CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年04月01日

周りをよく見ること

11359.jpg


今日から4月になりました。すっかり春になりました。
女性福祉センターの窓からは満開の桜が見え、毎日癒されています。
 
さて、私は今、自動車学校に通っています。それで、近々本免の試験があります。
学校の技能教習では実際に路上に出て運転をしていますが、いつもドキドキです。

自動車学校の先生から運転をするうえで大切なことは、思いやりをもつことだとよく教わります。
思いやりを持つというのは、道を譲る、歩行者が道を渡りそうだなと思ったときに止まる、視野を広くしてたくさんのことに気づくなど、自分が周りをどれだけ見れているかが関わってくることがわかりました。
 
周りをよく見ることは、女性福祉センターでの生活でもよく教わり、どれだけ大切なのか知ってきました。生活は社会と繋がっているんだと感じました。
思いやりを持つことは周りをよく見て気づき、行動すること。安心安全で思いやりのある運転ができるよう今日も頑張って学校に行ってきます。




最後までお読みいただきありがとうございました。

・女性福祉センター新ページ
 →https://wc-w.or.jp/
・女性福祉センターの活動に参加する、サポーターになる
 ↓↓↓↓
 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。
posted by 梓希 at 14:10 | Comment(0) | 生活と回復