CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年05月08日

ぬか漬け

IMG_20200508_131638.jpg


天気のいい日が続いています。
昼間は温かいのですが、夜はまだ少し寒いです。
ストーブをつけるかどうか、迷う時期です。

さて、シェアハウスでは、冷蔵庫でぬか漬けを作っています。
タッパーと、琺瑯の容器の2つあります。

家にある野菜を漬けたり、ぬか床を毎日混ぜたりしています。

初めのうちは、漬かり具合がわからなくて、戸惑いました。
例えば人参だと、曲がるぐらい柔らかくなってても、
切って食べてみると味が薄くて、「あれ?」となっていました。

しかし、別の時には、同じような曲がり具合でも、しっかり漬かっていることがあります。
ぬか床の状況によって、漬かり具合が変わることも知りました。

また、ぬか床から出してすぐのきゅうりを切って味見すると、
シュワシュワと炭酸のような感じがして、美味しくて、面白いです。

これからもぬか漬けを、日々研究していきます。
漬けると美味しい野菜などがありましたら教えて下さい。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 美琴 at 13:47 | Comment(0) | 食生活と回復