CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年10月18日

就労継続支援B型事業

 これまでご紹介してきたクリーニング作業は、雇用契約に基づき利用していただく就労継続支援A型事業になります。今回は雇用はされず、就労継続支援B型事業をご紹介します。
 いなほの郷は27年10月より、多機能型事業所として就労継続支援B型事業所を開始しました。開所から1年が経ち、現在4名の方が利用されています。
 今回は、いなほの郷で扱っている作業の内容を紹介します。
 これまでいなほの郷クリーニング工場の一部がB型事業所の作業場になっていましたが、今月に入り倉庫の一部を改修してB型第2作業場を作りました。
DSC05614.JPG
 今回は、いなほの郷で扱っている作業内容を紹介します。

・箱折り作業
DSC05563.JPG
 裁断され、折り目が付いる段ボールを折り込んでいき、写真のように箱の形に組み立てる作業です。

・シール貼り作業
DSC05590.JPG
 食品のパック容器にシールを貼っていく作業です。決められ位置にしっかりと貼り付けていきます。

・ウレタン敷き作業
DSC05602.JPG
 トレイ中央の型に合わせてウレタンを敷いていく作業もあります。
 このような食品の容器を扱う作業は、帽子、マスクを着け、手の消毒をして作業します。

・タオルたたみ作業
DSC05598 (2).JPG
 クリーニング工場の繁忙期には、乾燥まで終わったタオルをたたんでいく作業をB型作業場でも行ってもらいます。

 今後さらに仕事場の環境と体制を整えていき、これら以外にも色々な仕事で支援できることを目指します。



posted by 吉川 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業所案内
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック