CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年08月07日

魔法の言葉(お手伝い)

7341.jpg


以前の私は、新しい環境と新しい人間関係を作っていくうえで、どうやったら慣れるのか、
どうしたら安心できるのかが分からずに、妙に緊張していました。

会長に、相談しました。内容は、勇気が出せない、人の中に溶け込めない、自分だけが浮いている等でした。
そんなときに会長から「お手伝いありませんか?」と聞いてみて。と言う言葉を教えてくださいました。
この言葉が言えるようになってきて、初めて会う人にでもよい関係でいられるようになりました。
自分中心ではなく、他者への思いやりを持って関りを持つことが大切だと気がつきました。

日々、悩みから開放され、成長で来ていることに感謝します。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 木春菊 at 23:06 | Comment(0) | 気持ちと解決

2020年08月06日

作業をする前に必要なひとこと

21695.jpg


昨日は、暑かったですが、久しぶりに外作業を行いました。
汗を流して体を動かすのは、気持ちよかったです。

一人での作業でした。作業が終わると、即休憩を促されました。
後から、周りの人は心配していたと聞きました。

自分は、途中でしっかり休憩をとって、時間を区切って休み休み作業をしていましたが
周りの人は、私の休憩の姿を見ていないので、心配をかけてしまいました。

炎天下で外作業をするときなどは、
心配をかけることを想定して、
先に段取りをほかの人に伝えておくことが必要だったのかと、
後から仲間と話しをして思いました。
「一人での作業ですが、〇時までの予定で、○時に休憩を挟みます」
この一文を周りの人に伝えていれば、心配かけなかったのだと思いました。

学びある生活をくださる皆さんに感謝しています。ありがとうございます。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 美琴 at 13:23 | Comment(0) | 生活と回復

2020年08月05日

ミントの花が咲きました

20205.jpg


庭に植えているブラックペパーミントの花が咲きました。
ラベンダーの様な紫色の花でとても可愛いです。

ミントは去年、みんなで植えたものです。
その時も会長と理事長が植え方を教えてくださいました。

また、会長と理事長が一生懸命手入れをしてくださって、今では、大きくなり、たくさん増えています。

会長が「植物はね、毎日少しでも手をかけたり、『元気かな?どうかな?』と様子を見たりするだけでも全然違うんだよ。植物って面白いね」と教えてくださったことを思い出しました。

植物も命があり、大切にされるだけ元気になり、人と同じあることを実感しました。

全てのものに感謝し、愛情を持って接していけるよう心を磨いていきたいと思います。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 16:14 | Comment(0) | 農業と回復

2020年08月04日

農業日和6(サツマイモの苗作り)

IMG_20200803_152231650.jpg


去年の秋、近所の方からさつまいもを頂きました。
とても大きくて、立派なものでした。
普通だとなるべく早く食べないと腐るのですが、良い状態を保っていました。
今年の夏、ほぼ一年が経ったとき、変化がありました。
今までなかった根っこのような、つるのようなものが出てきていました。
早速、理事長に相談したところ、プランターに入れて芽が出てきたら、畑に植えたらいいよ。と教わりました。
数日経ちましたが、なんと芽が出てきました。
サツマイモ苗は買わないといけないとか、自分には苗は育てられないものだと思っていましたが、
自然に芽が出た事が嬉しかったです。

田舎暮らしをはじめて、自然に育つとは何か。を学べるようになりました。

感謝しています。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 木春菊 at 16:42 | Comment(0) | 農業と回復

2020年08月03日

「他人から見えないところを綺麗にする」

21497.jpg


他人から見えないところを綺麗にする。
会長から、この言葉を教えていただいたことがありました。
その当時高校生だった私は、他人から見えていないところは、お家の中かなと思いました。
キレイに片付けよう。と思いました。しかし、今になって振り返ると、
家の中のことだけを言っているのではない事が分かりました。

家を片付けることはもちろん大切だけど、
心の中が、1 番、他人から見えないところだなと思いました。
心こそ、きれいするものなのだと、今はそう受け取ります。
見えない所だからこそ、美しくしていきたいと思います。

私は心というものが何なのかすらも、よくわかってないような子でした。
会長から、美しい心について、たくさんの事を教わり、
今では人の心や善意を受け取れるようになってきました。

暖かく暮らせるようにしてくださった事、感謝しています。
見守ってくださる皆様に感謝しています。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 美琴 at 22:40 | Comment(0) | 気持ちと解決

2020年08月02日

ピーナッツの苗植えをしました。

Viber_画像_2020-08-01_16-30-10.jpg


昨日は久しぶりに畑に行きました。
そして、メンバーが育てたピーナッツの苗を植えました。
 
夕方で空も曇っていて、心地よい風も吹いていて、とても気持ちの良い中で行うことができました。

私は、去年もピーナッツの苗植えを行っています。
その時は会長や理事長と行いました。
その時の私は、苗を引っこ抜くように取り出し、何も考えずにただ単に植えていました。
それを見ていた会長から「植物に対する態度が人に対する態度でもあるんだよ。苗も命があるんだよ。だから、大切に植えるんだよ。」と教わりました。
私は、苗に対してとても心無いことをしていたと分かりました。

会長からは、苗の植え方も教わりました。
苗が驚かないように、苗の土ごとそっと取り出すことや、優しく土をかけること等、たくさん配慮することがあると学びました。
そのように植えられた苗はとても嬉しそうに見えました。

今年は会長から教わったことを思い出して行いました。
一つ一つの苗を手に取るたびに植物の命を感じました。
また、「ここに植えるね。大きく育ってね」と心の中で自然と声を掛けていました。

私は、とても苗植えをしながら温かい気持ちになっていました。

苗植えをして、たくさん心が満たされたことに感謝です。
また、いつも見ていてくださり、教えてくださる会長、みなさんがいることに感謝です。
たくさん今まで知らなかった気持ちを知り、癒されています。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 14:35 | Comment(0) | 農業と回復

2020年08月01日

毎日、同じように過ごす日々

IMG_20200801_082219121.jpg


学生時代、平日学校で、土日祝は休み
新人社員時代、平日は仕事、土日は休みという生活でした。

会長に出会ってからは、毎日、時間を決めて、同じように過ごすことを教わりました。
女性福祉センターに来てからスタッフの方に「訓練と思って取り組んでみて。」と教えをくださり、日々訓練と思って、過ごしてきました。

スタッフの中で、年中無休ですと言っているのを聞いて、そんなに体力あるんだ。すごいなと思っていました。
私自身も、毎日同じように過ごす訓練を繰り返していくうちに、心も体も安定してきました。

前の私なら土日は、稼ぎ時だから働こうとか、イベントやボランティアに行くとか
反対に、ダラダラとテレビを見て過ごすとか、とりあえず休日は、3食食べるだけでいいみたいな
裏表のある生活をしていました。
何をしても続かなくて、あきっぽい私でしたが、毎日同じような生活が送れるようになりました。
人としてあるべき姿を教えてくださり。ありがとうございます。
感謝します。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 木春菊 at 22:34 | Comment(0) | 生活と回復

自分が損をする

212440_s.jpg


昔、会長から、「いつも自分が損をする方を選ぶんよ」
と教わったことがあります。
昔の私は、よく意味が分かりませんでした。
いつも得をする方を選ぶようになっていたからだと思います。
自分の選択に意識を向けることがありませんでした。

最近、会長の作った行動のチェックシートをするようになった事もあって、
損をする方を選ぶんだと、いつも意識するようになりました。

会長が昔言っておられた言葉が、チェックシートの項目を読むと、
少しずつ、思い起こされてきました。
損をする方を選ぶ事を意識すると、
自分を冷静に見れる、心が平穏でいられる。
人に感謝ができる。我が取れる。謙虚になれる。

自分の成長につながる、よい事が沢山ありました。

いつも見守ってくださる皆様に感謝します。
温かい生活が送れるようにしてくださり、ありがとうございます。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 美琴 at 00:27 | Comment(0) | 気持ちと解決