CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


2019年08月10日

朝のさわやかさ

Viber_画像_2019-08-10_08-44-58.jpg


私は、朝起きるのがとても苦手でした。
朝がとにかく辛くて、きつくて、苦しくて
原因は分からないけど、起きられないこともありました。
一人で暮らしていたときは、昼まで寝るときもありました。

しかし、シェアハウスで暮らすようになってからは、
朝起きて来なければ、みんなに心配をかけてしまうことが分かりました。
なので、毎朝無理やり体を起こし、朝食の手伝いをしていました。
だけど、朝、さわやかな気持ちでいることができず、
皆様に大変なご迷惑をかけていました。
起きているのは身体だけというような感覚でした。

そんな時理事長から、朝の過ごし方について教わりました。
「朝食の手伝いはここまでと自分で決めて、
他に自分が主体的にできることをやってみて」
と、教わりました。
勉強はどうかとアドバイスをもらいました。
翌朝から、さっそく始めてみました。

少し時間はかかりましたが、
今では朝はアラーム無しで毎日同じ時間に目が覚めるようになりました。
目が覚めたら一番に、「今日は何をしようかな、何ができるかな」と考えるようになりました。
夜に眠って、朝が来るのが楽しみになりました。
寝入るまで時間がかかっていた私は、
布団に入ったらすぐに眠ることができるようになりました。

朝起きるのが苦痛でたまらなかった私は、
今では自然に、さわやかな気持ちで、一日をスタートすることができています。

posted by 美琴 at 23:02 | Comment(0) | 生活と回復
この記事へのコメント
コメントを書く