CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年09月11日

厳しい方を選ぶことが幸せ

3748030_s.jpg


日曜日、マナー研修会第4回がありました。
第4回目は、先生(メンバー)が配膳のアルバイトをしている時の話を聞かせて頂きました。
 
先生は、高校生の頃からホテルで配膳のアルバイトをしていました。
アルバイトは、社会経験を積むことが自分にとって厳しい道だと思ったから始めたのだと教えてくださいました。
また、アルバイトでは先輩たちにたくさん厳しいこと言われてきた。
しっかり成長してほしいと愛情をもって厳しいことを言ってくれる人がたくさんいたのだと話してくださいました。
逃げたいとおもうこともあったけど、厳しいと思う道を選んで精一杯してきたと教えてくださいました。
 
先生はいつも厳しい道を歩んできたことが分かりました。
だから、何もない状態からでも、たくさんの愛情を受けて、生きる術を身に付けることができたのだと思いました。
また、それがあるから、人にも愛情を持って厳しくできるのだと思いました。

厳しい環境に身を置くこと。それが一番安全で安心で幸せなのだと強く思いました。
今、この生活でも厳しいことを言って頂けています。特に、空っぽの私には厳しく感じることがたくさんあります。
しかし、今が大切だと思いました。
今、たくさん吸収して、成長するチャンスがきたのだと思いました。
言ってくれる人がいることに深く感謝して進んでいきたいと思います。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。


posted by 梓希 at 12:00 | Comment(0) | 気持ちと解決