CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年11月09日

絶対に解決する

3841745_s (1).jpg


私は、小学生の頃から自分の身体のことで気になることがありました。
それは睡魔です。授業中はほとんど居眠りをしていました。
また、部活中、楽器を持って、立って練習しているときもウトウトして、
倒れそうになることが頻繁にありました。
また、大切な試験の時でも寝てしまっていました。
最近では、立って歌を歌っているときや本を読んだり、
スマホを見ている時も眠ってしまうことがあります。
なんでこんなに眠くなるのか、睡眠はとれているのに眠いのは何でだろうか、
眠りたくないのに何で寝てしまうのだろうかとずっと考えていました。

そんなとき、メンバーが、私が立って寝て倒れそうになるところや、
寝ないようにと対策をしたうえで話を聞いているのに寝てしまっている様子をみて、
心配し、病院に連れて行ってくださいました。

すると、しっかり病名があり、治療もできることが分かりました。

それを聞いた時、とても安心感に包まれ、心に光が差しました。
希望が持てたようで、とても嬉しかったです。

また、私のことをよく見守ってくださっている女性福祉センターの皆さんのおかげで、
気づいてもらえました。そのおかげで、病院に行くことができました。
私のことを自分のことの様に考えてくださっていました。寄り添ってもらい、
とても温かい気持ちです。

そして、1人で抱えて悩んでいたことも、解決する日がくると
信じることが大切だと思いました。私は、解決しないと思って過ごしてきました。
しかし、私の悩みは少しずつですが、解決していっています。今回のことで、
全てのことが絶対解決するんだと信じていいのだと思えました。

ありがとうございます。






最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 13:00 | Comment(0) | 生活と回復