CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


https://wc-w.or.jp/ 新ページ

女性が笑顔で過ごすなら、世界は美しく、楽しいところになるはずです。心癒され、他の人の幸せを作ることに生きがいを見出した、女性たちの楽しい笑い声が今日も聞こえてきます。
kaki.jpg

ご注意
・このブログでは今苦しんでいる人、困っている人に向けて「希望があること」「回復すること」「一人ではないこと」を伝えるために開設されています。
・夏目漱石が小説を書き始めたのは、神経症の治療が目的だったように、ライティングには書くことによって心理的に回復する効果があると考えています。
・このブログには、誰かを非難したり責める目的が一切ないことを宣言します。
・筆者は出来事や思いを、ありのままそのまま書き出しています。
・読者がどのように感じられるかは、全てその方個人の自由であり、その感覚はその方個人に帰属しているものと考えています。
・このブログを必要とされる方がたくさんおられますので、もしも不愉快を感じられる方がおられましたら、お読みにならないようお願いいたします。

2020年11月09日

絶対に解決する

3841745_s (1).jpg


私は、小学生の頃から自分の身体のことで気になることがありました。
それは睡魔です。授業中はほとんど居眠りをしていました。
また、部活中、楽器を持って、立って練習しているときもウトウトして、
倒れそうになることが頻繁にありました。
また、大切な試験の時でも寝てしまっていました。
最近では、立って歌を歌っているときや本を読んだり、
スマホを見ている時も眠ってしまうことがあります。
なんでこんなに眠くなるのか、睡眠はとれているのに眠いのは何でだろうか、
眠りたくないのに何で寝てしまうのだろうかとずっと考えていました。

そんなとき、メンバーが、私が立って寝て倒れそうになるところや、
寝ないようにと対策をしたうえで話を聞いているのに寝てしまっている様子をみて、
心配し、病院に連れて行ってくださいました。

すると、しっかり病名があり、治療もできることが分かりました。

それを聞いた時、とても安心感に包まれ、心に光が差しました。
希望が持てたようで、とても嬉しかったです。

また、私のことをよく見守ってくださっている女性福祉センターの皆さんのおかげで、
気づいてもらえました。そのおかげで、病院に行くことができました。
私のことを自分のことの様に考えてくださっていました。寄り添ってもらい、
とても温かい気持ちです。

そして、1人で抱えて悩んでいたことも、解決する日がくると
信じることが大切だと思いました。私は、解決しないと思って過ごしてきました。
しかし、私の悩みは少しずつですが、解決していっています。今回のことで、
全てのことが絶対解決するんだと信じていいのだと思えました。

ありがとうございます。






最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 13:00 | Comment(0) | 生活と回復

2020年11月08日

のらっぱの思い出

IMG_20201028_075010165.jpg


先日、女性福祉センターの庭に大根葉のようなものを見つけました。
畝を立てていない所に生えていたので、何なのか分からずにいました。
理事長に庭に生えたものを見て頂きました。「根っこが太いから野良に生えたもので、のらっぱ。食べられるよ」と教えてくださいました。
女性福祉センターに来て、料理を始めたばかりの頃、会長から「のらっぱは、茹でたものをパスタにトッピングしたり、よく炒めたものをチャーハンに入れると美味くなるよ」と教えてくださいました。実際、料理してみて、とても美味しくなりました。今回も料理に加えて美味しく頂きたいと思います。 
自然の恵みと沢山の知恵を与えてくださり、感謝します。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。


posted by 木春菊 at 12:00 | Comment(0) | 食生活と回復

2020年11月07日

チャレンジ!

4041087_s.jpg


先日、お仕事お休みの日に時間ができたので、してみたかったことをしました。
それは、髪の毛を巻く練習をすることです。

美容院に行ったとき、いつもヘアアイロンを使ってキレイに巻いてもらっていて
「こんなのが自分でもできたらいいな〜」と思ったのがきっかけです。

それで、悩んだ挙句、購入し、実践したのが先日のことです。

美容師さんに簡単に教えてもらったのですが、随分前のことだったので、
あまり覚えておらず、ユーチューブで動画を見つけてすることにしました。

巻き方の基本を載せている動画があったので、それにしました。
見てみると、巻くにあたって、しっかり段取りがありました。
そして、巻き方にもワンカールだったり、外巻きだったり、
いろいろな巻き方があることを知りました。
そして、巻いた後すぐ崩すのではなく、冷めてから崩すとよいことも学びました。

今回は、熱を通さず、動画を流しながら見様見真似で行いました。

コツコツと頑張っていきたいと思います!そして、楽しみができたことに感謝です。

誰かのためにしてあげられる日がきたらいいな〜とも思います。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。




posted by 梓希 at 21:51 | Comment(0) | 生活と回復

2020年11月05日

あいさつ

191018_s.jpg


最近、町内でクマが相次いで目撃されているようです。
わたしは、散歩コースを変更し、
クマの出没スポットを避けて通るようにしました。

散歩中、誰かとすれ違うと、大人も子供も必ず挨拶をしてくださいます。
こんにちは!と挨拶をすると、笑顔で、挨拶が返ってきます。
子どもたちは、大きな声であいさつをしてくださいます。
都会では無い光景ですが、地域の人と挨拶をし合うと、とても気持ちがいいです。
地域の人に挨拶をするたびに、顔見知りが増えていくのも、喜びだなと思います。

笑顔の大切さに改めて気づかされました。
人を爽やかな気持ちにする挨拶と笑顔を意識していきたいです。

暖かい生活を下さり感謝します。
ありがとうございます。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 美琴 at 12:00 | Comment(0) | 生活と回復

2020年11月04日

洋服を片付ける

60992_s.jpg


以前の私は洋服の整理がとても苦手でした。

何年も着ていて、古びていても、
「もったいないな」「まだ、いつか着るかもしれない」と捨てられずにいました。

それで、新しい服を買うので、どんどん洋服が増えていくばかりでした。

洋服を買うときは、たくさん持っていて、自分が何を持っているか把握できていないので、
似たようなものを買ってしまい、結果、着ないまま放置されていることもありました。

しかし、会長に「自分の持ち物を把握していることが物を大切にしていることなんだよ」
「服を大切にしていて、自分が着なくなったら誰かにあげてもいいよね。
それも服を大切にしていることに繋がるよね」と教えてもらい、
自分が洋服をおろそかにしていたと気づき、ちゃんと整理しよう!
と決心することができました。

それから、今シーズンで着なかったもので、古びているものは捨てて、
キレイな状態のものはメンバーに尋ね、あげたりしました。

そして、自分に似合わないと思ったものも手放すことにしました。

そうして、整理していくうちに、約50着程度になりました。何を自分が持っているか分かり、スッキリしました。また、洋服も選びやすくなり、洋服を着るのも楽しくなりました。買い物をするときも、よく吟味し、自分に似合うものを考えるようになりました。

物を大切にすることは毎日の生活が楽しくなることに繋がると感じます。
大切なことを教わる日々に感謝です。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 12:00 | Comment(0) | 生活と回復

2020年11月03日

農業日和15(ねぎ栽培)

IMG_20201026_075207038.jpg


ネギが育ち始めました。
以前から庭に生えていたのですが、どうやって育てるのか会長に聞いた時がありました。
会長から「スーパーで買ってきたネギの根っこの部分を植えたんだよ。」と教えてくださいました。
私もやってみようという気持ちになり植えてみたところ、成長して伸びてきました。
種から作るものだと思っていたネギでもスーパーに売っているもので栽培ができると思うと
視野が広がり、学びが深まりました。
もう少し育ったら収穫しようと思います。
収穫する日が待ち遠しいです。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。


posted by 木春菊 at 12:00 | Comment(0) | 農業と回復

2020年11月02日

肉巻きおふとんかつ

1427300_s.jpg


先月、高野豆腐を使って、高野豆腐とんかつを作りました。
その時、食卓の話題で、車麩を作ってみてもいいかもとアドバイスをもらってました。

車麩は、通常の麩よりも厚みがあり、煮物に入れても煮崩れることがなく、
美味しく仕上がります。健康について学び始めてからよく使っています。

その車麩を使って、日曜日の夕食でとんかつにしてみることにしました。

レシピは、高野豆腐とんかつを参考にしました。
作り方は、車麩を水に柔らかくなるまで浸し、絞ります。
それをコンソメ、醤油、みりん、砂糖を鍋に入れて、沸騰したところに車麩を入れ、
10分間煮ます。コンソメを入れると、具材が肉の味の様になるとのことです。
冷めるまで待った後、豚こま肉を車麩に巻きます。
そして、とんかつの様に、小麦粉、卵、パン粉の順番でつけていき、揚げていきます。
少ない時間で揚がりました。
また、なぜか油跳ねがなく、面白いな〜と思いながら楽しくできました。

食卓では、「お肉かと思った!」とか「これ本当に麩なの?」と好評でした。

ヘルシーで美味しく、節約にもなるお料理を考えて作るのは楽しいと感じました。

また、何か新しいことにチャレンジしたいと思います。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 12:00 | Comment(0) | 食生活と回復

2020年11月01日

献立づくり(ジャンル別)

IMG_20201022_190204380.jpg


女性福祉センターのスタッフと1週間交代で献立を立てはじめて、4ヶ月過ぎました。
最近では、和食、洋食、中華というように、日替わりでジャンルを変えて献立を立てています。
私は、今まで何度もしたことある和食のレシピを作る傾向にありました。
中華を週2回、洋食を週2回組み入れると決めた事で、作ったこともない料理の献立ができました。
また、同じレシピでも旬の野菜や肉の種類を変えただけで、違ったレシピになることもスタッフから教えて頂き、献立を立てるのが楽しいです。
沢山の知恵と学びをくださり、感謝します。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 木春菊 at 12:00 | Comment(0) | 食生活と回復

2020年10月31日

しなびたレタスの復活

22286_s.jpg


先日道の駅で、半額で購入した、しなしなのグリーンレタスがありました。
余りにもくたびれていて、どうするかなと思った時、
以前調べものをしていた時に、お湯で洗うとシャキッとするという記事を見たことを思い出しました。
メンバーと一緒に、試してみました。
50度ぐらいのお湯につけると、しなしなレタスが元のシャキシャキレタスに復活しました。感動しました。
しなびた野菜は、復活することを学びました。

沢山の学びの中で暮らせることに感謝します。ありがとうございます。   




最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。


posted by 美琴 at 12:00 | Comment(0) | 食生活と回復

2020年10月29日

吉賀町で暮らす

1895773_s.jpg

 
先日、仕事から帰っている時の出来事です。
その日は、日が暮れて大分暗くなっていました。

私の帰り道には、林があります。
私が丁度その道を歩いている時です。
横の方からゴソゴソという大きな音が聞こえました。
横は林の斜面です。「え?何だろう?」と思っていると
「フゴ、フゴ!」という唸り声がしました。

私は「これは人間の声じゃない!おそらくイノシシだ!」と思いました。
そして、その瞬間に走っていました。

後ろを振り返ると何もいませんでした。ホッと胸をなでおろした時、
「猛獣に背を向けて走ると襲われるよ」と教わったのを思い出しました。

今回は襲われずに逃げることができましたが、
実際、イノシシの目につきやすいところにいて、私が走っていたら…
と思うとドキッとしました。

メンバーにこのことを話しました。
すると、海外の方が、山の中でクーガーと出会い、撮影しながら後ろ向きで歩き、
最終的に襲われず、クーガーが去っていったという動画をみせてくれました。
背を向けず、走らないことがとても大切だということを学びました。

また、目があったらそらさないことも大切だそうです。

吉賀町では、クマ、イノシシ、猿とたくさん猛獣がいます。
今回の出来事で、吉賀町で暮らすには猛獣の対処法も
しっかり学んでいた方が良いと実感しました。

そして、自然の中で穏やかに暮らしたいです。

posted by 梓希 at 12:00 | Comment(0) | 生活と回復