CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2021年01月10日

皮膚が弱くても台所作業ができる

1628152_s.jpg


私は、小さい頃からアトピー性皮膚炎で、皮膚が弱い方でした。
大人になるにつれて、日常生活での皮膚の痒みや痛み等の症状はおさまっていました。
台所作業や農作業が終わった後に、手荒れがひどくなることがありました。
痛くて作業が上手くできない時もありました。
スタッフの人に悩みを相談しました。親身に考えてくださいました。

・お湯で皿洗いをすること
・台所洗剤を極力薄めること
・防水の手袋やゴム手袋を使うこと
・防水の絆創膏を貼ること
・アトピー性皮膚炎の人の為に作られた乳液で保湿すること
・農作業後に手洗いして病院からもらった薬を塗ること
・土を素手で触らないこと


自分の身体を大切にする事を致せり尽くせり教えて頂きました。
今では、手荒れがすっかり治って、家事も農作業も楽しくなりました。
人の温かさに心も身体も救われました。
皆様に感謝します。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

女性福祉センターの「すべての人にとって安心安全の社会づくりを進めるため、被害者に寄り添い、長期的に支援する活動」からもご支援いただけます。 →https://camp-fire.jp/projects/view/364255

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。



posted by 木春菊 at 21:59 | Comment(0) | 生活と回復

雪が積もりました

146219_s.jpg


私たちが住んでいる吉賀町では、新年早々、雪が積もりました。
直径3センチ程の雪が次々と落ちてきています。1時間で10センチ程積もりました。
こんなに積もったのは、私が吉賀町に移住した3年前以来です。

私は、九州の出身なので、雪が積もる地域に住む経験が初めてで、
とても嬉しかったのを思い出しました。鎌倉を人生で初めて作りました。
その時は、スタッフの方と地域の方も協力して、一緒に作ってくださいました。
寒い中でしたが、一生懸命作ってくださり、温かい気持ちになりました。

さて、今年は、私は、初めて雪の中、運転をします。
「暖機運転を出発する20分前からしていた方がいいよ!」とか
「ブレーキを踏むと滑りやすくなるから、あまり踏まないように」とか
「ゆっくりゆっくり走れば大丈夫」とたくさんの人がアドバイスをくださいます。

なので、用心して車を運転することができています。
私は、本当に支えられ、生きているんだなと思います。

人の温かさに触れ、生活できていることに感謝します。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

女性福祉センターの「すべての人にとって安心安全の社会づくりを進めるため、被害者に寄り添い、長期的に支援する活動」からもご支援いただけます。 →https://camp-fire.jp/projects/view/364255

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。





posted by 梓希 at 21:00 | Comment(0) | 生活と回復