138080427394915_n.jpg

218146407_964743487652206_5493047666040641970_n.jpg

ウイズタイムハウスの私は相変わらず、どれが雑草でどれが植えた草なのか、自信がありませんが、ウイズタイムの所長が「わかったぞ」と言っていたからきっと大丈夫なのでしょう(^^;

217922309_964743484318873_6826195992069425437_n.jpg

花壇のコスモスが大きくなってくにゃ、となっていたのも、きれいに立てていただきました。
さて、こんどの日曜日7月18日はお庭のワークショップです。暑い季節になりましたので、10時からです。
前回はご参加いただいた方にも雑草取りをお願いしましたが、今回はそんなわけで雑草取りはほとんどなく、楽しんでいただけると思います。
218207966_964743480985540_6564913307929278150_n.jpg
居住支援セミナー「住まいを通じて見える生活課題と支援者に求められるもの」のご案内[2021年06月15日(Tue)]
7月31日(土)午後6時30分〜8時30分 
練馬区立勤労福祉会館
参加費無料

講師:大西連さん(認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい 理事長)

【会場参加の申し込みはこちらから】
https://forms.gle/XgJX82ndLK1evPSv5

配信はウイズタイムハウスのyoutube、Facebookページで実施予定です。

一般社団法人ウイズタイムハウスは2020年から、住まいや生活の相談を受ける「居住支援法人」の指定を受けました。これまでのとりくみで、住宅困窮者への支援は、住まいの紹介だけではなく、生活全般のサポートが必要であると感じています。今回の居住支援セミナーでは、長年、困窮者支援、住まいの支援をしている認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやいの理事長・大西連さんにお越しいただき、大西さんの普段の活動や、住まいの支援をするにあたって必要なことについてお聞きします。どなたでもお気軽にご参加ください。なお、セミナー会場の勤労福祉会館には階段昇降機はありますが、エレベーターはありません。なにかお手伝いが必要な場合は、あらかじめご相談ください。

197908186_296320565551803_4285034891768837202_n.jpg
ウイズタイムボイス(WTV)第2回音声ガイド作成講座〜映像と視覚障害の方との懸け橋になろう!〜[2021年04月24日(Sat)]
2021年度も、福祉医療機構様の助成事業として、音声ガイド講座を行います!昨年はご参加できなかった…という方もぜひいらしてください!



“面白い!”“悲しい!”“考えさせられた!”“心を揺さぶられた!”
映画を観た後、テレビを観た後、そんな想いを誰かと分かち合いたくなることはありませんか? その分かち合いの仲間に視覚障害のある人もいて、感想を共有できたら、心の視野も広がるかもしれません。
そんな仲間づくりのツールとして映像を言葉に置き換える、つまりビジュアル世界と視覚障害者の橋渡しができるのが「音声ガイド」です。
この「音声ガイド」にはちょっとしたコツが必要です。 講座を通して、1本の作品の「音声ガイド」を、寄ってたかって作り上げ、実際に視覚障害の方を交えて鑑賞するという、一応のゴールを目指す講座です。初めての方も安心してご参加ください。
今年度はドキュメンタリー映画での挑戦。秩父夜祭を舞台に、見世物小屋で働く人たちを追う「見世物小屋〜旅の芸人・人間ポンプ一座〜」(119分)を題材とします。

【主催】一般社団法人ウイズタイムハウス
【連携団体】バリアフリー演劇結社ばっかりばっかり、ネリマベース
※本事業は独立行政法人福祉医療機構の助成を受けて実施いたします。
【日程】
5月から10月までの全10回(土曜日の午後1時30分〜4時30分)
具体的には以下の通りです。
@5月22日 オリエンテーション(導入講座)
A6月12日 課題作品鑑賞/ガイド原稿の書き方講座/班分け発表
B6月26日 C7月10日 D7月24日 E8月14日 F8月28日 B〜Fはガイド検討会
G9月11日 誘導講座 H9月25日 監修原稿解説
I10月9日 視覚障害当事者をお招きしての発表会(成果報告会)
【参加費】
1回500円
【定員】12名
【場所】
ネリマベース(東京都練馬区練馬1-19-2 Nerikita bldg 202)または練馬駅周辺施設
オンラインも併用します。
【ご参加の条件】
1回目には必ずご参加ください。また、全回ご参加が望ましいですが、少なくとも5回以上は必ずご参加ください。お申し込みが定員を超過した場合は、ご参加可能日が多い方を優先いたします。
【お申し込み】
第1次締切を5月10日までとさせていただきます。締め切りが過ぎてもぜひお問合せください。
【参加費】1回500円 【定員】12名
【場所】ネリマベース(東京都練馬区練馬1-19-2 Nerikita bldg 202 練馬駅からすぐ)
オンラインも併用します。
【ご参加の条件】
1回目には必ずご参加ください。また、全回ご参加が望ましいですが、少なくとも5回以上は必ずご参加ください。お申し込みが定員を超過した場合は、ご参加可能日が多い方を優先いたします。
お申し込みはこちらのフォームからお願いします。
フォームの入力ができない場合は、info◎withtimehouse.orgまでお問い合わせください(◎を@に変えてメールをお送りください。
4月から庭ワークショップを行います。[2021年04月06日(Tue)]
昨年末、ウイズタイムハウス大泉学園に新たに庭をつくりました。
ウイズタイムガーデンです。サイトはこちら

4月から毎月第三日曜日とときどき金曜日、庭で薔薇やハーブを育てるワークショップを行います。
4月9日(金)午後1時〜3時 植物が育ちやすいよう土を振る。参加費無料
4月18日(日)午後1時〜3時 薔薇を育てる準備 参加費500円。

その後は以下の通りです。

ヤマト福祉財団の助成をいただいて実施します。
ぜひご参加ください。


4月18日(日)、5月16日(日) 、6月20日(日)
午後1時〜3時 参加費500円

5月21日(金)午後2時〜4時 参加費無料

7月18日(日)、8月15日(日)、9月19日(日)10月17日(日)、11月21(日)
午前10時〜12時 参加費500円

10月29日(金)、11月19日(金)、3月18日(金)
午後2時〜4時 参加費無料

12月19日(日)、1月16日(日)、2月20日(日)、3月20日(日)
午後1時〜3時 参加費500円

75FD795E-97B1-4169-8713-A556DB367090.jpeg
2020年度音声ガイド講座報告会のご案内[2021年03月04日(Thu)]
3月20日(土)午後2時〜5時
参加費無料。石神井公園区民交流センター2階 展示室兼集会室にて。
http://www.nerimatatemonoshakujii.jp/

お申し込みフォームはこちら

一般社団法人ウイズタイムハウスでは、2020年度福祉医療機構助成事業として、視覚障害のある人が映画を楽しむ音声ガイド講座を実施しています。
12月には、コロナ感染拡大状況を受け規模を縮小して実施しましたが、このたび改めて報告会を実施します。

156196197_721671985211087_5188411473992606029_n.jpg

10月から12月にかけての講座で、9名の受講生が音声ガイドの作り方を一から学んできました。
今回題材にしたのは「子どもたちをよろしく」。1時間45分の映画です。
このたび、その完成版をぜひ皆さんに見て、音声ガイドの体験をし、感想を言っていただきたく、報告会という形で映画の上映とディスカッションをします。音声ガイドづくりの活動は、来年度以降も継続していきたいと考えております。視覚障害のある方はもちろんのこと、音声ガイドに関心のある方、映画が好きな方、ぜひご参加ください。
なお、「子どもたちをよろしく」は、いじめ、虐待など過酷な環境にあるこどもたちのことを描いた映画です。家庭内の暴力などの場面があります。暴力シーンでフラッシュバックの心配のある方にはおすすめいたしません。
当日の流れ:午後2時〜会の開始、映画上映。
映画終了後、音声ガイドに対するご意見を中心に、ご意見を出していただく時間を持ちます。
----------------
http://kodomoyoroshiku.com/
「子どもたちをよろしく」とは(ホームページより)
2019年の作品。105分。
寺脇研さん、前川喜平さんが企画に関わっていらっしゃる映画です。
東京にほど近い北関東のとある街。デリヘルで働く優樹菜は、実の母親・妙子と義父・辰郎そして、辰郎の連れ子・稔の四人家族。辰郎は酒に酔うと、妙子と稔には暴力、血の繋がらない優樹菜には性暴力を繰り返した。母の妙子は、まったくなす術なく、見てみぬふり。義弟の稔は、父と母に不満を感じながら優樹菜に淡い想いを抱いていた。優樹菜が働くデリヘル「ラブラブ48」で運転手をする貞夫は、妻に逃げられ重度のギャンブル依存症。一人息子・洋一をほったらかし帰宅するのはいつも深夜。洋一は暗く狭い部屋の中、帰ることのない母を待ち続けていた。
居住支援セミナーを実施します[2020年12月29日(Tue)]
居住支援セミナー
日時:2021年1月17日(日)午後2時〜4時 
会場:ウイズタイムハウス大泉学園(練馬区大泉学園町4−30−20)
会費:無料
オンラインでも配信します。ウイズタイムハウスのyoutubeをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCGgPyx4SymsqqFGzHdK4sYw/videos
本番後もアーカイブとして動画が残りますので、ぜひご覧ください。

1.居住支援法人の活動について 一般社団法人ウイズタイムハウス
2.豊島区での居住支援のとりくみ NPO法人クローバー 事務局長 藤井亘 氏
3.パネルディスカッション

一般社団法人ウイズタイムハウスは2020年から、住まいや生活の相談を受ける「居住支援法人」の指定を受けました。
今、障害のある人や高齢の人、ひとり親や生活困窮状態にある人など、様々な生活課題を持つ人の「住まい」を福祉的な視点で捉える政策が進みつつあります。自治体でも「居住支援協議会」というものを設置し、不動産関係者、福祉関係者などが参画して意見交換をしています。
今回の居住支援セミナーでは、23区の中でも早い段階から居住支援協議会を設置している豊島区で居住支援協議会に参加し、活動されている、NPO法人クローバーの事務局長・藤井亘さんにお越しいただき、豊島区における居住支援の取り組み、またクローバーが長年取り組んでいる障害者の地域生活の支援についてお話をお聞きします。


NPO法人クローバー
2002年設立。豊島区で障害のある人のヘルパーやショートステイなどの事業を実施。

設立趣旨(ホームページより)
従来の福祉サービスはどちらかといえば、生活をともにする家族の介護の負担軽減のように、家族支援の方に着目され、サービス展開が行なわれるという傾向がありました。しかし、これからは、障害をもつ人たち自身が着目され、自己表現・自己実現を図り、豊かな暮らしをしていくための支援サービスの展開が求められていくべきであると考えます。
このような背景に鑑みて、障害をもつ人自身に焦点を当てた様々な支援は、これからの社会福祉の中で必要とされていくと考えています。
そのために、私たちは「クローバー」を設立し、障害をもつ人たちを中心に、障害を持つ人々が地域で自立して生活していける社会の実現を図るため、障害を持つ人々の自立支援や障害を持つ人々の暮らしやすいまちづくりに関する事業などを行い、もって社会全体の利益の増進に寄与するものとします。

このセミナーは令和2年度共生社会実現に向けた住宅セーフティネット機能強化・推進事業「住宅確保要配慮者居住支援法人が行なう民間賃貸住宅等への入居の円滑化に係る活動の支援に関する事業」の助成を受けて実施します。
リアル参加の方は、以下の項目をご記入の上、メールまたはFAXにてお申し込みください。
info@withtimehouse.org
03-6339-3577
名前
住所
電話番号・メール
E34EFBB8-066D-48BB-A4F7-1E8F317CBB06.jpeg
明日は庭づくりワークショップ[2020年12月04日(Fri)]
お庭はだいぶできあがってきましたよ。12月5日の土曜日は、塀を仕上げるワークショップをします。
10時〜12時、13時〜15時。お昼はまかないも用意します。ぜひお立ち寄りください。
927D3AF1-5A6D-4036-8710-261AD0C11AC5.jpeg
音声ガイド講座成果報告会のご案内[2020年11月21日(Sat)]
音声ガイド講座成果報告会のご案内
〜映像と視覚障害の方との懸け橋になろう〜
2020年12月26日(土)午後2時〜4時30分 
大泉学園勤労福祉会館(練馬区東大泉5-40-36)1階集会室にて
参加費無料
お申し込みはこちら

一般社団法人ウイズタイムハウスでは、2020年度福祉医療機構助成事業として、視覚障害のある人が映画を楽しむ音声ガイド講座を実施しています。
10月から12月にかけての講座で、9名の受講生が音声ガイドの作り方を一から学んできました。
今回題材にしたのは「子どもたちをよろしく」。1時間45分の映画です。
今回の報告会では、音声ガイド付きで映画を鑑賞していただき、その感想を聞かせていただきたいと思っています。音声ガイドづくりの活動は、来年度以降も継続していきたいと考えております。視覚障害のある方はもちろんのこと、音声ガイドに関心のある方、映画が好きな方、ぜひご参加ください。
視覚障害のある方で駅から会場へのガイドが必要な方は、上記申し込みフォームにご記入いただくか、メールでお申し込みください。
info@withtimehouse.org

なお、「子どもたちをよろしく」は、いじめ、虐待など過酷な環境にあるこどもたちのことを描いた映画です。家庭内の暴力などの場面があります。暴力シーンでフラッシュバックの心配のある方にはおすすめいたしません。
当日の流れ:午後2時〜会の開始、映画上映。
映画終了後、音声ガイドに対するご意見を中心に、ご意見を出していただく時間を持ちます。
----------------
「子どもたちをよろしく」とは(ホームページより)
2019年の作品。105分。
寺脇研さん、前川喜平さんが企画に関わっていらっしゃる映画です。
東京にほど近い北関東のとある街。デリヘルで働く優樹菜は、実の母親・妙子と義父・辰郎そして、辰郎の連れ子・稔の四人家族。辰郎は酒に酔うと、妙子と稔には暴力、血の繋がらない優樹菜には性暴力を繰り返した。母の妙子は、まったくなす術なく、見てみぬふり。義弟の稔は、父と母に不満を感じながら優樹菜に淡い想いを抱いていた。優樹菜が働くデリヘル「ラブラブ48」で運転手をする貞夫は、妻に逃げられ重度のギャンブル依存症。一人息子・洋一をほったらかし帰宅するのはいつも深夜。洋一は暗く狭い部屋の中、帰ることのない母を待ち続けていた。

 61C2E4BA-5039-4B72-B227-EBE0B29B1886.jpeg

Posted by 加藤木 at 11:48 | イベントのご案内 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ウイズタイムハウスさんの画像
https://blog.canpan.info/withtimehouseooizumi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/withtimehouseooizumi/index2_0.xml