CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年01月23日

文章を読んで身につく料理

IMG_20200119_151128.jpg


会長から、子ども料理の本を教えて頂きました。
今、その本の通りに料理を作ってみるということがテーマになっています。
毎食取り入れて、作ってみています。

昨日は、カレーを作りました。
私は、カレーと言えば、カレールーを使って作るものだと思っていました。
昨日初めて、カレー粉を使ってカレーを作りました。

料理本は、小学生が読んでも分かるように、手順や切り方、要点や付け合わせ、盛り付け等について書かれています。
今まで、ネット検索をしたり、動画をみて料理を作っていた私は、
絵や文章を読んで料理を作るということをした事がありませんでした。初めての体験でした。

カレーを作り終えて、一日が経ちましたが、
手順や調味料の配分、水の量などをまだはっきりと覚えています。
本を見なくても、もう一度作れそうな気がします。
動画やネット検索で料理を作っていた時は、一日経てば手順を忘れていました。
再び検索しないと、同じものが作れない状態でした。

何度も本を見て文章を読み直して、その通りに手を動かすことを繰り返すことでしっかり覚えることができ、
時間が経っても忘れることなく、はっきり思い出すことが出来るのだと学びました。

このことを、「身につける」と言うのだろうなと感じました。

posted by 美琴 at 14:16 | Comment(0) | 食生活と回復

2020年01月03日

めでたい

osechiryouri_osyougatsu~2.png


お正月を元気に過ごせていますでしょうか?

食事は、おせち料理を頂いています。
1つ1つに意味が込められているそうです。

近所の方から連子鯛を頂きました。
めで「たい」という意味が込められているそうです。

他にもあります。
紅白かまぼこは日の出を意味し、
紅は、めでたさ、慶び
白は、神聖
を表しているそうです。

他にも黒豆、伊達巻き、田作り、きんとん、
かずのこ、くわい、ごぼう、れんこん、
などがあります。
おせち料理は、縁起のよいものであることを学びました。

めでたい料理を囲んだ席で、
皆さんと今年一年の栄えを願い、
そして祈り、共に過ごせていることに
感謝しています。

このような日々が
これからも続いていきますように。

posted by 木春菊 at 22:19 | Comment(0) | 食生活と回復

2019年12月13日

パパっと簡単素朴な料理(おにぎり)

cooking_onigiri_woman.png


おにぎりを握ったことがありますか?
私は今まであまり握ったことがありませんでした。
なので、おいしいおにぎりの握り方を知りませんでした。
女性福祉センターに来て教わりました。

作り方
1.温かいごはんをボールに移す
2.手を水で湿らせる
3.塩を手につける(塩は適量)
4.塩のざらざらが手の全体につくまで伸ばす
5.ごはんをまるく手で握って、きっちり三角形ににぎる
  小さくしたいときは1本指で大きくしたい時は2本指で握る
6.ごはんの真ん中をくぼませる
7.のりを巻く
8.お皿にきれいに盛る

教わった通りにすると簡単にできました。
料理中にも関わらず、
食べてくださる人の笑顔が浮かんだりと
心の余裕が持てるようになりました。

また、自分でおいしいと思える料理を
作ることができるようになりました。
日々、お料理を学ぶことができ、感謝しています。

posted by 木春菊 at 20:50 | Comment(0) | 食生活と回復

2019年12月01日

苦手な揚げもの

IMG_20191130_053902.jpg

 
今年は、揚げもの料理で、たくさんの失敗がありました。

・調味料の分量を間違えた
・揚げ時間が長くて焦がした
・中身まで火が通ってなかった
・衣が厚くて固くなった
・揚げものが粉々になった
・油が飛んでやけどした


スタッフの人から色々な知恵を頂きました。
そして、施設内にオリジナルのレシピ本が置いてあって、
それを参考にすると、料理で失敗することが減りました。

食卓で「おいしいね」という会話が増えました。
食卓の場が笑顔で、楽しく、明るい雰囲気になりました。

最近では、揚げもの用の温度計が使えるようになりました。
揚げ物が簡単になりました。
温度って大切なのですね。

揚げものは、苦手だと思っていました。
克服することができました。
皆さまに感謝しています。


posted by 木春菊 at 15:22 | Comment(0) | 食生活と回復

2019年11月20日

食事で健康に〜野菜スープを始めました〜

Viber_画像_2019-11-20_08-37-24.jpg


私たちは最近、野菜スープを毎日食べています。

野菜スープは4つの野菜を組み合わせて作っています。また、野菜の皮や種にも栄養がたっぷりあるので、それも捨てずにお茶パックに入れ、だしとして使っています。

始めて日は浅いのですが、体が芯から温まってとても体の調子がいいような気がします。
また、野菜スープを食べて、野菜の美味しさに改めて気づかさせられています。
とても野菜の甘みがでていて美味しいです。
吉賀町のお水や、お野菜が美味しいことも関係しているのかなと思っています。

野菜スープは本を読んで勉強中です。いろいろな用途によって具材の組み合わせも変わってくるということなので、試してみたいと思います。

今年もとても寒い冬になりそうなので、野菜スープ等食事を工夫して、みんなで元気に冬を越せたらいいです。

posted by 梓希 at 21:11 | Comment(0) | 食生活と回復

2019年11月12日

ごはんを考える

IMG_20191110_145841.jpg


毎日、夜になると3人で話し合いをしています。

最近では、食事のメニューも考えています。
「あの食材は使った方がいいかも」や、「アレが食べたいって話題が出たね」
などなど、
そのようなことを話し合いながら、メニューを決めています。

3人があらかじめ、作るメニューと使う食材まで把握していると、
作る人も安心して作ることが出来、手伝いもしやすく、配膳もしやすいということを実感しました。
3人で味見をし、おいしい事を確認し合うことで、嬉しい気持ちにもなります。

身体に良くておいしい料理を沢山覚え、みんなで楽しく健康な毎日を送りたいです。

posted by 美琴 at 17:03 | Comment(0) | 食生活と回復

2019年11月05日

ドライフルーツを作りました

ブログ用写真_191105_0032.jpg


最近、乾燥機を使い、ドライフルーツを作ることにはまっています。
今のところ、ドライアップルや干し柿や柿チップスを作り美味しく頂きました。

また、ドライフルーツについて調べてみたところ、たくさんの効果があることを知りました。
例えば、
・血行を促進し、全身を温めてくれる
・シワやシミを防止する抗酸化作用が高くなる
・食物繊維が豊富になる
・生の果物に比べて栄養価が約3倍、最大で10倍になる
・食べても血糖値を上げないと言われている   等です。

会話の中では、ドライフルーツだけでなく「干し芋作りたいな」「干し梅を作りたいな」「野菜を乾燥させて、粉末状にして調味料にするのもいいね」と様々な意見が出ています。

乾燥機を使い、家でできた野菜・果物、または地域のものを乾燥させ、食べれることに安心と楽しさを感じます。

posted by 梓希 at 22:16 | Comment(0) | 食生活と回復

2019年10月29日

簡単おやつ あげもち

5492.jpg


今日もおやつを手づくりしました。 
近所の方の餅つきイベントに参加した時に
皆でつくったおもちを使いました。

それを小さく切って乾燥させて、
油で揚げました。

食後やおやつの時間に皆で食べて
サクサク食感が美味しいね。と話しました。
塩で味をつけるといいね。という
アイディアもありました。

今年もイベントに参加させて頂ける日を
心待ちにしています。

posted by 木春菊 at 09:06 | Comment(0) | 食生活と回復

2019年10月20日

いただきます。

pose_inoru_woman.png



秋もなかばとなりました。
旬の魚や果物などの美味しいものが
食卓に並びます。

皆が揃った食事の場では、最初に挨拶をします。
いただきます。という言葉です。
ちょうど胸のあたりで手を合わせて、
ご挨拶をして、それから食事をします。

食べ終わると、食前と同じように手を合わせて
ごちそうさまでした。と言います。

いただきますとごちそうさまの言葉は、
当たり前のように毎日繰り返している挨拶でした。
食べ物に対して、
感謝の気持ちを忘れずにいられています。

女性福祉センターで過ごしているうちに
美しい心を大切にする習慣がつきました。

posted by 木春菊 at 15:23 | Comment(0) | 食生活と回復

2019年10月17日

食品のGI値

IMG_20191016_154927.jpg



枯れ葉がひらりひらりと地面に落ち始めました。
木々が冬になるのを教えてくれています。

さて、以前、料理スタッフの人から
食品のGT値というのを教えて頂きました。

GI値とは、食品が糖に変わるまでの
スピードを現した数値です。

一般的に、GI値の低い食品は、
空腹になりにくい。

高い食品は、間食が必要になるので、
太りやすいそうです。

健康的に生活をする為に、
食品に関わる知識を増やしていく事も
大切だと思いました。

続きを読む
タグ:食品 GI値
posted by 木春菊 at 08:13 | Comment(0) | 食生活と回復