CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年08月21日

まわりをよくみること

Viber_画像_2020-08-19_18-37-14.jpg


以前の私はあまりに人を気にせずにいました。
 
仲間が今何をしているのか知らず、「○○ちゃんは?」と聞かれても「…」と答えられずにいたり、どんなに仲間が大変なことをしていても、そのことに気づかず、助けることをしなかったり、自分が心配されていると思っておらず、自分が何をするのか、しているのかを伝えなかったり、、、

しかし、「一人で何かしようとするのは大変だよ」「どこ行ってたの?心配したよ」「人を喜ばせよう、助けようとすることが一番優先することなんだよ。そうすれば相手も助けてくれて、喜ばせてくれて、温かい交流ができていくんだよ」等たくさんの声を掛けて頂くうちに、自分のことばかり考えていたこと、知らず知らず人に心配をかけていたこと、支え合うことが仲間なんだと分かってきました。

そして、「何か困っていることはないかな、私にできることはないかな」と思ったり、声を掛けたり、仲間のスケジュールを見て、自分がどのように動いたらいいのか考えたり、手伝いがいるか尋ねたり、まわりを徐々にみれるようになってきました。

そうしていくうちに、自然と仲間との会話に繋がったり、心が温かくなったり、良いことがたくさんあるなと感じました。

私自身も仲間からたくさん助けられています。一人だと感じることもなく、いつも温かいものに触れています。感謝です。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 09:41 | Comment(0) | 生活と回復