CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年04月21日

料理の学び(調理道具の使い方)

gahag-0006067757-1.png


夕食の準備の時間には、日が暮れていてたのですが、
最近では、まだ外が明るくて、日照時間が長くなってきたように感じます。

昨日の料理の献立は、和食でした。
料理を振り返ってみると、作るときは、必ず調理器具を使っていたのですが、
女性福祉センターには、フライパンや鍋や箸など基本のものは全部揃っていて、
とても料理がやりやすい環境です。感謝しています。

料理をし始めの頃は、包丁やしゃもじを握りしめる癖があったため、
手にまめができて痛い思いをしてやりたくないと思う時もありました。
ご飯を茶わんに盛るのも、ご飯の粒が潰れていました。

スタッフの人から道具の持ち方を教えて頂き、盛りつけを改善しました。
包丁を食材によって使い分けることを学び、簡単に食材が切れるようになりました。

美味しい料理を作り続けるためには、道具の使い方の基本を学び、
身体に負担がないような工夫が必要だと感じました。
これからのお料理がもっと楽しいものになりますよう、学びを深めていきたいと思います。






最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 木春菊 at 15:07 | Comment(0) | 食生活と回復