CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年10月26日

肉じゃがから始めました

4019432_s.jpg


最近、料理を始めたてのメンバーに教えながら一緒に作っています。
それで、日曜日の夕食は肉じゃがでした。

料理始め立てのメンバーが肉じゃがを作るには3回目です。
なので、本人と話して、メインで作ってもらうことにしました。
2回目までは、メンバーの誰かが一緒に伴奏して、作っていました。

作ってもらった肉じゃがはとても美味しく出来上がっていて、
食卓でも「おいしい!」という声があがっていました。

私は、その時、自分が料理したての頃を思い出しました。

私が、最初に教わった料理が、肉じゃがでした。
包丁の使い方、野菜の洗い方、切り方、お肉の切り方、味見のタイミング、
水をいれるタイミング、具材のいれる順番等、1つ1つ丁寧に教えて頂きました。

そして、私も伴奏してもらって何度か肉じゃがを作りました。
そしてある日「そろそろ一人で肉じゃがを作ってみる?」と尋ねられ、1人で作る日がやってきました。

その日はワクワク、ドキドキでした。
教わったことを書いたメモをよくよく見て、確認しながら作りました。
一人で作っていると、教わったたくさんのことが、スッと自分の中に入ってくるような感じがしました。

時間をかけて、ゆっくりゆっくり作り、ようやく肉じゃがができました。

食卓では皆さん「おいしいよ〜」と言いながら食べて下さり、
とても嬉しく、料理って楽しいなと思いました。

また、肉じゃがを作れるようになって、たくさんのお料理が作れるようになりました。
肉じゃがを作る中で、教わったことがいろいろなお料理にも通じているんっだなと思いました。

私は、しっかりお料理を教わることができて、また、次の人に教えることができて、とても幸せです。
お料理の楽しさを伝えていきたいです。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 12:00 | Comment(0) | 食生活と回復