CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2020年08月03日

「他人から見えないところを綺麗にする」

21497.jpg


他人から見えないところを綺麗にする。
会長から、この言葉を教えていただいたことがありました。
その当時高校生だった私は、他人から見えていないところは、お家の中かなと思いました。
キレイに片付けよう。と思いました。しかし、今になって振り返ると、
家の中のことだけを言っているのではない事が分かりました。

家を片付けることはもちろん大切だけど、
心の中が、1 番、他人から見えないところだなと思いました。
心こそ、きれいするものなのだと、今はそう受け取ります。
見えない所だからこそ、美しくしていきたいと思います。

私は心というものが何なのかすらも、よくわかってないような子でした。
会長から、美しい心について、たくさんの事を教わり、
今では人の心や善意を受け取れるようになってきました。

暖かく暮らせるようにしてくださった事、感謝しています。
見守ってくださる皆様に感謝しています。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 美琴 at 22:40 | Comment(0) | 気持ちと解決

2020年08月01日

自分が損をする

212440_s.jpg


昔、会長から、「いつも自分が損をする方を選ぶんよ」
と教わったことがあります。
昔の私は、よく意味が分かりませんでした。
いつも得をする方を選ぶようになっていたからだと思います。
自分の選択に意識を向けることがありませんでした。

最近、会長の作った行動のチェックシートをするようになった事もあって、
損をする方を選ぶんだと、いつも意識するようになりました。

会長が昔言っておられた言葉が、チェックシートの項目を読むと、
少しずつ、思い起こされてきました。
損をする方を選ぶ事を意識すると、
自分を冷静に見れる、心が平穏でいられる。
人に感謝ができる。我が取れる。謙虚になれる。

自分の成長につながる、よい事が沢山ありました。

いつも見守ってくださる皆様に感謝します。
温かい生活が送れるようにしてくださり、ありがとうございます。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 美琴 at 00:27 | Comment(0) | 気持ちと解決

2020年07月30日

一つ心で

3368376_s.jpg


私は、なんで集中力がつづかないのだろうか…と思っていました。
そんな時、スタッフと話しているとき「二心」という言葉が出てきました。

私は、何かをしながら他のことを考えていたり、ながら行動をしたりして、
物事に集中し、一生懸命取り組むことができていませんでした。
それが「二心」だと分かりました。

以前、会長からは「何かをしながら他のことを考えたり、二つのことを同時にしたりするのは、二心って言うんだよ。一つの心で一生懸命取り組むんだよ。『やる』と決めたらやるんだよ。全力でするんだよ。それが愛情だよ。」と言葉を頂いていました。

今、この言葉がとても心に入ってきます。
何に対しても100%で行っていこうと決めることができました。

私は、愛情を知らずに生きてきました。
しかし、たくさん言葉を掛けて頂き、少しずつ少しずつ分かってきました。
温かい気持ちを知りました。本当にありがとうございます。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 23:58 | Comment(0) | 気持ちと解決

2020年07月27日

失敗は私の糧

3560375_s.jpg


私は、失敗が多いです。何か行うごとに、失敗があります。

その時「若いうちは、失敗することが当たり前なんだよ」
「失敗して成長していくんだよ」「失敗して、痛い思いをするから学びがあるんだよ」
という会長の言葉がよぎります。

私は、以前のブログでも書いたように、失敗するといつも自分を責めていました。
しかし、会長の言葉がよぎると、「そうだな。失敗して成長するきっかけが、目の前にきてるんだ」と思います。

失敗して、また失敗して、そしたらまた失敗して、、、
こんなことばかりですが、前向きでいられます。
もちろん、仲間がいて、一緒に改善しようと支えてくれているのもあります。

今を生きて、1つの心で一生懸命物事に励んで、その中で失敗して、、、
そうして、たくさんの学びを得て、成長し、私も誰かを励ませる人になりたいです。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 14:14 | Comment(0) | 気持ちと解決

2020年07月25日

小さなことこそ丁寧に

3540004_s.jpg


私は、会長からたくさんの心のことを教えていただきました。
今でもよく繰り返す言葉があります。それは、
「小さなことこそ丁寧に」「ひとつひとつを丁寧に」です。

この言葉を心の中で唱える事で、丁寧に仕事を行うことができるようになりました。
私は、怠惰な性質を持っていて、適当にやろうとする癖があります。
なので、ふとした時に、そのような性質がでて、周りの人を残念な気持ちにさせていました。

私はこの言葉を教わり、そして、心で唱える事にしました。
この言葉を唱えると、適当に済ませようとする心に、必ず勝ちました。
するとだんだん、周りの人から「丁寧だから助かるよ」と言われるようになっていきました。

私は、変な子だったと思うけれど、周りの人に受け入れられました。そして、大事にしてくださいました。
あの時、会長から教わっていなかったら、私は本当に、どうなっていたかわかりません。

心温かい生活が送れるようにしてくださったこと、感謝します。
皆様に感謝します。いつもありがとうございます。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 美琴 at 13:13 | Comment(0) | 気持ちと解決

2020年07月24日

失敗に対する気持ちが変わりました

1868131_s.jpg


以前の私は、失敗すると
「自分は失敗してばかり。もう失敗したくない。そうじゃないと自分の価値がどんどん下がっていく」と自分を責め、自分で自分の価値を下げていました。

最近の私は、失敗した時、大分自分を責めることはなくなりましたが、
改善策を自分で見つけられずにいました。
見つけたとしても、とても視野が狭く、次も失敗してしまっていました。

そんなとき、失敗に対しての改善策について話し合おうということで、毎日仲間と考える時間ができました。
その日、失敗したことを仲間に話して、自分が考えた改善策を伝えます。
それに対して、仲間がアドバイスをくれたり、他の方法を一緒に考えてくれます。

私は、失敗を仲間に話すことで「きっと良い改善策が見つかる!」と前向きな気持ちになることができました。

また、私は、ここに来るまで、頼れる人がおらず、1人だと思っていたので、たくさんの人を敵対してきました。それで、自分の考えだけを頼りにしてきた結果が「失敗してばかりの自分」を作っていたのだと分かりました。

しかし、こうして、改善策を一緒に考えてくれる仲間がいて、心を開いたことで明るく前向きになれました。ありがとうございます。

 



最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 13:27 | Comment(0) | 気持ちと解決

2020年07月22日

変化が苦手3

3659135_s.jpg


前回の続きです

変化する事が良いことだと分かったとき、
失敗が、落ち込むものではなくなりました。
失敗にはりつく事もなくなりました。
新しい事が怖いものではなくなりました。

私は、「こうあるべき」が、強かったです。
「こうしなければ、こうでなければ」と、いつも はりついていました。
台所洗剤1つ、今までと違う香りを買うのが本当に怖かったです(笑)

「自由な発想で」「自由に考えて良い」「まずはやってみて」と、
会長からいつも言われていた言葉が、いつも頭をよぎります。
変化を考えるようになってから、皆さんと話しをしているうちに、
自由に考えられていない自分を知ることができ、理解できました。

毎日の暮らしを、自由な発想でメンバーと検討し、
積極的に改善し、共に暮らす皆さんの、毎日の生活をより良いものにしていきたいです。
いつもありがとうございます。心温かい生活を下さり、ありがとうございます。
皆さんに感謝します。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 美琴 at 13:58 | Comment(0) | 気持ちと解決

2020年07月21日

言葉の苦しみ

0-02-08-454ccb8b8ea0ace0247e7bead0f38f28432b05135e0a03d05f42409572b70764_1d597675.jpg


人は言葉で生きていると教わりました。

しかし、私は、言葉をうまく使えない、
理解しにくいことで苦しんでいることをメンバーと話をして気づきました。

「本当はこれを言いたかった。だけど、相手に誤解された。」とか
「話をした後に、相手に伝わったのかな」と心配になったり、
言葉が流暢に出てこなかったり、話を理解するのに時間がかかったり、
相手が言いたいことが分からなかったり、、、

「何で自分はこうなのかな?」と心の中でいつも思っている自分がいました。

それをメンバーに話すと「一緒に言葉の勉強をしよう!練習をしよう!」と言ってくださいました。
励まし、共に乗り越えようとしてくださる方がいて前向きな気持ちになれました。

また、「自分の弱さは、気づいた時に治るんだよ」と教えてくれる方もいました。
なので、自分を知って、気づけたことで良くなっていくんだと信じることができました。

支えられ生きていることに感謝します。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 14:36 | Comment(0) | 気持ちと解決

2020年07月19日

変化が苦手2

3659081_s.jpg


前回の続きです。

なぜ、変化が苦手だったのか、かんがえてみました。

まず、改善していくことよりも、安定した状態が脅かされることの方に、
意識が向いてしまうからではないかと思いました。

何か変化がある時、その変化した後の要点も概要も捉えることができず、
自分の中で整理ができていなかったと思います。
変化することを考えると、恐怖があり、思考停止してしまっていました。
変化した事について、考え抜くことができませんでした。
なので、予測をすることができず、
面倒になったり、放置したり、不安を感じたりしていました。

また、変化がある時、必ず、自分が悪かったのではないかと考えてしまう癖があり、
自分を責めていました。なぜ変化したのかについて考えるとき、
自分が何か悪いことをしたから変化したのだと考えていました。

昔の私は、変化がない事が、安心でした。生活リズム、行動パターン、食事、外見などは、
親の目に見えて分かる変化で、私にとって変化は、親の目につくポイントだったと思います。
気づかれたら、親に相手にされてしまう。相手にされると、結果、変なことになってしまい、
自分が悪かったと感じてしまう。自分が傷つく・苦しむ結果になっていました。

なにか変化がある時、変化に対応する時、
私は、恐怖、過去、不安、思考停止、などにとらわれて動けなくなっていました。
そこに他人の存在は、全くありませんでした。
皆がより良くなる、と思う事ができませんでした。

次回へ続きます。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 美琴 at 13:32 | Comment(0) | 気持ちと解決

2020年07月18日

笑顔の研修

052495.jpg


先日、笑顔の研修がありました。
それで、素敵な笑顔になるために、
・笑顔を作るとき、こめかみ部分を上にあげるよう意識する。
・笑顔になれる状態を心から作ること。
私は、この2つがポイントだと思いました。

私は自然な笑顔が作れず、やはり顔が緊張しているときがあります。
また、笑うとき、口角を意識して笑っていて、目が笑っていないよと教わりました。

そして、私は緊張しやすいので、対面で誰かに笑顔を見てもらって練習したほうがいいと教わりました。

研修後、メンバーに笑顔を見てもらうことにしました。
まず、こまかみ部分を意識して笑ってみました。
しかし、それを意識するだけではとてもぎこちなく、変な笑顔になりました。
すると、対面に座っていたメンバーが変顔をしてくれました。
メンバーはその時に出た笑顔がいい!と言ってくれました。
その瞬間、心が伴うことで素敵な笑顔はできるのだと実感しました。

心からの笑顔をいつでも作れるために、自分が笑顔になれる言葉探しをすることも教わりました。
それが「感謝」なのか「幸せだね」なのか「楽しいね」なのか、、、
いろいろ試していきたいと思います。





最後までお読みいただきありがとうございました。

 NPO法人女性福祉センターは、女性が中心となって活動している福祉センターです。被害者支援活動、疲弊した人の心を癒す安心の場所づくりを行っています。
 皆様のご支援・参加が、被害者の回復を助ける力になり、また、安心の社会づくりの力になります。取り組みやすい方法で参加いただけましたら幸いです。

【サポートの方法】

1)直接寄付
 女性福祉センターに直接寄付することで、ご支援いただけます。寄付ページ「ご理解いただける方に、支援のお願いがあります」→https://wc-w.or.jp/sien#support

2)間接寄付
 「ペルシーモ」の商品ご購入で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。島根県産、ヘルシーでおいしい乾燥キクラゲ&お守りガラスアクセサリーをお取り寄せいただけます。"安心の社会づくり"付きのお買い物。お家に居ながら社会貢献をしてみませんか。→https://persimo275.official.ec/

  被害の実体験をモチーフにした小説のご購読で、女性福祉センターの被害者支援活動等をご支援いただけます。→https://note.com/tohrufuku/m/m787c0512e5c0

3)安心の社会づくり指先サポーター
 女性福祉センター関連投稿記事(ペルシーモの投稿や、実体験小説等)を読む、フォローやシェア、いいねを押すことで活動を広げ、参加します。

posted by 梓希 at 17:55 | Comment(0) | 気持ちと解決