CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年08月30日

食事マナー研修会がありました。

3558050_s.jpg


先日、食事マナー研修会の第二回がありました。
第二回では、マナーを守るとは?ということを学びました。

私は、なんでマナーってあるのだろうか?と深く考えたことがありませんでした。

研修会では、マナーを守るとは、「習得し、実践すること」「相手と楽しく食事をするため」と教わりました。
また、食事は唯一、人が集まるところであり、みんなが気持ちよく食べたいと思っている。
マナーはどの国の料理にもあり、気持ちよく食べたいというのは人類共通であること。
マナーは大切なコニュニケーションであることを学びました。

会長や、メンバーからも目的をいつも明確にすることが大切だとたくさん教わってきました。

第二回のマナー研修会で、マナーの目的を知り、マナーを知ることによって、今よりももっと食事が楽しく美味しくなるのだと思いました。
マナーはとても奥深く、細かいところもたくさんあるみたいです。目的をいつも心に留めて学んでいきたいです。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 12:00 | Comment(0) | 食生活と回復