CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年11月04日

洋服を片付ける

60992_s.jpg


以前の私は洋服の整理がとても苦手でした。

何年も着ていて、古びていても、
「もったいないな」「まだ、いつか着るかもしれない」と捨てられずにいました。

それで、新しい服を買うので、どんどん洋服が増えていくばかりでした。

洋服を買うときは、たくさん持っていて、自分が何を持っているか把握できていないので、
似たようなものを買ってしまい、結果、着ないまま放置されていることもありました。

しかし、会長に「自分の持ち物を把握していることが物を大切にしていることなんだよ」
「服を大切にしていて、自分が着なくなったら誰かにあげてもいいよね。
それも服を大切にしていることに繋がるよね」と教えてもらい、
自分が洋服をおろそかにしていたと気づき、ちゃんと整理しよう!
と決心することができました。

それから、今シーズンで着なかったもので、古びているものは捨てて、
キレイな状態のものはメンバーに尋ね、あげたりしました。

そして、自分に似合わないと思ったものも手放すことにしました。

そうして、整理していくうちに、約50着程度になりました。何を自分が持っているか分かり、スッキリしました。また、洋服も選びやすくなり、洋服を着るのも楽しくなりました。買い物をするときも、よく吟味し、自分に似合うものを考えるようになりました。

物を大切にすることは毎日の生活が楽しくなることに繋がると感じます。
大切なことを教わる日々に感謝です。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 12:00 | Comment(0) | 生活と回復