CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年08月02日

ピーナッツの苗植えをしました。

Viber_画像_2020-08-01_16-30-10.jpg


昨日は久しぶりに畑に行きました。
そして、メンバーが育てたピーナッツの苗を植えました。
 
夕方で空も曇っていて、心地よい風も吹いていて、とても気持ちの良い中で行うことができました。

私は、去年もピーナッツの苗植えを行っています。
その時は会長や理事長と行いました。
その時の私は、苗を引っこ抜くように取り出し、何も考えずにただ単に植えていました。
それを見ていた会長から「植物に対する態度が人に対する態度でもあるんだよ。苗も命があるんだよ。だから、大切に植えるんだよ。」と教わりました。
私は、苗に対してとても心無いことをしていたと分かりました。

会長からは、苗の植え方も教わりました。
苗が驚かないように、苗の土ごとそっと取り出すことや、優しく土をかけること等、たくさん配慮することがあると学びました。
そのように植えられた苗はとても嬉しそうに見えました。

今年は会長から教わったことを思い出して行いました。
一つ一つの苗を手に取るたびに植物の命を感じました。
また、「ここに植えるね。大きく育ってね」と心の中で自然と声を掛けていました。

私は、とても苗植えをしながら温かい気持ちになっていました。

苗植えをして、たくさん心が満たされたことに感謝です。
また、いつも見ていてくださり、教えてくださる会長、みなさんがいることに感謝です。
たくさん今まで知らなかった気持ちを知り、癒されています。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 14:35 | Comment(0) | 農業と回復

2020年07月17日

農業日和6(ズッキーニ)

IMG_20200716_150220422.jpg


畑の様子を見てきました。
去年はズッキーニは、大きくなって立派なものを収穫しました。

今年は、小さい時期にとってみようという話になっていました。
雨が続いたおかげもあり、花は咲いて実が付きました。
根元の方が大きくて上に行くほど小さかったので、実は下から上になっていくのだと学びました。

ズッキーニが、この地方で育つのを知ったのは、近所の方から野菜を頂いたからでした。
焼いただけのソテー、グラタンやスパゲッティーの具等で使って食べました。
初めて食べた時、柔らかくて、甘みがあって、こんは美味しい野菜があるんだと感動しました。

旬のものを食べることは良いことと学びました。
良いものを与えられて、感謝しています。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 木春菊 at 13:49 | Comment(0) | 農業と回復

2020年07月05日

農業日和5(ナス)

IMG_20200704_090305587.jpg


こちらでは雨の日が続いています。

恵みの雨と言われるくらい、
夏野菜が育つには、雨が不可欠なものだと知りました。
雨が降った後、観察したのですが、大きく成長していました。
実を取ることができて、感謝と喜びの気持ちでいっぱいになりました。
斜めだった苗がまっすぐになりました。
よっぽど実が重かったんだな。と思いました。

去年までは、お店で買った種で育てるのが、メインだったのですが、
近所の方から珍しい食材を頂き、料理の幅が広がり、生活が豊かになったことがきっかけで、
通販等も利用して、品種を増やしました。
ナスで言うと、中長ナスと米ナスです。ブログの写真は、その2種類です。
品種が違うだけで、花の色も形も違くて面白いと思いました。
他にも京ナスや白いナス等があるそうなので、来年は違う品種も、試してみたいです。
料理のレパートリーも増えると思うと楽しみです。

収穫した作物は、収穫してすぐに、食事で頂きました。
採りたての食材は、とても美味しかったです。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 木春菊 at 18:20 | Comment(0) | 農業と回復

2020年06月29日

農業日和4(トウモロコシ)

IMG_20200628_164725903.jpg


天気は晴れです。
気温は25度を超えて、暑くなってきました。

夕方に畑に行ってきました。
毎年、夏は、暑くて汗だくになり、心が折れそうになるのですが、
今日は、水路に水が流れていて、身体を冷やすことができました。
畑の作物が順調に育っているのも、水路から水が流れているから。
とスタッフの方から教えて頂きました。

今の恵まれた環境に感謝しています。

今日は、トウモロコシの間引きとスギナが収穫できました。
近所の方から野菜を頂いたのですが、大きくて元気そうに見えました。
これから夏野菜が実ってくるので、立派な野菜になるまで、楽しみに待ちたいと思います。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 木春菊 at 15:36 | Comment(0) | 農業と回復

2020年06月26日

ひよこが小屋に移動しました

ブログ用写真_200625.jpg


梅雨真っ盛りですね。昨日、近所の方と話をしたのですが、
梅雨には、おとこ梅雨とおんな梅雨というのが、あるそうです。
様々な梅雨の名前があって面白いですね。

さて、殻を割って生まれてきた、ひよこちゃんですが、
今は、外の鶏小屋で、元気にすくすく育っています。

ひよこに詳しい人に聞いたところ、本羽(ホンバ)が出てきたころに、
小屋に移す計画だったそうです。

生後4週間目になったのですが、一般的には、中びなとなり、
10週目から24週目までになると、大ひな、
そして、生後6ヶ月を過ぎれば、成鶏(大人)となるそうです。

産まれた頃は、立つのもままならなかったのですが、身体が丈夫になり、
羽も発達し、大きな鳴き声が聞こえるようになり、
動き回っている様子が見られます。

鶏がいる生活は、心を豊かにしてくれています。
ひなの命が続いていること、感謝します。
生活に活気を与えて下さり、ありがとうございます。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。


posted by 木春菊 at 21:24 | Comment(0) | 農業と回復

2020年06月20日

農業日和3(草マルチ)

ブログ用写真_200620_0160.jpg


6月17日、畑に行ってきました。
どんな畑にしていくかという話は以前からスタッフの方から聞いていました。
本棚にある竹内氏の【自然菜園で野菜づくり】という本を紹介して下さり、読みました。

過去の私は、黒マルチという農業資材を使っていました。研修先農家さんから、いいよ。
と教えてもらい、たくさんの収獲があったからです。

この本に出会って、草マルチというものがあることを学びました。
草を刈ったり、抜いたりした後、草は乾燥していくので、それを畝におくことで、
自然の素材で、マルチができるという内容を読みました。

黒マルチの場合は、マルチがボロボロになったり、雑草で穴がぼこぼこ開いている状態になってからごみとして捨てていました。
草でマルチができるなら、ごみが出ないなら、環境にやさしいエコな農業ができる。
そう思うと、新しい希望が見えてきて、やってみたいと思いました。

早速、草マルチを計画している畝には、スイカ、人参、トウモロコシ、サツマイモ等を植えました。
すくすく土や草の力で、たくましく育ってほしいと思います。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 木春菊 at 16:02 | Comment(0) | 農業と回復

2020年06月14日

ひよこが殻を割りました。

ブログ用写真_200614_0158.jpg


島根県では、梅雨入りしましたね。

さて、孵卵器で温めていた卵が孵化し、7羽が誕生しました。
毎回、どうやって産まれるんだろうと不思議でした。

孵卵器の卵を見ていると、様子に変化がありました。
卵の殻が小さくはがれていました。
この後、一羽産まれていました。
見てはいないのですが、くちばしで突っついて殻を割って出てきたものと思います。
産まれてすぐの雛は、毛が濡れていて、毛の色が茶色です。
毛が乾かないうちは、歩くこともできず、寝ていたり、起き上がったりしていました。

産まれたてのひよこはとても可愛いです。
ピヨピヨだったり、ピーピーだったり、鳴いているのが聞こえてきて、
私自身が元気になれます。

鶏の飼育をしていくには、知識や技術がいると思うので、日々学びを深めていきたいです。
成鶏になっても健康でいられますように。


写真は殻を割った所のひよこです。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 木春菊 at 21:47 | Comment(0) | 農業と回復

2020年06月11日

家庭菜園20(夏野菜)

ブログ用写真_200610_0157.jpg


しとしとと雨が降っています。
道の反対側にはアジサイが咲き始めました。
いよいよ梅雨到来です。

庭にそら豆が植えてあったのですが、枯れ始めたので片付けしました。
夏がいよいよ盛んになるので、食卓では、夏野菜を植える話をしていました。
トマト、キュウリ、ナス等。

庭に実際行き、植える野菜を考えていると、トマトの芽が出ていました。
植えていないのですが、去年の種が落ちて自然と芽がでて、伸びたようです。
生命力に感動しました。

結果、きゅうりは、苗と種を植えることになり、枝豆も植えました。
きゅうりは、車の日除けになったり、緑のカーテンになったりして、
我が家では毎年植えるほどの人気です。
そうめんのトッピングやサラダに使って食べると、とても美味しいです。
沢山、実がなりますように。

植えた苗の水やりなどして、育てていきたいと思います。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 木春菊 at 23:01 | Comment(0) | 農業と回復

2020年06月10日

ジューンベリーを採りに

IMG_20200607_132838 (1).jpg


先日、近所の方から、うちのジューンベリーを採りにおいでとお誘いがあり、
みんなで採りに行きました。

近所の方の家に近づくと、家から出てこられ、
「ジューンベリー、赤いネットのかかっとるところだけぇ、全部とってもええんじゃけぇね!」

と言って下さいました。

行ってみると、2〜3メートルの木がありました。
近づいてみると、プチ、プチ、とブルーベリーに似たような姿の赤い実がなっていました。
ネットを潜って木の内側に行き、沢山収穫させてもらいました。

途中、その方が様子を見にきて下さり、「食べながら採っていいよ!沢山採っていいよ!」と、言ってくださいました。

一生懸命収穫し、沢山採って帰りました。
帰り際、「また、好きなときに採りに来て!」と、言って下さいました。
近所の方の明るさに、元気を頂きました。感謝します。

採れたベリーは、凍らせてアイス代わりに食べたり、煮てジャムにしたりしたいと思います。

心温まる生活を下さり感謝します。ありがとうございます。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 美琴 at 13:47 | Comment(0) | 農業と回復

2020年06月05日

ひよこ誕生

4047.jpg


先日、6月1日、2羽のひよこが生まれました。
翌日、6月2日、1羽のひよこが生まれました。

今、我が家には、小さくて可愛いひよこが3羽います。
卵のとき、殻の中からピヨピヨと鳴き声が聞こえてきました。
数時間後に、殻を割ってひよこが生まれました。
家じゅう大騒ぎ。走ってひよこを見に行くスタッフがいました。
新しい命の誕生は、喜びで満ち溢れ、全員が感動していました。

その後、鶏に詳しい人からひよこの育て方の研修を受けました。
両手でひよこを抱えてあげると、ひよこが人間に馴れて、親から包まれているように感じて安心するのだそうです。
エサは、手でちょこっとずつエサ箱に入れると、親鶏もそうするからいいのだそうです。
ひよこ電球の使い方や汚れた敷物を交換することも習いました。

ひよこの育て方を学ぶ機会ができ感謝します。
今後ともひよこと仲良く暮らして、生活を楽しんでいきたいと思います。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。


posted by 木春菊 at 20:31 | Comment(0) | 農業と回復