CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2021年01月10日

皮膚が弱くても台所作業ができる

1628152_s.jpg


私は、小さい頃からアトピー性皮膚炎で、皮膚が弱い方でした。
大人になるにつれて、日常生活での皮膚の痒みや痛み等の症状はおさまっていました。
台所作業や農作業が終わった後に、手荒れがひどくなることがありました。
痛くて作業が上手くできない時もありました。
スタッフの人に悩みを相談しました。親身に考えてくださいました。

・お湯で皿洗いをすること
・台所洗剤を極力薄めること
・防水の手袋やゴム手袋を使うこと
・防水の絆創膏を貼ること
・アトピー性皮膚炎の人の為に作られた乳液で保湿すること
・農作業後に手洗いして病院からもらった薬を塗ること
・土を素手で触らないこと


自分の身体を大切にする事を致せり尽くせり教えて頂きました。
今では、手荒れがすっかり治って、家事も農作業も楽しくなりました。
人の温かさに心も身体も救われました。
皆様に感謝します。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

女性福祉センターの「すべての人にとって安心安全の社会づくりを進めるため、被害者に寄り添い、長期的に支援する活動」からもご支援いただけます。 →https://camp-fire.jp/projects/view/364255

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。



posted by 木春菊 at 21:59 | Comment(0) | 生活と回復

雪が積もりました

146219_s.jpg


私たちが住んでいる吉賀町では、新年早々、雪が積もりました。
直径3センチ程の雪が次々と落ちてきています。1時間で10センチ程積もりました。
こんなに積もったのは、私が吉賀町に移住した3年前以来です。

私は、九州の出身なので、雪が積もる地域に住む経験が初めてで、
とても嬉しかったのを思い出しました。鎌倉を人生で初めて作りました。
その時は、スタッフの方と地域の方も協力して、一緒に作ってくださいました。
寒い中でしたが、一生懸命作ってくださり、温かい気持ちになりました。

さて、今年は、私は、初めて雪の中、運転をします。
「暖機運転を出発する20分前からしていた方がいいよ!」とか
「ブレーキを踏むと滑りやすくなるから、あまり踏まないように」とか
「ゆっくりゆっくり走れば大丈夫」とたくさんの人がアドバイスをくださいます。

なので、用心して車を運転することができています。
私は、本当に支えられ、生きているんだなと思います。

人の温かさに触れ、生活できていることに感謝します。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

女性福祉センターの「すべての人にとって安心安全の社会づくりを進めるため、被害者に寄り添い、長期的に支援する活動」からもご支援いただけます。 →https://camp-fire.jp/projects/view/364255

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。





posted by 梓希 at 21:00 | Comment(0) | 生活と回復

2021年01月04日

明けましておめでとうございます。

Viber_画像_2021-01-04_18-34-51.jpg


明けましておめでとうございます。
お正月は家でゆっくり過ごすことができました。

大晦日には、おせち料理作りを頑張りました。
筑前煮や、なますやお雑煮の下処理、唐揚げ、ブリ大根等たくさん作りました。

雪も積もりました。窓から見える雪景色は最高でした。

そして、映画鑑賞会をしました。名作と言われているものを主に観ました。
歴史の勉強にもなりました。

また、今年の抱負についても語りました。仕事のこと、資格の勉強、趣味の充実などです。
今年がどんな年になるか、とても楽しみです。

最後に、心が安定していることがとても大切だなと思います。
私は、心がとても癒され安心した気持ちで年を迎えることができました。
なので、やりたいことで希望が満ち溢れています。
ありがとうございます。今年もよろしくお願いします。






最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

女性福祉センターの「すべての人にとって安心安全の社会づくりを進めるため、被害者に寄り添い、長期的に支援する活動」からもご支援いただけます。 →https://camp-fire.jp/projects/view/364255

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。


posted by 梓希 at 18:35 | Comment(0) | 生活と回復

2020年12月31日

令和2年もお世話になりました。

IMG_20201231_082054911.jpg


今日は31日で2020年も終わりですね。
今年を振り返ってみようと思います。

1月 親戚集まり新年会・フラワーアレンジメント勉強会
2月 料理勉強会・冬野菜の収獲祭
3月  ふきのとう狩り・メンバー卒業祝い
4月  誕生会・野草摘み・マスク作り
5月  田植え・緑茶と野草摘み
6月  鶏小屋2完成・ひよこ誕生・桑の実狩り・ジューンベリー狩り・蛍観賞会
7月  笑顔研修・ブラックベリー狩り
8月  吉賀町旅行・BBQ・ブルーベリー狩り
9月  稲刈り・ひよこ誕生・鶏の運動場完成
10月 会長とのお別れ・栗とむかご採り・しまね海洋館アクアス旅行
11月 魚釣り・干し柿づくり・柿とゆず収獲祭
12月 忘年会・クリスマス会・もちつき大会

今年を振り返ってみると、お祝い事やイベントが毎月あるような楽しい思い出と
大切な人とのお別れによる悲しい思い出もあり、笑いあり涙ありの一年でした。
ほとんど毎日、スタッフと共に過ごし、ブログを続けることができました。
沢山の人から支えられ、本当にお世話になりました。感謝しています。
皆様がよいお年を過ごせますように。祈っています。




最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。



posted by 木春菊 at 21:45 | Comment(0) | 生活と回復

2020年12月27日

今年もしました!餅つき大会

Viber_画像_2020-12-27_18-21-33.jpg


年末になりましたね。
この時期になると、毎年の恒例で楽しみにしていることがあります。それは、餅つき大会です。

毎年、お世話になっている近所の方からお誘いを頂き、行っています。
そして、私たち以外の地域の方々も来られ、開催しています。

今年は、約26升のもち米を搗きました。
それを、丸めて、鏡餅用、餡子餅、手の平サイズの餅を作っていきました。

味は、プレーン、食紅、紫芋、あおのり、よもぎと色とりどりでした。
途中で昼食をはさみながら、皆さんとせっせと作り、約5時間で完成しました。

伝統的なことをする機会が減っている中、こうしてできること、
地域の方々とお話しできる機会があることに感謝します。

また、美味しいお餅を食べられる日を楽しみにしています。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。



posted by 梓希 at 18:22 | Comment(0) | 生活と回復

2020年12月26日

クリスマス会をしました

IMG_20201224_200115453.jpg


先日、24日にクリスマス会をしました。
クリスマスと言えば、いつもよりも食事が豪華になる日です。
今年は、地域振興券のおかげで、美味しいと評判の地元のケーキ屋さんの
一番大きなクリスマスケーキを買いました。
リビングには、スタッフ手作りのクリスマスツリーを飾って、クリスマス会をしました。
大きな1ホールのケーキを切る際に、切り分けが難しかったのですが、
上手な切り分け方を教わり、全員分をきれいに切り分けることができました。
クリスマスの音楽を聴きながら、和気あいあいとした中で過ごすことができました。
心温まる団らんの時間をくださり、感謝します。




最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。




posted by 木春菊 at 21:51 | Comment(0) | 生活と回復

2020年12月23日

防寒対策(女性福祉センター)

2214550.jpg


女性福祉センターでは、防寒対策として、暖房やストーブをつけていて、室内を暖かくしています。それでも足元から冷えてきて、寒いです。特に、朝、晩の冷え込みで、フリースやボアタイプの上着を着て、対策をしているのですが、それでも中々、温かくなりません。
スタッフから対策を教えて頂きました。

防寒対策
1.首を出さない
 (タートルネックやネックウォーマーを着用する)
2.3枚以上重ね着をする(上も下も)
3.靴下を2重、3重履きにする
4.貼るカイロをお腹や背中に貼る
5.袖口がゴムですき間がないものにする
6.手首や足首にウォーマーをつける
7.マスク、手袋を着用する

等です。
寒さ対策をしていない時は、顔色が悪く、動きが鈍くなったり、あかぎれが治らなかったのですが、防寒対策を始めて、腰痛がなくなり、外作業がスムーズになり、過食ではなくなってきました。
身体の冷えを軽視せず、しっかり対策をして、暖かくして過ごしていきます。
知恵を与えてくださり、感謝します。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。


posted by 木春菊 at 09:45 | Comment(0) | 生活と回復

2020年12月15日

レストランに焼肉を食べに行きました

102805_m.jpg

月曜日、雪のちらちらと降る中、近くのレストランに焼肉を食べに行ってきました。
地域振興券のおかげで、全員で行くことができました。
お店の方は、いつも優しくて、良くしてくださっています。
店内のテーブル席に着くと、すぐに焼くことができるように、炭火がついていて、身体が温まりました。
お店で食べる焼肉は、久しぶりだったので、美味しいお料理を沢山食べました。
今年も半月ありますが、やり残したことがないよう過ごしていきたいと思います。
楽しい時間を過ごせたこと感謝します。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/magazines

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。





posted by 木春菊 at 23:14 | Comment(0) | 生活と回復

2020年12月10日

魚釣りに行ってみた3

IMG_20201205_143218145_BURST001.jpg


久しぶりに皆さまと浜田漁港まで、魚釣りに行ってみました。
以前よりも寒くなっていて、海の中は見えませんでした。
今回は、小さいアラカブと小さいアジが釣れました。
沢山釣れているスタッフや大物を狙っているスタッフもいて、
各々で目標持ち、釣りをしていてかっこよかったです。

今回学んだこと 
・中々、釣れない時は、釣り場を変えること
・中々、釣れない時は、まき餌を行うこと(香りに魚がよってくる)
・まき餌がなくなったらお菓子を小さくちぎって使うと釣れた(香りに魚がよってくる)
・釣り竿を地面に置いたままでも魚が釣れた(魚が釣れるときに竿を持てばいい) 


釣りの途中、稚魚の大群がいて綺麗だったり、猫がすぐ側で見ていたり、
漁師さんが船の準備に来たり、新しい出会いがありました。
釣れた魚は、唐揚げにして食べようという話になりました。
内蔵をとって、衣をつけて冷凍しておくと、長持ち保存できると教えて頂きました。

日々、学びが与えられ、恵みがあり、感謝します。




最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/magazines

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。






posted by 木春菊 at 17:56 | Comment(0) | 生活と回復

2020年12月01日

地域のパン屋さんに行きました!

1009396.jpg


先日、地域の障がい者支援センターが行っているパン屋さんに行きました。
そこは、昨年に建物ができたばかりで、コッペパンをメインに販売しています。

建物の周りを車が通れるようになっており、
ドライブスルーで商品をテイクアウトできるイベントをしていました。

行ってみると、10時スタートなのに、たくさんの車が並んでいました。
並ぶと、店員さんたちが温かく迎えてくださり、メニュー表を頂きました。
たくさんの種類のコッペパンがあり、迷いました。
中には地元の高校とコラボしてあるものもあり「楽しそうだな〜」と思いました。

プレゼントも頂き、美味しいと評判のコッペパンをたくさん購入出来て、
とても楽しかったです。


楽しい休日に感謝です。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/magazines

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。



posted by 梓希 at 17:31 | Comment(0) | 生活と回復