CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2019年08月23日

自分への声掛け

IMG_20190217_143223 (1).jpg


私は、人の輪を避け、自分の心に埋没し、鬱々とした子でした。
このままの自分では社会に出ることができない。
そう思って、高校生の時、アルバイトを始めました。

理事長のご縁で、働き始めた職場でした。

私は働きながら、理事長から教わった言葉を、いつも心の中で自分に声掛けしていました。

「気づいたらやる、気づいたらやる」
「一つ一つを丁寧に、小さなことを丁寧に」

すると、段々周りの人から、「良く働くね」と、認めてもらえるようになっていきました。
仕事も任せてもらえるようになっていきました。
自信をもって、人の輪の中で、楽しく働くことができていました。

しかし、そのアルバイトをやめると、すっかり自信のある自分が消えてしまって、自信を無くしてしまいました。
人の輪を避け、自分の心に埋没し、鬱々とした自分に戻ってしまいました。

今日、振り返って、どうしてそうなったのかを考えてみました。
アルバイトを辞めて、自分の心の内側で大きく変わったことは、
理事長から教わった言葉を、心の中で、自分に声掛けしなくなった事です。

自分への声掛けがなくなったというのが、自信ある自分が消えた要因の一つでもあるのかなと思います。
当時、繰り返し自分に声掛けしていた理事長から教わった言葉を、一言一句思い出してみようと思います。
そして、もう一度、自分に声掛けをしていきます。
どうなるのか、またブログに書いてみたいと思います。

posted by 美琴 at 23:23 | Comment(0) | 気持ちと解決
この記事へのコメント
コメントを書く