CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年07月11日

食材選び

69587_s.jpg


最近、私は食材を買いに行くようになりました。
野菜中心の食生活なので、目的は野菜を買いに行くことです。

行き始めの頃は、どの食材を選んで買えばいいか、分かりませんでした。
知恵のあるスタッフの人がいるので、相談しました。2つの事を教わりました。

1.買い物メモを作ること
2.買い物袋と財布を忘れないこと

欠かさずに家に置いておく野菜を常備菜と呼ばれるそうです。
買い物メモには先に記入してあるので、そのメモを見ながら買い物すると、食材を迷わなくなり、買えるようになりました。

7月1日から全国で一律にレジ袋が有料となったことも食卓の話題で聞きました。
買い物袋を持ち歩くことと、財布を忘れないことも大切だと学びました。

田舎なので、買い物に行くにも車の運転が必要ですが、日々、よき経験となっているので、今後も続けていきたいです。
知恵を与えて下さる皆様に感謝しています。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 木春菊 at 22:03 | Comment(0) | 食生活と回復