CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年02月19日

衣類のクリーニング仕上げ作業

 リネン工場以外での作業をしていただいている方もおられます。
 下の写真は、一般の衣類を仕上げる作業で、カッターシャツをプレスする作業の様子です。

DSC02713.JPG
 この機械では、シャツの襟と袖口を2着同時にプレスすることができ、プレスしている間に次の2着をセットして準備します。

DSC00327.JPG
 生地が厚めの物は仕上げの前に袖専用のプレス機も使います。

DSC02712.JPG
 そして、この立体ボディー仕上げ機に身ごろと袖をセットして内側からの蒸気圧で仕上げます。また、上手くいかなかったものはここでチェックして手直しに回します。

 これらの作業を1人でやる時もあれば、2人で組になって手分けして作業もします。すばやくきれいにリズムよく、時には臨機応変な対応も必要で大変な作業です。



 立体仕上げではない衣類や小物は次のように、きちんとにたたみ、写真の機械を使って包装していきます。
DSC00319.JPG

DSC02718.JPG

DSC02716.JPG
 そして、包装が終わったものは、送り先の営業店ごとに仕分けして完了です。

 時期によって、繁閑の差はありますが、季節の変わり目にはとてもたくさんの品物をきれいに仕上げるよう頑張っておられます。
posted by 吉川 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2017年11月30日

利用定員変更のお知らせ

 いなほの郷では、就労継続支援A型事業につきまして、これまで利用定員を40名としておりましたが、12月1日より20名に変更いたします。

 今後の地域性・社会情勢、また、ご利用・お問い合わせ状況等の推移からみて、このように変更いたしましたが、A型事業・B型事業ともに、まだまだ利用して下さる方を募集いたしております。就労継続支援サービスが必要な方の支援ができるよう、一層良い事業所を目指していきますので、いなほの郷に興味をお持ちいただけましたら、ぜひ、お問合せ、ご紹介いただきますよう、宜しくお願いいたします。
posted by 吉川 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2017年10月11日

秋の作業風景

 すっかり秋になり、過ごしやすい季節になりました。どこの地域でもお祭りや学校行事などが盛んに行われていると思います。
 いなほの郷でもそのような催しで使われた物のクリーニング仕上げ作業をさせていただいております。

 はっぴのプレスやアイロンがけをたくさん作業しています。
DSC_0421.JPG
DSC_0443.JPG
DSC01682.JPG
DSC_0425.JPG

お祭りで神社にかかげる大きなのぼり旗や、石見神楽などで使われるような、白着物やたくりといったものもたくさん出てきます。
DSC_0441.JPG
DSC_0440 (2).JPG
DSC01878.JPG

運動会やスポーツイベントで使われたハチマキやゼッケン、決勝テープや旗などもあります。
DSC01876.JPG
DSC_0431.JPG
DSC01839.JPG

 こういったものを目にすると、にぎやかさが伝わってくるようです。
posted by 吉川 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2017年09月14日

全重協中四国ブロック会議

 9月10日、全国障害者雇用事業所協会・中四国ブロック会議が、ここ島根県浜田市で行われ、いなほの郷が事業所見学の場となり、障害者雇用をされている多くの企業の方が遠方よりお越しくださいました。
 はじめに、理事長より団体・事業所についての説明があり、それから工場をご案内しました。利用者の皆さんの働いておられる様子をご覧になられ、案内する職員に質問されたり、アドバイスをいただくこともあり、私たちにとっても大変意義のある催しとなりました。
posted by 吉川 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2017年07月04日

しまね安全ドライブ・コンテスト2017

 「しまね安全ドライブ・コンテスト2017」 という企画の紹介があり、期間内、無事故・無違反で抽選が賞品をもらえ、併せてSDカードも発行されるとのことで、事業所内の職員で興味がある者で1チーム参加することにしました。
 利用者の方の送迎をはじめ、ご家庭や他事業所等への訪問、その他車の利用は多く、の安全運転を心がけます。

posted by 吉川 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2017年06月16日

重度障害者雇用地方相談協力員研修

 先日、千葉の障害者職業総合センターで行われた、「重度障害者雇用地方協力相談協力員」平成29年度研修に出席しました。60名ほどの協力員の皆さんが全国から来られていました。

DSC_0343.JPG
午前の部は2つの講義がありました。
 まずは、「難病のある方の基礎知識と就労について」ということで、難病の定義や難病の特徴、難病医療費助成、難病のある方や家族のニーズなどについての講義や、難病相談支援センターや難病患者就職サポーターの説明がありました。

 次に、「高次脳機能障害の特性と雇用上の留意点」についての講義で、高次脳機能の特性、環境調整に関するアイディア、職場で起こりやすいエピソードなどの事例を色々と聞くことができました。

 午後の部は、重度障害者雇用地方相談協力員の業務の実際について、グループ討議を行いました。島根のウェルチャームが入らせていただいたグループは、北海道、佐賀、福井、大阪、千葉の相談協力員の方がいらっしゃって、多様な事業形態で、地理的にも大きく異なる地域の方々から、普段では聞くことのできない就労支援の実情について意見交換ができました。地域により違いのあることもあれば、同じことで悩んでおられることもわかり、そんな中、取り組み方の違いを参考に今後活かしていけるような、とても有意義な研修でした。

posted by 吉川 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2017年05月25日

浜田市防災出前講座

 当事業所の防災体制を整備を進めているところですが、なかなか現実に即した計画を策定しようとしても悩む点がいくつもあり、市役所へ相談したところ、安心安全推進課より「浜田市出前講座」という制度があることを知り、先日講師の方にお越しいただき、当事業所の職員と、協力会社の従業員の皆さん合同で講座に参加しました。

DSC07923.jpg

 いなほの郷の休憩室に機材と資料をお持ちいただき、1時間程度の講義をしていただきました。
 日頃の備え、避難に対する考え方、情報収集の手段など、色々な事例を聞くことでポイントを整理できたように思います。また、事業所近辺のハザードマップを基に、周辺がどのような環境で、どのようなリスクがあるのか知ることができました。

 今後、防災計画を見直しや訓練をするに際し、障がい者の方はそれぞれ配慮が必要なポイントも違うということも踏まえ、もしもの災害に備えて準備をしていきます。

posted by 吉川 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2017年05月06日

新らたな業務を受託しました 【2017年 春】

 先月より、私たちと同じ島根県西部石見地方である大田市の企業様から、新たな請負のお仕事ををいただくことができました。
 作業の内容は、食品パッケージの賞味期限の印字作業です。
印字する機械をお借りして、定められた日付の印字を納期に向けて、しっかりきれいに写るよう丁寧に作業をこなしておられます。あわせて、職員も一緒に出来映えをチェックしています。
DSC07921.JPG

DSC07918.JPG

 今後も委託を下さった企業様のお手伝いになるよう、また、作業者の方がやりがいをもって取り組めるよう工夫して参ります。

続きを読む・・・
posted by 吉川 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2017年04月01日

春休み時期ならでは・・・

 例年学校の春休みの時期には、近隣の学校からの給食エプロンやカーテンなどのクリーニング作業をいなほの郷でも扱わせていただいています。
 給食関係は、エプロン、三角巾や帽子、袋がセットになります。
 プレス作業は数量が多く、普段取り扱っている品物も遅れずい仕上げなければいけませんので、要領よく設備を扱うことが肝心になってきますので、いつもより多くの人数でも作業場が混乱しないよう注意を払って行います。
DSC07455.JPG

 プレスが終わると、部分的にシワがあるところのアイロンがけをします。今年はこれまでにやったことがない方に作業へ入っていただき、これを機会にアイロン作業を覚えてくださっています。
DSC07442.JPG

 カーテンは、教室などの大きなものを多数クリーニングします。
乾燥とたたむ作業も大掛かりです。
DSC07459.JPG

DSC07436.JPG

 この時期に限らず、こういった品物も取り扱っておりますので、ご用命があればお問合せ下さい。
posted by 吉川 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2017年03月08日

中国ろうきんNPO寄付システム

 2月20日、中国ろうきんNPO寄付システムの助成団体に採択していただき、島根県松江市で執り行われた贈呈式に出席いたしました。この度の助成金はB型事業の発展の為に、支援体制の整備と広報活動に活用させていただく考えです。
 今年度25団体が採択されたということで、県内で他のNPO団体の皆様が、様々な分野で活躍されている様子を知ることも出来ました。
 これを励みに、事業を盛り立てていく上で、NPO法人であることに恥じない運営をしていきたいと思います。



DSC07036.JPG
posted by 吉川 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告