CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年08月07日

魔法の言葉(お手伝い)

7341.jpg


以前の私は、新しい環境と新しい人間関係を作っていくうえで、どうやったら慣れるのか、
どうしたら安心できるのかが分からずに、妙に緊張していました。

会長に、相談しました。内容は、勇気が出せない、人の中に溶け込めない、自分だけが浮いている等でした。
そんなときに会長から「お手伝いありませんか?」と聞いてみて。と言う言葉を教えてくださいました。
この言葉が言えるようになってきて、初めて会う人にでもよい関係でいられるようになりました。
自分中心ではなく、他者への思いやりを持って関りを持つことが大切だと気がつきました。

日々、悩みから開放され、成長で来ていることに感謝します。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 木春菊 at 23:06 | Comment(0) | 気持ちと解決