CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年09月08日

台風対策

3615531_s.jpg


私たちが住んでいる島根県に9月6日の夕方から9月7日にかけて
台風が接近するとのことで台風対策をしました。
 
いつも島根県は台風が避けて通るといわれるほど、被害が少ない年が続いています。
しかし、今回は大きくて猛烈な台風が接近するとのことで、
いつもより、台風対策を念入りに行いました。

外に出て、日よけを束にし、縛ったり、網戸を外して倉庫に片付けたり、
鉢を駐車場の安全なところに移動して、
倒れそうな高さのある鉢にはブロックを置いたりしました。

また、いつでも避難できるように着替えや救急グッズをリュックサックに詰めました。
カップラーメンやお菓子等の食品類も持って行けるように準備しました。
 
あとは、町内放送で避難場所を確認したり、台風情報を細かくチェックしたり、
停電の可能性もあるのでいつも夜に行っていることを前倒しですることにしたりしました。

今回、しっかり対策をすることによって心に余裕ができることが分かりました。
また、命を守る行動をおろそかにしないことも学びました。
計画的に対策ができたこと感謝します。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 12:00 | Comment(0) | 生活と回復