CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年07月28日

助けられた日

3103740_s.jpg


私が19歳の時、まだ島根に来る前に、会長にドライブに誘われました。
少しドライブをして、天気の話や、お母さんの話をしてくださいました。
私は涙が流れてきて、泣いていたことを覚えています。

会長は、車を路肩にとめて、「私があなたのお母さんになろうと思っている」「どう思う?」
そう聞いてくださいました。私は頷いて、涙があふれて止まりませんでした。

それから、社会について、家庭について、生活について、色々なことを教えて下さいました。
当時、私の中に言葉がなくて、意味が理解できなかったことがたくさんあります。
しかし、いま振り返ると、意味が分かることが沢山あります。

私が島根に行くことを決めたのは、
「もし私をお母さんだと思ってくれるなら、一緒に島根に来てください」
会長が、このメールを下さったからです。

昔の私のような、本当に大変な子へ対して、お母さんになると言えること、
どれほどの覚悟と愛情と思いを持っていたのか、私がすべてを理解できるのは先の話かもしれません。
でも、わたしもそのように強く覚悟し、皆さんへ、社会へお返しできたらと思っています。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 美琴 at 14:46 | Comment(0) | 生活と回復