CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年01月14日

社会的な立ち位置を知る(3)

20c0d95fb259434238bf57db187216ba_m.jpg


私は、自分の価値観ではなく、親の価値観で生きていました。
私は中学の時不登校でしたが、その当時、社会が嫌いだ、憎いものだと思っていました。
ですが、その当時、社会を嫌いだと言い、憎んでいたのは親でした。

自分の社会的立ち位置を知った事で、これまで生きてきて獲得した社会に対する認識、
人に対する壁や、プライドが、消えてなくなりました。
これまで自分だと思っていた、親から移された価値観や認識が、
社会から見て、明らかにズレたものだとはっきり分かったからです。

例えばそれは、社会が悪いと言うことだったり、家事をしないことだったり、
見せかけた暮らしをすることだったり、子どもと向き合わないことだったり、
子どもの悪いところを叱らないことだったり、、、
それらのことが出来てしまう、一般社会とはズレた価値観や認識に居る事です。

社会の役に立つ人々が当たり前としている価値観があることを実感したことで、
親から移された価値観で生きている事を知ることができ、葬ることができました。

社会の役に立つ優秀な人が当たり前としている価値観を身につけ、
美しく丁寧に暮らして、自分に厳しくし、社会の役に立つ立派な人になります。

何よりも、優秀な人が作った社会は素晴らしいです。

posted by 美琴 at 15:02 | Comment(0) | 気持ちと解決

新しいホームページを作成中です

新ホームページを作成中です。

https://wc-w.or.jp/ 新ページ

posted by よもやま at 12:12 | Comment(0) | よもやま