CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年04月17日

消毒液を使った日常のお掃除

9559b994e2d327690a1544e72357c083_m.jpg


女性福祉センターでは、キッチンハイターを使った消毒液を使って、
毎日、フローリングや手すり、椅子やドアノブなど
手の触れる頻度の高い場所を拭き掃除しています。
また、清潔なスプレーボトルに入れて、台拭きや、キッチン周りの掃除にも使用しています。

去年の春から始めて、約1年続けています。

初めのうちは、要領が悪くて、
雑巾を挟んだ器具(スプリングモップというらしいです)をぶつけたり、
身体に力が入りすぎて疲れてしまったり、
時間がかかったりで、大変なことになっていました。

今では疲れずに行うことができるようになりました。
両手でしっかり持って全身を使うと、
疲れない、動きが早くなる、スプリングモップをコントロールできる
という事が分かり、毎日辛くなく素早くできるようになりました。

拭き掃除の時の消毒液には、キッチンハイターを使った消毒液を使用しています。
女性福祉センターで使用しているハイター水の作り方を紹介します。

〈ハイター消毒液の作り方〉
□いるもの
バケツ…(水を入れる)
キッチンハイター…水1リットルに対して4ml
 (キッチンハイターのキャップの下の線ぐらい、もしくはペットボトルキャップ1杯分)
水…1リットル

雑巾2枚(床用と、ドアノブや手すり用)
スプリングモップ
IMG_20200417_135322.jpg

バケツの中で、水とキッチンハイターを混ぜ、ハイター水を作ります。
雑巾に染み込ませ、絞り、使用します。
(手荒れする方はゴム手袋を使用して下さい。) 

上記の作り方で、200ppmの希釈液が作れます。


キッチンハイター消毒液を使った日常の拭き掃除は、病院や介護施設などでも行われています。
このご時世、お家での掃除に取り入れるのも、安心して暮らすための方法の1つかもしれません。
拭いたあと、爽やかな感じになるのが好きです。






最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 美琴 at 14:36 | Comment(0) | 生活と回復