CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年09月06日

鶏に話しかける

23738.jpg


女性福祉センターの裏庭に、鶏の 中雛用の運動場が出来ました。
(ひよこ小屋に運動場ができました)

中に入れるようになっています。
中に入ると、中雛達は近寄ってきて、
撫でると逃げる奴もいれば、座ってうとうとする奴もいます。
一羽一羽、性格が違うのだなと感じます。

もう、ピヨと鳴く奴は居なくなりました。
こっこ、くー、と鳴いています。何かを話しているかのようです。
わたしは、「何話してるの?」「羽がふわふわですねー」「おっ、良い鶏冠してますねー」
など、話しかけています。
鶏から反応はありませんが、話しかけるようにしています。
元気で立派な成鳥になりますように。

さて、先日から、コミュニケーションの勉強会があっています。

「物や動物に向かって話しかける」というのも、
トークの練習になると教えていただきました。
そういうわけで、鶏や物に話しかけています。

鶏での練習を活かして、仲間とも練習をして、トーク力のある人になりたいと思います。
教えて下さり、ありがとうございます。感謝します。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 美琴 at 12:00 | Comment(0) | 生活と回復